ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:1,020円~社員登用有り。  width=
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






BIBLIOPHILIC
BIBLIOPHILIC.JPG






ロック中古情報

アーカイブ
店舗受取サービス
◆ROCK

★Tシャツ付再入荷!

●ABBEY ROAD (50TH ANNIVERSARY EDITION / TARGET EXCLUSIVE 1LP+T-SHIRT BUNDLE) / BEATLES ビートルズ
輸入MUSIC+APPAREL(アパレル) 8,580円(税込) (UNIVERSAL / B0030975-01)


≪輸入TARGET EXCLUSIVE LP+T-SHIRT≫
Lサイズの限定Tシャツとのバンドル・セット。
2017年の『SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』、2018年の『THE BEATLES (WHITE ALUBM)』に続き、1969年9月26日発表の『ABBEY ROAD』50周年記念エディションが登場!

GEORGE HARRISONによる名曲"SOMETHING"やRINGO STARRの代表作"OCTOPUS'S GARDEN"、そしてアルバム後半を飾る見事なメドレーなど、THE BEATLES解散前最後のレコーディングでありながら、バンドとしての一体感に溢れる名曲をトータル性豊かに収めた本作は、全英で17週連続、全米では11週連続1位となるなど世界的な大ヒットを記録。その後も現在に至るまでセールスを拡大し続け、後のアーティスト達にも大きな影響を与え続ける 彼らの名だたるアルバム群の中でも特に最高傑作とされる歴史的アルバムです。

DISC 1には、プロデューサーのGILES MARTINとミキシング・エンジニアのSAM OKELLが8トラックのセッション・テープから作り直した、アルバム本編の2019年ステレオ・ミックスを収録。彼らによるオリジナルの本質を外すことなく現代的な視点を取り入れたフレッシュなミックスは、ファンや評論家からも高い評価を得ています。

「THE BEATLESのレコーディングの旅路には多くの紆余曲折があり、僕らは勉強を重ねながら、スリリングな体験をしてきた。そして今でも、それらの魔法にまだ心を奪われている」
--- PAUL MCCARTNEY ~『ABBEY ROAD』50周年記念エディションの序文より~

LP ONE: (2019 STEREO MIX)





★7インチ付入荷!通常盤も再入荷!

●DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH (LP+7") / STEVE HIETT スティーヴ・ハイエット
輸入LP 7,040円(税込) (BE WITH RECORDS / BEWITH061LP+BEWITH005SEVEN)

●DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH (LP) / STEVE HIETT スティーヴ・ハイエット 
輸入LP 5,280円(税込) (BE WITH RECORDS / BEWITH061LP)

AOR/ライト・メロウ名盤として知られる83年唯一作がボーナス7"付属でLPリイシュー!

英国出身、学生時代にはアート・スクールで学び、卒業後の60年代半ばからはIAIN MATTHEWSとのTHE PYRAMIDをはじめプロのギタリストとしてバンド活動。その後、アート・ディレクター、デザイナーを経て、写真家へ転向し、「VOGUE」や「MARIE CLAIRE」等の一流誌でファッション・フォトグラファーとして活躍したSTEVE HIETT。70年ワイト島フェスティヴァルでのJIMI HENDRIXのファイナル・パフォーマンスをはじめ、BEACH BOYSやDOORS、MILES DAVISらの撮影も手掛けています。

邦題『渚にて』。本作は83年にCBSソニーで制作された日本盤オンリーの唯一のソロ・アルバムで、現ワタリウム美術館の前身現代美術画廊ギャルリー・ワタリの依頼で個展の開催が提案されたことをきっかけに始動したプロジェクトでした。

元々はカタログに付随させるシングルのために行われたというHIETT単独でのパリのラジオ局でのセッションと、ELLIOTT RANDALLが参加したニューヨークでのセッションを経て、本の出来を確かめるために来日したHIETTに対してレコード会社は突如アルバム分の製作を依頼。急遽ホテルの部屋で楽曲を仕上げ、翌日にはスタジオ入り。本来HIETT自身が予定していなかった東京でのセッションには、再びHIETTが呼び寄せたELLIOTT RANDALLとともに、ムーンライダーズの岡田徹 (KEY)、白井良明 (G)、鈴木博文 (G)、武川雅寛 (VIOLIN)、そして加藤和彦 (G)といったミュージシャンが参加することとなりました。

全編にわたって気だるくブルージーなエレクトリック・ギターをフィーチャーし、当時流行していた環境音楽としても話題を呼んだ一枚。DURUTTI COLUMNからSTEVE CROPPER、ASHRAまでに例えられる 空間に漂うアンビエント・ライクなアレンジメントの中で、無重力ブルースと評される"ROLL OVER BEETHOVEN"や、SANTO & JOHNNYカヴァー"SLEEP WALK"、EDDIE FLOYDの67年ソウル・ヒット"NEVER FOUND A GIRL"等も披露しています。

ボーナスとして"BY THE POOL (DEMO) / BABY BABY"の7"シングルが付属。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。『DOWN ON THE ROAD BY THE BEACH』エキシビジョン・カタログのリプロダクション付属。ゲートフォールド・スリーヴ装。






●NEU! - 180G LIMITED VINYL/REMASTER / NEU! ノイ!
輸入LP 2,860円(税込) (GRÖNLAND / 40733)


これを聴いて「新しい」衝撃を受けなかった人はいないでしょう。'72年デビュー作。余計なものを削ぎ落とされたら無機質になるはずなのに、それ過ぎず我々の神経に入り込み、脳と心をくすぶって揺さぶる、クラウト・ロックの大名盤。単なる実験音楽では無い。

1972年12月リリース 1STアルバム
180G重量盤/リマスター盤/ゲートフォールドスリーヴ







●OUT OF THE BLUE - 180G LIMITED VINYL / MIKE & THE MECHANICS マイク&ザ・メカニックス
輸入LP 3,080円(税込) (BMG/ADA / 538472451)


ジェネシスのオリジナル・メンバー、マイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックス。
現在のメンバーによる"最新ヴァージョン”のヒット曲/代表曲に新曲3曲を加えたニュー・アルバム『OUT OF THE BLUE』完成!

■ ジェネシスのオリジナル・メンバー、マイク・ラザフォード率いるマイク&ザ・メカニックス。”サイド・プロジェクト”、“趣味のバンド”と表現されながらも、今年で結成32年を迎える、超ロングラン・プロジェクトである。1985年に活動をスタートさせた彼らは、これまで8枚のスタジオ・アルバムを発表し、「Silent Running」、「The Living Years」、「Over My Shoulder」などのヒット・シングルを世に送り出すなどして、全世界で10,000万枚以上のセールスを記録している。
■ 二人のリード・ヴォーカリストをフィーチャーした編成も大きな特徴だった彼ら。しかし2000年にそのリード・ヴォーカリストの一人、ポール・ヤングが亡くなり、2004年に”MIKE + THE MECHANICS + PAUL CARRAK”名義でアルバム『REWIRED』を発表した後、一旦活動を休止する。そして2010年、新たなツイン・リード・ヴォーカリスト、アンドリュー・ローチフォードとティム・ハワーをはじめとするメンバーを一新した形で活動を再開、2011年に『THE ROAD』そして、2017年に『LET ME FLY』をリリースした。
■ その彼らが、約2年振りとなるスタジオ・アルバムをリリース!本作『OUT OF THE BLUE』は、3曲の完全新曲と、マイク&ザ・メカニックスがこれまで発表したヒット曲、代表曲を現メンバーで新たにレコーディングしたものからなる作品である。今回昔の曲を新たにレコーディングすることについて、マイク・ラザフォードは次のように語っている:
「(現編成の)メカニックスとこの10年一緒にツアーしてきて、私は昔の楽曲がアンドリューとティムのヴォーカルとメンバーの演奏によって毎年少しずつ変化していることに気付いた。その中には、元々のヴァージョンから発展して長くなったものもある――だから、これらの新しいヴァージョンをスタジオでレコーディングするのは良いアイディアだと思った。特にライヴを観たことがある人なら、現在の編成による昔の曲を聴いてみたいと思うよ、特に二人のヴォーカリストによる素晴らしい絡みをね。その中でも、新たにダブル・リード・ヴォーカルで録音された「Get Up」は聴きものになるだろう。さらに新たに作り、録音した新曲3曲も収録されているが、それらはマイク&ザ・メカニクスの新章を示すものになると思うよ」
■ 自身最大のヒットとなる「The Living Years」のリリースから25周年を迎える今年、大規模なツアーを行う予定となっている彼ら。現在のラインアップによるアップデートされたマイク&ザ・メカニックスの姿が本作『OUT OF THE BLUE』にある!
■ゲートフォールド仕様ジャケット/カラー内袋付。
【限定アナログ盤/180g重量盤】




★注目の新人デビュー!カラー盤と黒盤で入荷!

●IMMUNITY (LP/COLORED VINYL/INDIE EXCLUSIVE) / CLAIRO
輸入LP 3,740円(税込) (CAROLINE INTERNATIONAL / 991-8521)


●IMMUNITY (LP) / CLAIRO
輸入LP 3,300円(税込) (FADER LABEL / 991-8431)

2019年3月には初来日公演も行い注目を集めたUSボストンから現れた若き天才宅録女子、Clairoが待望のデビュー・アルバム『Immunity』をリリース!ex.Vampire WeekendのRostamとの共同プロデュース!

日本の一部のショップでも流通した限定12インチが早耳のリスナーの間でも話題となり、2019年の3月には来日公演も行った若き天才宅録女子Clairo。
リリース前から既にBillie Eilishに続く「次世代のポップ・アイコン」とも称されている。記念すべきデビュー・アルバムはRostam(ex.Vampire Weekend)との共同プロデュース。1stシングル「Bags」は既にSpotifyでも300万ストリームを超え、YouTubeでも360万視聴を記録している。
5月末より夏にかけて全米ツアーを決行中!









●DAILY BATTLES (FROM MOTHERLESS BROOKLYN: ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK) (7") / THOM YORKE & FLEA
輸入7" 2,310円(税込) (WATERTOWER MUSIC / WTM40311)

Thom Yorke (Radiohead, Atoms For Peace) とFlea(Red Hot Chili Peppers, Atoms For Peace)が映画「Motherless Brooklyn」に提供したコラボ楽曲が7インチでリリース!カップリングにはトランペット奏者のWynton MarsalisによるジャズVersionを収録。

Atoms For Peaceではバンドメイトでもあるトム・ヨークとフリーが俳優のエドワード・ノートンが監督・脚本・主演を務める映画『Motherless Brooklyn』に提供した楽曲。Fleaはベースはもちろんのことですがトランペット演奏も(!)。






●SUICIDE (LP) / SUICIDE スーサイド
輸入LP 2,970円(税込) (BMG/ADA / 5053825361)


プロト・パンクの代表的存在として知られるニューヨークのバンド、SUICIDE。アンダーグラウンドな存在にも関わらず、インディー・ロックやインダストリアル・ミュージック、テクノ、ノイズ、ゴス、シンセ・ポップ、エレクトロなど80年代以降のミュージック・シーンに大きな影響を与えた彼らのデビュー作にして衝撃作『SUICIDE』が最新リマスターで蘇る!

■限定レッド・ヴァイナル

プロト・パンクの代表的存在として知られるニューヨークのバンド、スーサイド。1970年代初めに、アラン・ヴェガとマーティン・レヴによって結成された彼らは、シンセや初期のドラム・マシーンを使用したミニマルなシンセ/エレクトリック・サウンドで当時の音楽シーンに衝撃を与えた。その彼らの代表作にしてデビュー・アルバムが、最新リマスター音源で蘇る!

ラモーンズやパティ・スミス、テレヴィジョンなどが登場し、パンク・シーンが盛り上がりつつあったニューヨークでCBGBやMax's Kansas Cityといった会場でライヴを行い、その挑戦的なライヴ・パフォーマンスで評判を集めていたスーサイド。1977年にリリースされたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、ビートが突っ走るミニマルなシンセ・サウンドに、時にスポークン・ワードやシャウトが混じるクールなヴォーカルが乗っかっていくアヴァンギャルドなアンダーグラウンド・スタイルで、リリースされた当時、賛否両論を集めたという。

彼らは決してメインストリームに受け入れられるようなサウンドでもスタイルでもなかったが、シーンに与えたインパクトは計り知れない。ミニマルなシンセ・サウンドとビートは、80年代以降に出てきた多くのシンセ・ポップ・バンドに影響を与え、彼らのアグレッシヴなパフォーマンスはパンクに受け継がれていった。それだだけではなく、彼らが撒いた種は、インディー・ロックやインダストリアル・ミュージック、テクノ、ノイズ、ゴス、シンセ・ポップ、エレクトロなど、実に幅広いジャンルで芽吹いていったのだった。実際、ニック・ケイヴや、M.I.A.、ジェイソン・ピアース(スペシメン3、スピリチュアライズド)、ボビー・ギレスピー、サヴェイジズなどが彼らのファンであるとか、彼らから影響を受けていると公言しているという。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』の1枚にも選ばれた、スーサイドのデビュー・アルバムがリリースから40年以上を経て最新リマスターで蘇る。今回リリースされるリイシュー盤の音源は、Skye マスタリングのDenis Blackhamによってリマスターされたもの。またブックレットには、音楽/カルチャー・ウェブサイト、The Quietusのジョン・ドランによる、スーサイドがシーンに与えた影響を“時代”、“重要人物”、“ソングライティング”、"プロダクション”、"インパクト”そして“レガシー”といった項目から綴ったライナー・ノーツが、当時の貴重な写真が交えながら掲載されている。

 ”永遠に未来からの音を奏で続けるバンド”――かつてそう評されたこともあるSUICIDE。彼らが遺した遺伝子は、今もどこかのバンドに受け継がれているのだ。






●BEGINNINGS (LP/RED VINYL) / GIRL IN RED
輸入LP 2,860円(税込) (AWAL / GIR001LP)


ノルウェーを拠点に活動する19歳のMarie Ulvenによるユニット、GIRL IN REDがデビュー・アルバム『BEGINNINGS 』をリリース!

■限定レッド・ヴァイナル





★リアム新作カラー盤入荷!

●WHY ME? WHY NOT. (LP/GREEN VINYL/INDIE EXCLUSIVE) / / LIAM GALLAGHER リアム・ギャラガー
輸入LP 3,520円(税込) (WARNER / 190295408398)


前作『As You Were』がUKチャートNo.1を記録した稀代のロックンロール・スター、Liam Gallagherが2ndアルバム『Why Me? Why Not.』をリリース!前作に引き続きプロデュースを手掛けるGreg KurstinとAndrew Wyattと全ての曲を共作、ここに『As You Were』を越える傑作が完成した!

■限定グリーン・ヴァイナル(Indie Retail Exclusive)

アルバムからのファースト・シングルとなるのは「Shockwave」。既に「Shockwave」が全英シングル・チャートのTOP10入りを果たしているこの曲は、リアムらしいストレートなロックンロール・ナンバー。前作収録の「Wall Of Glass」と同じFrancois Rousselet監督によるミュージック・ビデオもまた、“リアムらしい!”と評判を呼んでいる。リアムとともにこの曲を制作したのは、前作『As You Were』でもプロデュースを手掛けた2人のキー・パーソン、アンドリュー・ワイアット(Andrew Wyatt)とグレッグ・カースティン(Greg Kurstin)。レコーディングは、レコーディングはLAとロンドンのRAK Studiosにて行われたという。
グレッグ・カースティンはBeck、Adele、Kendrick Lamarなどジャンルを問わずに手腕を発揮し、引く手数多の異彩プロデューサーで、最近ではPaul McCartneyが36年ぶりに全米1位を獲得することになった最新作『Egypt Station』を手掛けたことで更に広く知られることとなった。
ちなみにリアムは「Shockwave」について以下のように語っている。「生きること、曲を書くこと。とにかくウズウズしてる。こうして新しいミュージックと共に戻ってこれたのは最高だ。ステージに立って、ギグをやって、お前等になにかを届けるってことが俺にとってやるべきことだからな。俺抜きだと退屈だろ。」

今作『Why Me? Why Not.』でもその二人が大きな役割を果たしていると語るのは、リアム本人だ。「前作には自分一人で作った曲も入っていたが、今回は全部共作だ」そう彼は説明する。「そのワケは、『As You Were』よりもさらに良くなりたいからだ。俺は自分の実力も限界も分かっている。ソングライターとしてはまあまあだけど、シンガーとフロントマンとしてはグレイトだと思う。2作目はステップアップした作品にしたかった、なぜなら、同じことをやりながら、上手くなるのってすごく難しいからな。それを俺は今回やってみたのさ。『As You Were』より良いアルバムだ。そこに意味があるんだ、(『As You Were』は)傑作だったからな、そうだろ?」

リアムが語る通り、『Why Me? Why Not.』は、確かに『As You Were』のアップグレード版と呼べるだろう。しかし、過激な進化や飛躍はどこにも見当たらない。そこは長年のリアム・ファンが安心できるポイントだろう。「俺が出来る最高にラディカル(急進的)なことは――もっとも、俺がちゃんと"ラディカル”って言えたらだが――俺にとって最高にラディカルなことは、毎回上手くなることだね。他のバンドやシンガーがみんなやりたがっていることさ!南米のオペラ・ディスコ・ソングを歌うよりも難しいよ、それだけは確かだね」



◆SOUL/WORLD/REGGAE

●DYNASTY(LP) / EDWARDS GENERATION
輸入LP 3,300円(税込) (CORDIAL RECORDINGS / CORDLP005)


サンフランシスコで活動したファミリーバンド、THE EDWARDS GENERATIONの未発表激レア音源集!!

アメリカのサンフランシスコで活動していたファミリーバンド、THE EDWARDS GENERETION。彼らが1976年に唯一残したアルバム『THE STREET THANG』は、後年評価されたことで高値で取引されていることはソウルディガーなら周知の事実でしょう。

今回彼らが70年代後期から80年代初期にかけてセルフ・レコーディングしていた曲をまとめたアルバム『DYNASTY』が、CORDIAL RECORDINGSからCD/LPで発売決定!
セルフ・レコーディングとはいえ、各楽曲のクオリティーは高く、シティポップ風なファンクからグッド・メロディなバラードまで、バラエティ豊かな作品群!

今回アルバムに収録されている曲は、今までリリースされてこなかったものなので、それだけでもソウルファンなら見逃せないアルバムです!





●ANA MAZZOTTI (1977) / ANA MAZZOTTI アナ・マゾッチ
輸入LP 2,640円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FARO213LP)


■ 180g Vinyl

数あるアジムス・ワークスの最高峰でありレアグルーヴ、ブラジリアン・サイケの名盤としても人気の高いアナ・マゾッチの名盤『Ana Mazzotti (1977)』が CD/LP にて世界初復刻!

ブラジル南部のリオ・グランヂ・ド・スル生まれのシンガー・ソングライターでピアニスト、エルメート・パスコアルとともに活動するなど類稀なる才能を発揮するも、1989 年に若くして癌でこの世を去ることになってしまった夭逝の天才、アナ・マゾッチ。そのキャリアのなかで残した数少ない作品のひとつにして、ブラジリアン・レアグルーヴの最高峰として知られる『Ninguem Vai Me Segurar (1974)』に続き発表されたのが『Ana Mazzotti (1977)』である。

新曲は "Êta, Samba Bom" のみで、残りは1974年作のマスターテープを一部オーバーダブするという極めて特殊な方法でレコーディングされた本作。前作に続きアジムスからジョゼ・ホベルト・ベルトラミ(キーボード)、アレックス・マリェイロス(ベース/ギター)が参加したのに加え、エドゥアルド・アサドによるゴージャスなホーン・セクションを補完。そして何よりもヴォーカルをより徹底的に再録音したのだという。"Agora Ou Nunca Mais" や "Eu Sou Mais Eu" はさらにパワフルかつグルーヴィーに、また "Cordão" や "Bairro Negro" といった曲では同時期のエリス・レジーナやイヴァン・リンスらを彷彿とさせる鬼気迫る歌声に圧倒される。

オリジナルはアジムス関連作ということもあり中古市場でも非常に人気が高く、入手は容易でないため、今回の世界初リイシューは嬉しい限り。『Ninguem Vai Me Segurar (1974)』とあわせて、70年代 MPB の名作として聴いていただきたい作品である。







●NINGUEM VAI ME SEGURAR / ANA MAZZOTTI アナ・マゾッチ
輸入LP 2,640円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FARO212LP)


■ 180g Vinyl

数あるアジムス・ワークスの最高峰でありレアグルーヴ、ブラジリアン・サイケの名盤としても人気の高いアナ・マゾッチの名盤『Ninguem Vai Me Segurar (1974)』が嬉しい CD/LP 復刻!

ブラジル南部のリオ・グランヂ・ド・スル生まれのシンガー・ソングライターでピアニスト、エルメート・パスコアルとともに活動するなど類稀なる才能を発揮するも、1989 年に若くして癌でこの世を去ることになってしまった夭逝の天才、アナ・マゾッチ。そのキャリアのなかで残した数少ない作品のひとつにして、ブラジリアン・レアグルーヴの最高峰として知られるのが本作『Ninguem Vai Me Segurar (1974)』である。

公私ともにパートナーであったホミド・サントスがプロデュースとドラムを担当した以外は、アレンジ/キーボードがジョゼ・ホベルト・ベルトラミ、ベースにアレックス・マリェイロス、パーカッションにアリオヴァルド・コンテスチーニと、ママォン以外は当時のアジムスの面々をそのまま起用。アジムスの伝説的な 1ST アルバムとほぼ同時期にレコーディングされたこともあり、本作は長らくアジムス諸作品と並ぶブラジリアン・レアグルーヴの名作として多くの音楽ファンに愛されてきた。

7拍子からスタートするキラーなエレピ・サンバジャズ "Agora Ou Nunca Mais" 、スペーシーなミッド・ジャズファンク "Roda Mundo"、ベースとドラム、クラビネットの強烈なアンサンブルからスタートする "Eu Sou Mais Eu"...。ドラム、パーカッション、ベース、エレピという極めてシンプルな編成でありながら、サンバという共通言語を背景にそれぞれの個性豊かなニュアンスが生み出す稀有なグルーヴは、まさにワン・アンド・オンリー。ブラジリアン・フュージョン、スペーシー・ジャズ・ファンクの最高峰にして、サンプリング・ソースの宝庫、グルーヴ・ミュージアムであるアジムスの魅力を凝縮したものと言えるだろう。そして極めつけとなるのが、ロバータ・フラックの歌唱でも有名な "Feel Like Making Love" のカバーである。ベルトラミらしいシンセサイザーとマゾッチの類稀なる歌声が得も言われるメロウネスを醸し出す、このレアグルーヴ・アンセムの収録が、本作を名作たらしめていると言えるだろう。







●STAR TREK / VULCANS
輸入LP 2,970円(税込) (REAL GONE MUSIC / 9184)









●BE WHAT YOU WANT TO BE / ERNEST RANGLIN アーネスト・ラングリン 
輸入12" 1,980円(税込) (EMOTIONAL RESCUE / ERC083)


1STプレス即完売につき再プレス!

レアグルーヴの頂点に君臨し続けるBILLY WOODENによるWOODEN GLASSの「IN THE RAIN」(ドラマティクスのカバー)の究極のレゲエ・ヴァージョンを含むアーネスト・ラングリンの83年のトップ・ウォンツ盤が感動の初復刻!!!

ジャマイカが誇る世界的なギターリスト、アーネスト・ラングリンが残した究極のレアグルーヴ・レゲエの最高峰!「Be What You Want To Be」が奇跡の初復刻!
83年にKONDUKOレーベルからリリースされ、同年VISTAから「From Kingston JA To Miami USA」のタイトルでもヨーロッパでもリリースされた今では世界的な人気盤がついにストレート・リイシュー!

プレ・スカの時代からジャマイカにジャズをもたらし、スカタライツのギターリストとしてバンドを牽引してきたアーネスト・ラングリン。ロックステディー時代にも名門STUDIO ONEをはじめ数々の名演を残してきたジャマイカが誇る国宝、アーネスト・ラングリンが当時のアメリカでのソウル/ディスコからの影響を色濃く受けた一枚として、レゲエ・ファンはもちろん、コアなレアグルーヴ、DJからも絶大な人気を誇る世界的なトップ・ウォンツ盤がついに待望のストレート・リイシュー!

ディスコ・マナーなジャマイカン・ディスコ・チューン「Be What You Want To Be」、重心低めなメロウ・ジャズ・ファンク「Soft Touch」。そしてなんといっても白眉はレアグルーヴの頂点に君臨し続けるWOODEN GLASSでお馴染みの「IN THE RAIN」(ドラマティクスのカバー)のレゲエ・ヴァージョンがあまりにも感動的で素晴らしい!まるでフィッシュマンズを彷彿とさせる黄昏のメロウ・レゲエ!
原曲のドラマティックな曲調はそのままにラングリンのギターと美しい女性コーラスにフルート、そして強烈なレゲエのリズムとベース。。。WOODEN GLASSのヴァージョンも涙が出るくらい素晴らしいですが、ラングリンのヴァージョンもWOODEN GLASS級と断言します!

日本でもトップDJをはじめここぞという時にDJバックに忍ばされてきた禁断のレゲエ・レコードがついに解禁!レゲエ・ファンからレアグルーヴ、そしてすべてのDJに捧げる2019年最高の感動のリイシュー決定!!!




[13732]  [13730]  [13728]  [13727]  [13726]  [13725]  [13722]  [13724]  [13715]  [13723]  [13719
高価買取リスト
                               
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC