ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:1,020円~社員登用有り。  width=
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
店舗受取サービス
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
4
10
17 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
ロック中古情報

book union
bookunion_sq_c.jpg






BIBLIOPHILIC
BIBLIOPHILIC.JPG







12月下旬入荷予定-----



★THE WHO待望の2019年新作が180グラム重量盤アナログ・リリース!

●WHO (180G LP) / THE WHO ザ・フー POLYDOR  4,180円(税込) 

2019年新作が180グラム重量盤アナログ・リリース!

R&BやMOTOWNをルーツにしたチャーミングかつポップな楽曲をタイトにワイルドに若々しく披露した世代の宣言『MY GENERATION』で65年に衝撃のデビューを飾り、一躍モッド・カルチャーの寵児に。ポップ・アートなセンスとサイケデリックでビートな空気感をよりトータルに発展させた69年の壮大なロック・オペラ『TOMMY』でロック史そのものを塗り替え、70年ワイト島での伝説をはじめとして長きに亘って最強のライヴ・バンドでありつつづけるレジェンド、いわずと知れた英国3大ロック・バンドの一角THE WHO。

06年『ENDLESS WIRE』以来実に13年ぶりとなった通算12枚目のスタジオ・アルバム。ヴォーカルROGER DALTREYとギターPETE TOWNSHENDのみとなったオリジナル・メンバーを軸に、RINGOの息子という肩書を超えた名ドラマーZAK STARKEY、JOHN ENTWISTLEの後継として02年から活躍するベーシストPINO PALLADINO、PETEの弟ギタリストSIMON TOWNSHEND、TOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSのキーボーディストBENMONT TENCH、JACK WHITEやPJ HARVEYとの仕事で知られるオルタナ女流ドラマーCARLA AZAR、LENNY WARONKERの息子でBECKやR.E.M.との仕事で文字知られるドラマーJOEY WARONKER、英国を代表するフォーク・ギタリストGORDON GILTRAPが参加し、PETE TOWNSHENDのソロ楽曲"GUANTANAMO"の再録となった先行シングル・トラック"BALL AND CHAIN"や「MOVING ON!」オーケストラル・ツアーでも披露した"HERO GROUND ZERO"をはじめ、ダークなバラッドにヘヴィなロック・リフ、エクスペリメンタルなエレクトロニカにサンプリングも光る全11曲を収録しています。

2019年の春夏にロンドンとLAでレコーディングされ、NOEL GALLAGHERやOASIS、LCD SOUNDSYSTEMにGORILLAZ等の仕事で知られるD. SARDYとPETE TOWNSHENDがプロデュース、MANIC STREET PREACHERSやROGER DALTREYソロ、WILKO JOHNSONとの仕事で知られるDAVE ERINGAがヴォーカル・プロダクションを手掛けています。

81年9TH『FACE DANCES』やBEATLESの『SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』のジャケット・デザインでも知られるイギリスの名ポップ・アーティストPETER BLAKEが手掛けたアートワークには、ユニオン・ジャックや赤いインペリアル・バス、モッド・マーク、67年『THE WHO SELL OUT』を想起させるトマト・ビーンズ、69年名曲"PINBALL WIZARD"そのままのピンボール・マシーン、ファンなら周知の名文句「THIS GUITAR HAS SECONDS TO LIVE.」で知られるステージ上のPETE TOWNSHENDをフィーチャーした79年の『THE KIDS ARE ALRIGHT』の発売広告ポスター、73年『QUADROPHENIA』を、というよりモッド・カルチャーを体現するスクーター、81年『QUADROPHENIA』のカセット・エディション・アルバム・カヴァー、バットマン・アンド・ロビンにチャック・ベリーにモハメド・アリ、そして今作の楽曲名でもありTHE WHOの前身バンド名DETOURSとも関連する「DETOUR」の文字などなど、長いバンドの歴史を燦然と彩ってきたシンボルの数々があしらわれています。

「2曲を除いてほとんど新曲でできたアルバムだ。テーマもないし、コンセプトもない、ストーリーもない。ただあるのは、俺(と弟のSIMON)がROGERに歌わせ、彼のインスピレーションや挑戦、その歌声への新たな展望を与えることになった一連の楽曲だけさ。」
「ROGERも俺ももう老いぼれさ、どうやっても。だからロマンスやノスタルジアとはできるだけ距離を取ろうとしたんだ。誰も不快にさせたくはない。思い出はそれでいいんだ、いくつかの曲では今現在の事情にも言及しようとしたよ。」 --- PETE TOWNSHEND

「73年の『QUADROPHENIA』以来の俺らのベスト・アルバムが出来たと思う。PETEはいまだに衰えていないし、彼は素晴らしいソングライターであり続けている。相変わらず最先端さ。」 --- ROGER DALTREY





★ジミヘン69-70年にかけてのBAND OF GYPSYS伝説のデビュー・コンサートが50周年記念で発掘8LPボックス・リリース!

●JIMI HENDRIX (JIMI HENDRIX EXPERIENCE) ジミ・ヘンドリックス (ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス) / SONGS FOR GROOVY CHILDREN: THE FILLMORE EAST CONCERTS (8LP)  SONY LEGACY  16,500円(税込)

69-70年にかけてのBAND OF GYPSYS伝説のデビュー・コンサートが50周年記念で発掘8LPボックス・リリース!

69年12月31日大晦日から70年1月1日元旦にかけて、NYはFILLMORE EASTで行われた計4セットがコンプリート音盤化。

このうち1月1日の演奏の一部は70年3月リリースのライヴ盤『BAND OF GYPSYS』に収録されているものの、1日2回/合計4公演に亘った歴史的ステージの全貌が遂に明らかとなります。オリジナルのパフォーマンス順に収録された全43トラックのうち20曲以上が未発表というファン感涙盤。

67年から69年までJIMI HENDRIX EXPERIENCEはロックとブルースを劇的にミックスさせる事により同時代の人々を存分に魅了していましたが、JIMIは次なる10年を目指し、これまで創り上げ築き上げたものに執着することなくさらなる実践を続けていきました。69年の大晦日と70年の元旦、JIMIは新しいバンド、古くからの友人であるベーシストBILLY COXとELECTRIC FLAGのドラマーBUDDY MILESという完全アフロ・アメリカンなトリオ編成でステージに登場し、この3人によるグループが正式にBAND OF GYPSYSと名付けられます。

フレッシュな新曲"EARTH BLUES"や"STEPPING STONE"はもちろん、"FOXEY LADY"に"VOODOO CHILD (SLIGHT RETURN)"、"WILD THING"、"HEY JOE"、"PURPLE HAZE"といったさらに過激に展開されるEXPERIENCEフェイヴァリットに、HOWARD TATEの"STOP"、JIMMY HUGHESの"STEAL AWAY"、ELMORE JAMESの"BLEEDING HEART"といったエキサイティングなカヴァーまで、

新しい組み合わせによって生み出されたサウンドはソウルフルでファンキー、歌詞は内なる平和を求め、普遍的な愛と相互理解へのはっきりとした願いをテーマにしていました。グループは1か月にも満たない1月28日のステージを最後に解散と、あまりにも短命に終わってしまいましたが、キャリアの重要な転換点となった本ステージとそれに向けたリハーサルは明らかにJIMIのクリエイティヴィティを触発。

3人が先駆けたファンク、ロック、ソウルの融合は大きな影響を与え、PARLIAMENT-FUNKADELICにCURTIS MAYFIELD、ISLEY BROTHERSやBOOTSY COLLINSといったファンクのパイオニアはもちろんのこと、来るヒップホップにまでその衝撃を広げていきました。同年70年の9月18日に悲劇的な死を迎えてしまうことになるJIMIが、希望に溢れた未来を見据えての大胆なステップをここに残したことは、ロック史を超えて20世紀音楽史に深く深く刻まれています。

95年からともにEXPERIENCE HENDRIXプロジェクトに携わるJANIE HENDRIX、 EDDIE KRAMER、JOHN MCDERMOTTによるプロデュース。EDDIE KRAMERによるオリジナル・マスター・テープからのリミックス、名匠BERNIE GRUNDMANによるマスタリング。

FILLMORE EASTのハウス・フォトグラファーAMALIE ROTHSCHILDや『BAND OF GYPSYS』のオリジナル・アートワークを提供したJAN BLOM、バックステージのドレス・ルームにまで潜入していたMARSHALLアンプの代表MARC FRANKLINらによる未発表フォト、ベーシストBILLY COXの回顧文や作家/ジャーナリスト/フィルムメイカーNELSON GEORGEによるライナーノーツ掲載ブックレット付属。






★デッドのモービル!!
74年7THがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤45回転2LP

●GRATEFUL DEAD グレイトフル・デッド / FROM THE MARS HOTEL (180G 2LP)
MOBILE FIDELITY SOUND LAB 6,930円(税込)


74年7THがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤45回転2LPで登場!!

自らが設立した新たなインディペンデント・レーベルGRATEFUL DEAD RECORDSの第2弾作品にしてスタジオ7枚目。前作から1年足らずというハイペースで制作された本作は、制作費35万ドル/600個のスピーカー/総重量50トンにも及ぶ巨大PAシステム「THE WALL OF SOUND」がライヴ・コンサートでスタートする一方でそのシステム維持にバンドも苦しみ、またステージでのマジックをスタジオで再現することに悩んだ時代の作品でもありました。

バンドは67年のシングル"THE GOLDEN ROAD (TO UNLIMITED DEVOTION)"を録音したサンフランシスコはフォルサム・ストリートのCOAST RECORDERSスタジオへと舞い戻り、前作のRECORD PLANTよりもライヴ・サウンドに近い環境を獲得。フリーなブルース・ジャム・フィーリングとともにより明るくよりルーツ寄りのアップテンポで簡潔なサウンドに仕上げられています。

ロッキンでブギーなオープナー"U.S. BLUES"をはじめ、これまでのステージで何度も演奏されてきたGARCIA-HUNTER楽曲を中心に、数か月前にステージに下ろされたファンク・チューン"SCARLET BEGONIAS"といった新曲や、前作『WAKE OF THE FLOOD』セッションで録音されながらもお蔵入りとなっていたミステリアスで美しい名バラッド"CHINA DOLL"、同時期のデモから救い出され、ベーシストPHIL LESHのペンで自らヴォーカルを取った「バンドの最も挑戦的で美しいコード進行の一つ??」と評される"UNBROKEN CHAIN"、CLOVERのJOHN MCFEEをゲストに迎えたこちらもPHIL LESHの"PRIDE OF CUCAMONGA"、リズム・ギタリストBOB WEIRによる"MONEY MONEY"等をヴァラエティ豊かに展開。ほか70年代半ばまでライヴにも参加していたエレクトロニック・コンポーザーNED LAGINが"UNBROKEN CHAIN"にひっそりと印象的なシンセサイザーで参加しています。

アートワークは『AMERICAN BEAUTY』『GRATEFUL DEAD』『EUROPE '72』等を手掛けたKELLEY/MOUSE。

長らく廃盤が続き市場では数百ドルで取引されている84年版のMOFI盤よりも大幅な改善を見たというニュー・ヴァージョン。カッティング・システム、プレス加工、およびマスタリング・ギアの強化によってさらに優れた忠実性を実現しています。


★デッドのモービル!!
75年8THがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤45回転2LP

●GRATEFUL DEAD グレイトフル・デッド / BLUES FOR ALLAH (180G 2LP)
MOBILE FIDELITY SOUND LAB 6,930円(税込)

75年8THがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤45回転2LPで登場!!

スタジオ8作目にして自身のGRATEFUL DEAD RECORDSからの第3弾作品。74年10月から始まった暫しの活動休止期間の後、75年1月からバンドはゆるやかにプロジェクトを始動。録音にはリズム・ギタリストBOB WEIRがカリフォルニア州ミルバレーの新居に建てた私家スタジオACE STUDIOSが使用され、71年2月にバンドを脱退したものの前作時期のステージから再び参加し始めていたパーカッショニストMICKEY HARTが遂に復帰。

ステージ上で成熟した楽曲をスタジオに持ち込むというこれまで当然としていたアプローチから一転、素材を一から作成した各トラックをスタジオ内で発展させていくスタイルを模索し多くの実験を展開。絶え間ないツアーと財政的圧力の為にほつれ始めたバンド本来の自然主義、スピリチュアリズム、エネルギーの復活を示した転換作となりました。

『E.S.P.』期のMILES DAVISとも近似すると評される多面的なメドレーを展開するオープニング"HELP ON THE WAY / SLIPKNOT!"、LOU REEDの73年ヒット・チューン"WALK ON THE WILD SIDE"のコーラスにインスパイアされたリフが使われた"FRANKLIN'S TOWER"、WEIRがウォームアップにしていたフィンガー・エクササイズから着想を得たギター・ソロとBACHにインスパイアされたという実験的なフルートが聞こえる"SAGE & SPIRIT"、バンドのファンとして知られたサウジアラビアのファイサル王の本作レコーディング開始直後に起きた暗殺に影響を受け、奇妙でほぼ無調なメロディで進むタイトル・トラック"BLUES FOR ALLAH"、ロマン派詩人シェリーのエジプトを舞台にした詩「オジマンディアス」を素材に、HERBIE HANCOCKにインスピレーションを得たKEITH GODCHAUXのフェンダー・ローズも薫りJERRYのソロが自由に駆け抜ける名インストルメンタル"KING SOLOMON'S MARBLES"、DONNA GODCHAUXがソウルフルにヴォーカル参加したのちのバンドを代表するステージ・フェイヴァリット"THE MUSIC NEVER STOPPED"に、BILL KREUTZMANNがレゲエ・ライクなブードゥー・リズムを刻みROBERT HUNTERが俳句を取り入れた名品"CRAZY FINGERS”などなど、先入観のないセッションによってバンドのコラボレーションのルーツに立ち戻ったかのような名ジャム・セッションを展開。さまざまな拍子、中東のモチーフといった実験的要素はもちろん、エレガントなスケールで満たされたバンド本来の即興性がよく現れた傑作に仕上がっています。

QUICKSILVER MESSENGER SERVICEの元機材マネージャーでKEITH & DONNA BANDにも参加していたフルート奏者のSTEVE SCHUSTERや、DAVID CROSBY、JOHN CIPOLLINAらがアットホームにゲスト参加。



★アイアンバタフライのモービル!!
8年2NDがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤LPで登場!!


●IRON BUTTERFLY アイアン・バタフライ / IN-A-GADDA-DA-VIDA (180G LP)
MOBILE FIDELITY SOUND LAB 4,950円(税込)

68年2NDがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤LPで登場!!

オルガン/ヴォーカルDOUG INGLEとドラマーRON BUSHYを中心に66年カリフォルニア州サンディエゴで結成、サイケ・ブーム一色の西海岸に狂気と破滅に満ちた独特のヘヴィ・ロック・サウンドとともに登場した言わずと知れた異色のサイケデリック・ハード・アート・ロック・バンドIRON BUTTERFLY。

同年1月の1ST『HEAVY』後メンバー3人が脱退し混乱するも、新たな4人編成で臨んだ早くも6月リリースの2作目。結果として60年代ATLANTIC傘下で唯一100万枚を売ったメガ・ヒット・アルバムとなりました。ダークでドゥームに鳴るDOUG INGLEのハモンド・リフに、17歳の新ギタリストERIK BRANNによるループするファズ・ギター、サイケデリックかつファンキーなグルーヴを叩きだす新ベーシストLEE DORMANとRON BUSHYのリズム・セクション。「IN THE GARDEN OF EDEN (エデンの園)」を音楽で表現し、アルバムB面全体を覆った大曲"IN-A-GADDA-DA-VIDA"は、聴くもの全てを無我の境地へと導くロックを超えた圧倒的な17分間を提示します。サイケデリアそのものやロックにおけるドローン、ヘヴィなアレンジメントへの可能性を押し広げ、「バンドがスタジオで音楽にどのようにアプローチし、リスナーが自宅で音楽をどのように体験したかが変わった」と評される時代のアンセムとなりました。また中盤の長い長いドラム・ブレイクはINCREDIBLE BONGO BANDによるカヴァーを生み、またのちのヒップホップ勢にも重宝されるなど現在でもサンプリング・ネタの定番となっています。

見落とされがちなA面もファンキーでロッキンなオープナー"MOST ANYTHING YOU WANT"やグルーヴィに転がる"ARE YOU HAPPY"などなどハミング可能なフックに勢いに乗るファズ・ギター・リフ、ミスティカルなオーラ漂うガレージ・ロックにストーナー・ポップが詰まっており、アルバム全体として時代のアシッド・ロックを体感できる大傑作に仕上がっています。


※MOBILE FIDELITY商品はレーベルの特性上、正確な入荷予定時期は完全未定となります。なかには半年以上に渡る延期・遅延の可能性もございます。その際には、同時購入商品との分割発送やキャンセルのご案内をさせていましただく場合もございますので、何卒ご了承ください。




[13754]  [13720]  [13705]  [13767]  [13761]  [13760]  [13753]  [13697]  [13758]  [13759]  [13755
高価買取リスト
↑11/2(土)リスト7ページ追加しました!!                                          
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC