ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

中古情報
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

買取のお問い合わせはこちら
電話で買取申込
03-3295-1461へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
do1@diskunion.co.jp へ
メルマガ登録
店舗受取サービス
ブログ内検索
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
22
ロック中古情報

ROCK合同廃盤セール
book union
bookunion_sq_c.jpg






忍者カウンター
★ジェフ・ベック・グループの68年フィルモア公演!

●ジェフ・ベック・グループ / ライヴ・アット・フィルモア1968 国内CD 2,376円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10204 / 4997184107266)
ヤードバーズ脱退後、ジェフ・ベックはロッド・スチュワートを迎えて結成した自身のバンド、ジェフ・ベック・グループを結成する。

ニュー・バンドはシングル・ヒットに恵まれ、アメリカでの成功を求めてUSツアーを積極的に展開する。その中で1968年7月にサンフランシスコの名門ロック・ホール、フィルモア・ウエストで6回のコンサートを行った際、地元のロック専門FMラジオのKSAN-FM のスペシャル番組用として7月24日のフィルモア・ウエストのライヴが収録・放送される。今回、オリジナル・サブマスターの発見に伴い、現時点で最良のリマスタリングが施されてのリリースである。若きジェフ・ベックが追求するブルース・ベースのハード・ロック・サウンドを全編で聴ける貴重なアーカイヴだ。

ボーナス・トラックとして同年11月に行われたマイアミでのライヴ・パフォーマンスを8曲追加収録。

ジェフ・ベック(G, VO)
ロッド・スチュワート(VO)
ロン・ウッド(B)
ミッキー・ウォーラー(DS)

輸入盤国内仕様
1CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

01-07: FILLMORE WEST, SAN FRANCISCO, CA 24TH JULY 1968 KSAN-FM
08-15: THEE IMAGE CLUB, MIAMI, FL 16TH NOVEMBER 1968




★クイーンの80年代ライヴが2種入荷!

●クイーン / ライヴ・イン・サウスアフリカ1984 国内CD 2,376円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10217/218 / 4997184107341)
クイーンのライヴ・パフォーマンスの中で良い意味でも悪い意味でも話題となる。ヨーロッパ、アジア、オセアニア、北米、南米を制覇したクイーンにとって最後の地はアフリカである。

そんな時にアパルトヘイトで世界的孤立している南アフリカからコンサートのオファーが入る。音楽に政治は無関係と考えるクイーンは世界的な非難を受けながらもコンサートを敢行、かつコンサート期間中に黒人エリアにも積極的に赴き、反アパルトヘイト活動を行う。そんな南アフリカでのコンサートがラジオ番組用に収録された音源のサブマスターが発見、現時点で最良のリマスターが施され、遂に陽の目を見る事となる。1984年10月19日に行われたコンサートのセット・リストは全27曲でこのライヴ・アルバムは完全収録している。特殊な環境の下で行われたコンサートながらバンドは完璧なライヴ・パフォーマンスを披露する。正にクイーンの活動歴の中でのミッシング・ピースと言える作品だ!

フレディ・マーキュリー(VO, PF )
ブライアン・メイ(G)
ロジャー・テイラー(DS)
ジョン・ディーコン(B)
スパイク・エドニー(KBDS)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

SUPER BOWL, SUN CITY, BOPHUTHATSWANA, SOUTH AFRICA, OCTOBER 19, 1984



●クイーン / ライヴ・イン・サンパウロ1981 国内CD 2,808円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10215/216 / 4997184107334)
全世界的な成功を収めたクイーンが1981年に初めて行った南米ツアー。その中で3月20日に行ったブラジルのサンパウロでのコンサートの模様を完全収録したライヴ・アルバムが遂に登場!

熱狂の下に迎えられたクイーンは南米の各地でパワフル&ドラマチックなライヴ・パフォーマンスを披露し、着実に南米での人気を確立していく。8公演の南米公演の中でもハイライトとなるサンパウロ公演は南米各国での放送用として収録され、その放送用マスターをベースとしたライヴ・アルバムが昨年リリースされるが今回コンサートの全貌を収録した音源のサブマスターが発見、現時点で最良のリマスターが施されてのリリース。当日のセット・リストは22曲なのでこのライヴ・アルバムでその全貌を知ることが出来る。既にバンドとして十分に円熟しているだけにここで披露するライヴ・パフォーマンスはドラマチックかつパワフルでこのバンドの魅力が全開しているだけにファンにとっては期待のアルバム。

フレディ・マーキュリー(VO, PF )
ブライアン・メイ(G)
ロジャー・テイラー(DS)
ジョン・ディーコン(B)

輸入盤国内仕様
2CDジュエルケース
<帯、ブックレット対訳付き>

MORUMBI STADIUM, SAO PAULO, BRAZIL, MARCH 20TH 1981




★グレイトフル・デッド唯一の48トラック・マスター録音として知られる91年ライヴ音源が3CDリリース!

●GRATEFUL DEAD / SAINT OF CIRCUMSTANCE: GIANTS STADIUM, EAST RUTHERFORD, NJ 6/17/91 (3CD) 輸入CD 3,456円(税込) (RHINO / 603497852376 / 0603497852376)
1991年6月17日、ニュー・ジャージー州イースト・ラザフォードはGIANTS STADIUM公演を収録。

キャリアを通じて数え切れないほどのショウを行いデッド・ヘッズを熱狂させ続けてきたGRATEFUL DEADの、ライヴ史最後の10年間で最も素晴らしいショウとして広く認識されている一夜が遂に初の公式音盤化。

79年からバンドのキーボード奏者を務めたBRENT MYDLANDが90年7月に急逝してから約1年後に行われたステージで、JERRY GARCIA、BOB WEIR、PHIL LESH、MICKEY HART、BILL KREUTZMANNという不動のラインナップに加え、新たなキーボーディストとして名を連ねるBRUCE HORNSBYとVINCE WELNICKがバンドのパフォーマンスに新鮮な息吹と新たな広がりをもたらしています。

ショッキングな"EYES OF THE WORLD"でスタートした一夜は、アルバム・タイトルにも冠された"SAINT OF CIRCUMSTANCE"をはじめ"MIGHT AS WELL"、"NEW SPEEDWAY BOOGIE"、"CHINA DOLL"といったレアな楽曲も披露。"TRUCKIN'"、"UNCLE JOHN'S BAND"といったクラシックはもちろんのこと、セットの要所要所にライヴ/デッドな"DARK STAR"が織り交ぜられるように演奏され、結果として計6回も顔を出すなど全編を総合的に構成、キャリアを通じても貴重なステージとなっています。アンコールにはTHE BANDの"THE WEIGHT"も披露するファン・サービスの徹底振り。

バンドのキャリアを通じても貴重な、48トラックのアナログ・オーディオ・テープに録音されたファン必聴の名演です。




★アメリカ音楽史の幻の遺産、再び発掘!

●JOHN COLTRANE / BLUE WORLD 輸入CD 1,836円(税込) (IMPULSE! / 3015702 / 0602577626524)
名盤『至上の愛』半年前の黄金のカルテットによる未発表スタジオ録音!●ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)。2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』は全世界のシーンに衝撃を与え大ヒットを記録。日本でも、第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

●その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の1964年に、マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて吹き込んだ未発表スタジオ音源が、録音から55年を経て奇跡のリリース!

●1964年6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Le chat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された、名実ともに絶頂期のパフォーマンス。

●録音された5曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲。本レコーディング・セッションに関する当時のレコード会社にスタジオ使用の記録が残っていなかったため、映画のために録音を依頼されたという事実は、コルトレーン研究家の間でも数年前まで知られていませんでした。

●今回、セッションの全音源(合計8テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることでしょう。




★現代アメリカを代表するロック・バンドZAC BROWN BANDの19年最新作!

●ZAC BROWN BAND / THE OWL 輸入CD 1,944円(税込) (BMG / 538477552 / 4050538477559)
2019年新作がCDリリース!

絶大な人気と実力を誇り、カントリー・ロックをベースに様々なサウンドを貪欲に取り入れながら常に最高級のロック・サウンドを提示し続ける現代アメリカを代表するロック・バンドZAC BROWN BAND。

2018年11月に公開した新曲"SOMEONE I USED TO KNOW"はSHAWN MENDESとの共作による楽曲で、カントリーとポップスを高次元で融合させたクロス・ジャンルなサウンドを聴かせてくれています。その後公開した"LEAVING LOVE BEHIND"はZAC BROWN BANDの真骨頂ともいえる美しいバラッド。つい最近公開したばかりの新曲"WARRIOR"は米軍で兵士として活動する全ての人達へのトリビュート・ソングであり、エレクトロニックなサウンドに心を打つ歌詞とメロディを展開。

サザン・テイストのカントリー・ロックを聴かせた2017年の前作『WELCOME HOME』で一旦自らのルーツに立ち戻った彼らは、約2年振りに発表するこの最新作で、そのバンドとしての可能性やジャンルの垣根を取り払う挑戦をさらに推し進めています。彼らのトレードマークでもあるカントリー・ロックをルーツとしたサウンド、丁寧に練り上げられたメロディ・ラインとダイナミックなヴォーカル・アレンジはそのままに、そこに今までの彼らからは想像も出来ないようなプロデューサーやライターたちとのコラボレートを敢行。エレクトロ・シーンを牽引するSKRILLEXを筆頭に、POST MALONEとの共演でも知られるANDREW WATT、POO BEARの名でも知られるソングライター、プロデューサー、ヴォーカリストJASON BOYD、世界的なプロデューサーMAX MARTIN、次世代ヒットメイカーとしても知られるBENNY BLANCO、そしてONEREPUBLICのフロントマンであり数多くのアーティストに楽曲を提供するRYAN TEDDERなど、今作でZAC BROWN BANDがコラボレートした豪華な顔ぶれを見るだけでもその貪欲さ、そしてミュージシャンとして、バンドとしての進化を強く感じさせてくれるものとなっています。

「ここ数年、ずっとこのアルバムを手掛けてきた。全ての要素を完璧なものにするためね。ジャンの境界線をとっぱらい、影響を受けた様々なタイプの音楽を取り込みながら、ミュージシャンとしての可能性に挑戦し続け、バンドとしての可能性も常に進化させてきた。このアルバムには、どんな人にも楽しんでもらえるアルバムになってるよ」 ─ ZAC BROWN




★リチャード・ライトとデイブ・ハリスによる異色デュオZEEの84年唯一作! 国内盤リイシュー!

●ZEE / アイデンティティー 国内CD 2,455円(税込) (ディスクユニオン / DUPG245 / 4988044871465)
ピンク・フロイドの故リチャード・ライト(key/per/backing-vo)と元ファッションのデイブ・ハリス(g/vo/key/per)による異色のニュー・ウェイヴ/エレ・ポップユニット、ジー(ZEE)が発表した'84年唯一作が帯ライナー付き国内仕様として登場!
【帯・ライナー付輸入盤(英Gonzo Media原盤)仕様/ボーナス・トラック4曲収録/リマスター/国内解説付(日本語解説:松井 巧)】
デイブ・ハリス在籍時のファッションに通じるファンク色を加味したエレ・ポップ・サウンドを展開する一方、フェアライト・コンピューターを駆使し創り上げたサウンドによる硬質なセンスが独特のシリアスな味わいを生み出す1枚。
正しく'80年代を反映させたサウンドはフロイドとは異なるベクトルを向いてはいるものの、サウンド・クリエイションにおける実験性及び丹念に練られたメロディにはそれに通じるものを感じさせる、隠れた秀作です!
マスターはデイブ・ハリスと元アブソリュート・エルスホェア/リフレックスのポール・フィッシュマンの共同によるリマスタリング音源を使用、ボーナスとして同年発表の7" inch Singleに収録された'Confusion(7" edit)'とAlbum未収録曲'Eyes of a Gypsy'及び同年12" inch Singleに収録された'Confusion(12" remix)''Eyes of a Gypsy(12" remix)'を追加。




★イエスのグラストンベリー・フェスティヴァル出演時のアーカイヴが遂にCDとしてリリース!

●イエス / ライヴ・アット・グラストンベリー 2003 国内CD 3,207円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10219/220 / 4997184107457)
プログレッシヴ・ロックのトップ・バンドとして今なお精力的な活動を続けるイエスのグラストンベリー・フェスティヴァル出演時のアーカイヴが遂にCDとしてリリース!
2003年に結成35年を向けるにあたってバンドは幾つかのプロジェクトをスタートさせる。その一つとして2002~2004年に大規模なワールド・ツアーを実施する。このツアーでは幾度も脱退・再加入を繰り返したリック・ウェイクマンが再び復帰し、黄金のラインナップでのベスト・オブ・イエス的趣のセット・リストでのライヴ・パフォーマンスを披露するものである。このツアーの一環としてイギリスの歴史ある野外ミュージック・フェスティヴァルであるグラストンベリー・フェスティヴァルに出演する。この模様はBBCテレビで放送され、後に35周年記念のコンサートのDVD作品にボーナス映像として収録されるが今回、遂にオフィシャルCDとしてリリースが実現する。また、このツアーの最中にアメリカのテレビ番組企画として行ったアコースティック・ライヴの模様から4曲ボーナス・トラックとして実現しており、イエス・ファン待望のライヴ・アルバムである。
【2枚組/ボーナス・トラック4曲収録】




★イタリアン・シンフォ最高峰バロック・プロジェクトの最新アルバム!

●バロック・プロジェクト / セブン・シーズ - SHM-CD 国内SHM-CD 3,240円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / BELLE193185 / 4527516604615)
イタリアの現役シンフォニック・ロック・アクトの最高峰、バロック・プロジェクトの2年振りの最新スタジオ・アルバム。「地平線」、「ディタッチメント」録音時のメンバーで録音され、楽曲は更に洗練され、アンサンブル重視のメロディック・シンフォニックを披露する壮大なスケールの傑作。日本先行発売、日本盤のみ、紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック1曲収録!
【紙ジャケット仕様/ボーナス・トラック1曲収録】




★ノイシュヴァンシュタインの入手困難79年作がリマスター&紙ジャケットでリイシュー!

●ノイシュヴァンシュタイン / バトルメント - SHM-CD/2013リマスター 国内SHM-CD 3,394円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / BELLE193190 / 4527516604653)
1979年、ドイツから突然リリースされたジェネシス・タイプのシンフォニック・アルバム。バイエルンの狂気王ルートウィヒの城の名をグループ名にした、70年代中期のジェネシスの作風をゲルマン的テイストで再構築した完成度の高いアルバム。紙ジャケット、2013年リマスター、ボーナス・トラック1曲収録、高品質SHM-CDの決定版。長らく入手困難だった作品が遂にアンコール・プレス決定!
【紙ジャケット仕様/2013リマスター/ボーナス・トラック収録】




★正統派ブリティッシュ・ロックの良心、サンダーのベストアルバム! 2枚組とボーナスディスク付3枚組の2形態リリース!

●THUNDER (FROM UK) / THE GREATEST HITS<2cd> 輸入2CD 1,620円(税込) (BMG/ADA / / 4050538488180)

●THUNDER (FROM UK) / THE GREATEST HITS<3cd> 輸入3CD 2,160円(税込) (BMG/ADA / / 4050538515985)

正統派ブリティッシュ・ロックの名曲の数々が、今再びまばゆいばかりの光を放ち始める…!
ソウルフルでメロディアス、ハードでダイナミックなロックを奏で続ける英国が生んだブリティッシュ・ロックの良心、サンダー。89年の結成から記念すべき30周年を迎える今年、メンバー選曲による究極のベスト・アルバムがここに登場する! 今なおその歩みを止めることなく前進し続ける彼らの珠玉の名曲達を、今こそ聴け!

◆正統派ブリティッシュ・ロックを現代に持ちこみ、そこに現代的なハード・ロック・スタイルを付け加えた、ソウルフルでメロディアス、ハードでダイナミックなロックを奏で続ける、英国が生んだブリティッシュ・ロックの良心、サンダー。何度かの活動休止を発表しているものの、今もなお精力的な活動を続けており、2017年に発表した最近作『RIP IT UP』は堂々のUKチャート3位を記録、2018年1月と2019年6月には来日公演も実施しており、変わらぬ最高級のパフォーマンスで観客を熱狂させたことも記憶に新しいところだ。
◆このブリティッシュ・ロックの良心とも言われるサンダーがその活動を開始させたのは、1989年のこと。そのバンド結成から30周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎える今年、まず彼らは『PLEASE REMAIN SEATED』という、過去の楽曲達にアコースティックなアレンジを施し、新たな魅力を纏った作品として生まれ変わらせたアルバムを発表したのだが、そのセルフ・カヴァー集に続き、今までに彼らが発表してきた12枚のスタジオ・アルバムの楽曲を、メンバー監修のもと選曲がなされたベスト・アルバム『THE GREATEST HITS』を今届けてくれた! メンバーが選曲に携わったベスト盤の発売は、実はこれが初となる、まさに記念すべきベスト・アルバムが登場するのだ。
◆この『THE GREATEST HITS』に選曲された楽曲は、バンドが30年以上にわたり旅をつづけ、開発し、そして自分自身の挑戦し続けながら、彼らを特別なものにするコアな要素を失うことなく常に進化し続けてきたその過程を完璧な形で示してくれる、名曲ばかりだ。この記念すべきベスト・アルバムは、28曲の珠玉の楽曲の数々を2枚のCDに収録した2CD、それに2019年1月18日にプラネット・ロック・スタジオで行われたライヴ・セッションの模様を収録したライヴCDをボーナス・ディスクとして収録した3枚組CD、そして2CDと同内容の楽曲を3枚のアナログ盤に収録した3LPという3形態でのリリースとなる。
◆キャリアを開始して30年を経た今、これまでの出来事を振り返り、素晴らしい作品の数々を振り返りながら、地平線とこれからの未来に目を向けるかのようなこの『THE GREATEST HITS』は、包括的でまとまりがあり、キャリアにまたがる完璧なるコレクションであり、全英チャート21位を記録した90年の『BACKSTREET SYMPHONY』で、世界を舞台とした壮大な音楽的旅路へのデビューを果たして以降、彼らがリリースしてきたすべての作品の素材を取り入れたものとなっている。 デビュー作での大ヒットに続き、1992年に全英2位を記録した『LAUGHING ON JUDGEMENT DAY』、1995年に全英5位を記録した『BEHIND CLOSED DOORS』をはじめ、2017年に堂々全英3位を獲得した『RIP IT UP』まで、総てのアルバムから丁寧に楽曲が選曲されているのだ。ちなみに、2015年の『WONDER DAYS』、17年の『RIP IT UP』、そして先述の2019年の『PLEASE REMAIN SEATED』という直近の3作品は、すべて全英チャートにおいてトップ10入りを果たしている。
◆フロントマンのダニー・ボウズは、今作に関してこうコメントを残している。
「30年間動き続けてきたけど、ようやくこのベスト・アルバムという作業を適切に行う準備が出来た、と感じることが出来たんだ。『PLEASE REMAIN SEATED』で昔の楽曲を探索し、再構築してきた。そして、この『THE GREATEST HITS』で、私達にとって非常に重要な曲をこうして集めることが出来たのさ」
また、ギタリストでメイン・ソングライターでもあるルーク・モーリーはこうコメントしている。
「このコンピレーション・アルバムを選曲する作業はとても楽しかったよ。俺達の歩みをこうして一つの大きなコレクションとして発表できるのは、素晴らしい事だと思うね」
◆多くのバンドにとって、『THE GREATEST HITS』というタイトルが付けられたアルバムは、過去の栄光をたどるものだ。しかし、サンダーにとっては、このコレクションは彼らの出発点から現在に至る道しるべ的な作品なのだ。すでに最新作の準備にも取り掛かっていると言う彼ら、30年という節目に今までの道のりを一つの作品としてまとめあげた彼らは、既にその先に続き道へとその新たな一歩を踏み出そうとしているのだ…。




★レーナード・スキナードのリッキー・メドロック率いるバンド、ブラックフットの貴重未発表ライヴ!

●ブラックフット / ロード・フィーヴァー 1980-1985<輸入盤国内仕様> 国内CD 3,456円(税込) (BSMF RECORDS / BSMF7589 / 4546266215384)

現在もレーナード・スキナードでギタリストとして活躍するリッキー・メドロック率いる、伝説のサザン&ハード・ロック・バンド、ブラックフットの貴重な未発表ライブ音源が2枚組で発売!!1980-1985年の間にメドロック、ウォーカー(B)、ハーグレット(G)、スピアーズ(Dr)のオリジナルメンバーで行った、アトランタ、シカゴ、デンバー、そしてネブワースでのライブ録音だ!ヒット曲「ハイウェイ・ソング」を初め、全盛期の彼らの疾走感あふれる豪快なプレイは必聴!!

【仕様】
・輸入盤国内仕様
※メーカー・インフォメーションより




★まもなく結成30周年を迎えるオーペスの3年ぶり最新作!

●オーペス / イン・カウダ・ヴェネノム<2cd> 【ディスクユニオン・オリジナル特典:コースター】 国内CD 3,780円(税込) (ワードレコーズ / GQCS-90752/3 / 4582546590062)

●OPETH / IN CAUDA VENENUM (SWEDISH & ENGLISH VERSIONS) <2CD/DIGI> 輸入CD 2,484円(税込) (NUCLEAR BLAST / / 0727361455705)

■英語版+スウェーデン語版



●オーペス / イン・カウダ・ヴェネノム<CD(英語ヴァージョン)> 【ディスクユニオン・オリジナル特典:コースター】 国内CD 2,700円(税込) (ワードレコーズ / GQCS-90754 / 4582546590079)

●OPETH / IN CAUDA VENENUM(ENGLISH VERSION) 輸入CD 1,944円(税込) (NUCLEAR BLAST / / 0727361455729)

■英語版


●OPETH / IN CAUDA VENENUM(SWEDISH VERSION) 輸入CD 1,944円(税込) (NUCLEAR BLAST / / 0727361509729)

■スウェーデン語版

プログレッシヴ・ロック×ヘヴィ・メタルの掛け合わせが生み出す芸術を、果てなく、どこまでも拡張し続けてきたオーペス。まもなく結成30周年を迎える彼らの3年ぶりのアルバムが、母国語であるスウェーデン語と英語の双方でのレコーディングを経て、リリースされる。自身の体内に流れるルーツを照射しつつ、無尽蔵に広がりゆく音世界を形にした、この深遠な調べを堪能せよ!

バンド結成から30周年を迎えようとする今、自身のルーツを凝視しながら、レトロに埋没せずに、飛躍し続ける音楽を構築するオーペス。このバンドの、そしてミカエル・オーカーフェルトに通底する態度は、一体どこまで屈強なものになっていくのだろうか。

1990年にスウェーデン・ストックホルムでバンドを結成したのは、ミカエルではなく、デイヴィット・イスベルグ。当初ベーシストとして誘われたミカエルだが、95年にデビュー・アルバム『オーキッド』をリリースする頃には、今に続くミカエル体制が始動する。ダークでありながらエモーショナルに響くプログレとデスメタルの巡り合いによって表現の幅を膨らませていく。96年にセカンド『モーニングライズ』、97年にサード『マイ・アームズ、ユア・ハース』、99年に4作目『スティル・ライフ』を立て続けに発表し、ジャンルを越境し、凝り固まった「ヘヴィ」に、新たな輪郭を投与していく。

ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソンと共に作り上げた2001年リリースの5作目『ブラックウォーター・パーク』が評判を呼び、活動をヨーロッパのみならず、アメリカへと広げていく。02年に『デリヴァランス』、翌03年に『ダムネイション』を立て続けにリリース、レトロな諧調に透明度の高いメロディを溶かし、時に肉厚なヘヴィネスをぶつけていく手法は、延伸を続けていく。05年に『ゴースト・レヴァリーズ』を発表、06年には第1回目となる「LOUD PARK 06」で初来日公演を果たし、日本でも認知されるようになる。08年には『ウォーターシェッド』、11年『ヘリテイジ』を発表し、アルバムを発表する度に来日公演を実現させるバンドに成長する。

14年の『ペイル・コミュニオン』、16年『ソーサレス』を経て、2017年5月に、アメリカ・コロラド州デンバーにある「レッドロック野外劇場」で行ったライヴを収録した『ガーデン・オブ・ザ・タイタンズ~オーペス・ライヴ・アット・ レッド・ロックス・アンフィシアター』をリリースした。3年ぶりとなる本作に取り掛かる前、バンドの活動からしばらく離れていたミカエルだったが、ある朝、子供たちを学校に連れていく間に、バイリンガルのアルバムを作る、とのアイディアを思い立ち、急ピッチで制作が進んでいった。

それは、自身のバンドのルーツへの旅路であり、バンドの起点から現在までのキャリアを総括する意味を持っていた。神々しさすら帯びるサウンドの美意識に浸りっぱなしになる。今、バンドが歩んでいくべき道を、原点に立ち返りながら探し当てるという壮大なスケール感。築き上げてきたものを解体し、再び構築するという、音楽へ向かう飽くなき野心が、また新たに異様な濃度の芸術作品を生み出した!

【仕様】
・2CD[メンバー]
ミカエル・オーカーフェルト (ヴォーカル/ギター)
フレドリック・オーケソン (ギター)
マーティン・メンデス (ベース)
マーティン・アクセンロット (ドラムス)
ヨアキム・スヴァルベリ (キーボード)

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・コースター (ロゴ入り / サイズ:90mm × 90mm)

※国内盤CD1点につきコースター1枚のプレゼントとなります
※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。




★特典缶バッジ付き! メタルコアの帝王アズ・アイ・レイ・ダイングが復活作をリリース!

●アズ・アイ・レイ・ダイング / シェイプド・バイ・ファイア 【ディスクユニオン・オリジナル特典:缶バッジ】 国内CD 2,700円(税込) (ワードレコーズ / GQCS-90791 / 4582546590314)

メタルコアの帝王がついに復活! ティム・ランベシス(ヴォーカル)が復帰し、活動を再開させたアズ・アイ・レイ・ダイングが7年ぶりとなる待望の復活アルバム『シェイプド・バイ・ファイア』を発表!メロディックにテクニカルに、そしてアグレッシヴに進化した最高傑作が完成!

2007年にリリースされた4thアルバム『アン・オーシャン・ビトウィーン・アス』が全米チャート最高8位にランク・インし、アルバムに収録された「ナッシング・レフト」がグラミー賞の“ベスト・メタル・パフォーマンス”部門にノミネートされたアズ・アイ・レイ・ダイング。メタルコア・シーンを代表するバンドとなった彼らは、その後も5thアルバム『ザ・パワーレス・ライズ』(2010年)が全米最高10位、クリーン・ヴォイスのパートが増え、エモの要素が増した6thアルバム『アウェイクンド』(2012年)が全米最高11位を記録し、名実ともの人気バンドとなる。

しかし、絶頂期の最中、2013年5月にティムが別居中の妻の殺害を計画し、殺人教唆の罪で逮捕されるという事件が発生。バンドは活動休止となる。残されたメンバーはオー・スリーパーのシェーン・ブレイと共に結成したオルタナティヴ・メタル・バンドのウーヴンウォーで活動する中、実刑判決を受けたティムが2016年12月に仮出所すると、話し合いの末にアズ・アイ・レイ・ダイングが活動休止時のメンバーで再始動することが決まる。新たにニュークリア・ブラスト・レコードと契約した彼らは、2018年6月にシングルの「マイ・オウン・グレイヴ」を発表。さらに2018年6月16日に地元サンディエゴで復活ライヴを行なった後、アメリカとヨーロッパでツアーを経て、完成させたのが、7年ぶり7作目となる『シェイプド・バイ・ファイア』である。

アディショナル・プロダクションでティムがスクリーム・ヴォイスで歌うアグレッシヴなパートと、ジョシュ・ギルバート(ベース、ヴォーカル)のクリーン・ヴォイスによるメロディアスなパートを巧みに融合させ、エッジの効いたテクニカルな演奏と絡めた音楽は実にダイナミックで、哀愁を感じさせるメロディの充実ぶりも耳を惹く。前作の『アウェイクンド』の延長線上にありながら、サウンドと演奏の両面でスケール・アップを図っており、アグレッシヴでエキサイティングな楽曲はバンドの完全復活に相応しいものとなっている。まさに最先端のメタルコア・アルバムがここに完成したと言える。
※メーカー・インフォメーションより

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
・缶バッチ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)

  ※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。




★ニューヨークのパーカッショニスト、サラ・ヘニーズの最新作!

●SARAH HENNIES / RESERVOIR 1 輸入CD 1,944円(税込) (BLACK TRUFFLE / BT053 / 4250101408649)
DIE SCHACHTEL傘下レーベルBLUMEからもリリースのあるニューヨーク州イサカのパーカッショニスト / コンポーザーSARAH HENNIESがBLACK TRUFFLEよりニューアルバムをリリース。ピアノ、パーカッションによるフリー・インプロヴィゼーション作品で、生々しいドローンと、不穏なピアノが交錯する作品。




★特典缶バッジ付き! アイルランド産ポストパンク・バンド、ガール・バンドの2019年作!

●ガール・バンド / ザ・トーキーズ 国内CD 2,160円(税込) (ROUGH TRADE、BEAT RECORDS / RT-65CDJP / 4580211853320)
ロックの破壊的衝動を完璧に表現する重要作!先行販売された新曲入り12インチは即完売!アイルランドの硬音ポストパンク・バンド、GIRL BANDが2ndアルバム『THE TALKIES』をリリース!

■解説:天井潤之介、歌詞対訳付き

歪みを効かせたギターサウンドに凶暴かつソリッドな硬質サウンド、聴く者の数倍上を超えてゆく圧倒的熱量のヴォーカルスタイルで、NMEやPitchforkをはじめとする多数メディアでデビュー前から期待の新人枠などで取り上げられ、さらには来日も果たし圧巻のパフォーマンスで強烈な印象を残したアイルランド・ダブリン発のポストパンク/ノイズロック・バンド、ガール・バンドがデビュー作『Holding Hands With Jamie』以来、実に4年ぶり2作目『The Talkies』を〈ROUGH TRADE〉よりリリース。

デビュー作のリリース以降はデモ制作や、各自がパートを作曲しアイデアを集め、それを切り刻んでパソコンに取り込みコラージュするという方法で音を再構築したのが今作であり、ダブリン郊外にある大邸宅「Ballintubbert House」でレコーディングされた。
「アルバムの元となったアイデアは、いろいろな意味で、この家を音で表現するということだった」とフロントマンのアラン・ダガンが語るように異質な建築構造がバンドの激変するサウンドをさらに独特なものにしており、バンドのベーシストで本作のプロデューサーも兼任したダニエル・フォックス曰く、ドラムは踊り場と地下室でそれぞれ1回ずつ録音され、プロダクションの過程で両方の音を組み入れるなど、実験的な方法で制作されている。リスナーの耳へヒリヒリと直に迫ってくる脅迫的な音とその間を揺れ動く不協和音、ハイエナジーかつダークなヴォーカルのグルーヴ感、さらには炸裂するスネアドラムに目紛しく変化するバンド特有のギターサウンドは、ロックの破壊的衝動を完璧に表現している。

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『ガールバンド / ザ・トーキーズ』国内盤CD、 輸入盤CD/LPをお買上げのお客様に先着でディスクユニオン・オリジナル缶バッジ(直系32mm)を差し上げます。
 
  ※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。




★スパニッシュ・インディーポップ・バンドLA BIEN QUERIDAの6THフル・アルバムがCD / LPリリース!!

●LA BIEN QUERIDA / BRUJERIA (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (ELEFANT / ER1247 / 8428846212470)
スペインから良質なインディ・ポップ・アルバムを数多くリリースしているELEFANTから、ANA FERNÁNDEZ-VILLAVERDE嬢率いるバンドLA BIEN QUERIDAの6THフル・アルバムがアナウンス。クラシックでモダン、エキゾチックな香りの良質なポップ・ソングは健在。NEW ORDERとTHE CUREのみならず、LANA DEL REY、M83、BEACH HOUSEらと同時代性を感じさせるアレンジングにバンドとしての進化を感じさせる充実作!!




★究極の女性ブルース・ロック・シンガー、ベス・ハート最新作のデラックス・エディション!


●BETH HART / WAR IN MY MIND (DELUXE) 輸入CD 2,484円(税込) (BMG/ADA / 1002050019 / 0810020500196)
魂を込めた歌声で全ての人の心を揺り動かす、究極の女性ブルース・ロック・シンガー、ベス・ハート。自分自身の総てを受け止め解き放つ、心を打つ彼女の最新作がボーナス・トラックを追加収録し、コースターやポストカード、ステッカーなどを封入したデラックス・エディションで登場!

90年代前半からブルース・シンガーとしてのキャリアを積み、1993年に『IMMORTAL』でデビュー、99年発表の作品『SCREAMING FOR MY SUPPER』からの楽曲「LA Song (Out Of This Town)」が大きなヒットとなり、その後もコンスタントに作品を発表する、ロサンゼルス出身の本格派ブルース/ロック・シンガー・ソングライター、ベス・ハート。

ジャニス・ジョプリンとも比較される程の、その力強い歌声と魂を絞り出すかのようなエモーショナルな表現力は高く評価され、2014年にはグラミー賞「Best Contemporary Blues Female Artist」部門にノミネートを果たし、ジェフ・ベックやジョー・ボナマッサとも共演するなど、確固たる存在感を放つ究極のロック・シンガーだ。
最近ではジョー・ボナマッサとのアルバム『BLACK COFFEE』や、彼女の最大の魅力の一つでもあるライヴ・パフォーマンスを収録したライヴ・アルバム『LIVE AT ROYAL ALBERT HALL』といった作品をリリースしてきた彼女が、スタジオ・アルバムとしては2016年の『FIRE ON THE FLOOR』に続く約3年振りの最新作『WAR IN MY MIND』を完成させた。

プロデュースに、グリーン・デイやマイ・ケミカル・ロマンス、デイヴ・マシューズ・バンドなどを手掛けるロブ・カヴァロを迎えたこの最新作は、ベス・ハートというアーティストのもつクリエイティヴな力強さを最高の形で捉えた、新たなる名盤と言えるほど感動的な作品となっている。きらびやかなプロダクションや加工された写真といった偽りの豪華さで着飾る現代において、等身大のありのままの姿を「リアル」に表現したこの最新作は、偽りのない力強さと美しさに溢れているのだ。

この最新作に関して、ベス・ハートはこうコメントを残している。
「今まで発表してきたどの作品と比べても、一番自分自身をさらけ出した内容になっている。ここまで来るのに時間がかかったけど、自分のお気に入りなことや幸せを感じることはもちろん、それ以外にも自分自身の闇や奇妙さ、恥ずかしいことといったものをしっかりと受け止められるようになった。このアルバムでは、自分の人生や愛情、熱中、二面性、兄弟や父親...、様々な痛みや率直さをより表現出来ていると思う」

美しいピアノの調べの乗せて、魂の歌唱を聴かせるアルバム・タイトル・トラック「War In My Mind」や、ハードなビートに思わず身体を揺り動かされる「Bad Woman Blues」、壮大なバラード「Let It Grow」など、リアルな姿をさらけ出すこの最新作『WAR IN MY MIND』は、全音楽ファンを虜にするほどの力強さと美しさに満ちているのだ。




★双子インディー・ポップ・デュオ、ティーガン&サラ待望のニュー・アルバム!

●TEGAN AND SARA / HEY, I'M JUST LIKE YOU 輸入CD 1,836円(税込) (WARNER / 9362489850 / 0093624898504)
カナダのちょっとエッジーな双子インディー・ポップ・デュオ、TEGAN AND SARA(ティーガン&サラ)。10代の時にニール・ヤングのヴェイパー・レコーズと契約した彼女たちも、今やキャリア20年を迎えた若きベテラン・アーティストに。ソングライターであり、マルチ・インストゥルメンタリストである二人が2016年の『LOVE YOU TO DEATH』以来約3年振りとなるニュー・アルバムをリリース!どこか初々しく、青く、そして甘酸っぱい、ロックでパンクなポップ・アルバム!

通算9作目のスタジオ・アルバムとなる『HEY, I'M JUST LIKE YOU』。このアルバムで彼女たちは、自分たちの原点に戻ってみたという。二人は初の回顧録『HIGH SCHOOL』の出版を9月に控えているが、その回顧録が最新アルバムのインスピレーションにもなっているという。
「回顧録に取り掛かっている時、20年以上も聴いていなかったカセット・テープを2本発掘したの」そう思い返すのはティーガンだ。「カセットの中には、私たちが15歳から17歳の間に作った楽曲が山ほどはいっていた・・・それを見つけた途端、ここに入っている楽曲が私達の高校時代を語る上で必要不可欠なものだと思いだしたのね」

彼女たちが語るように、『HEY, I'M JUST LIKE YOU』は、ティーガン&サラが、自分たちのロックとパンクのルーツに戻り、そこに彼女たちの持ち味であるポップなプロダクションというアクセントを利かせたアルバムである。今年の4月と5月にカナダのバンクーバーでレコーディングされた本作は、10代にして彼女たちが秘めていたソングライティングの才能が見え隠れしている原石に、この20年間で二人が培ってきたレコーディング経験を加え、これまで日の目を見ることがなかった”失われた”超初期の楽曲を新たな形で蘇らせている。アルバムの中には、初恋の喜びと悲しみ、初めての失恋や、陶酔した別れ、サイケデリックな友情讃歌など反抗的で芝居がかった、初々しい青さが息づく楽曲が溢れているのだ。
「歌詞と曲構成を僅かに修正しただけで、曲のエッセンスは出来るだけ元のままに保とうとしたの」アルバムのレコーディングについて、サラはそう語っている。

『HEY, I'M JUST LIKE YOU』は、双子の姉妹ががっつりと組んだコラボレーション作品と呼べるだろう。ある曲ではティーガンが作った曲をサラが歌い、また別の曲ではサラが作ったメロディーと歌詞にティーガンが声を貸している。また本作は、二人が初めて全員女性のチームで制作したアルバムでもある。そのチームの中には、プロデューサーのAlex Hope(Troye Sivan、Broods)やエンジニアのRachael Findlen、ミクシング・エンジニアのBeatriz Artola、マスタリング・エンジニアのEmily Lazar、アシスタント・エンジニアのAnnie Kennedyをはじめ、バッキング・ミュージシャンとしてCarla Azar(ドラムス)、Catherine Hiltz(ベース)など才能溢れる女性たちが名を連ねている。

 本アルバムは同時期に発売となる回顧録とともに、ティーガン&サラの起源を初めて綴った物語と呼べるだろう。
「このアルバムは、ティーンエイジャーの頃には絶対作れなかったと思う。でも、ここには大人になった私達じゃ絶対作ることが出来なかった曲が一杯詰まっている」 ティーガンの言葉が表すように、『HEY, I'M JUST LIKE YOU』は、二人にとってこれは甘酸っぱくも新鮮な青春のポートレイトなのだ。




★UKミッドランズ出身のサイケデリック・ロックバンド、TemplesがATO移籍第一弾となる3rdアルバム『Hot Motion』をリリース!

●テンプルズ / ホット・モーション 国内CD 2,592円(税込) (ATO、BIG NOTHING、ULTRA-VYBE,INC. / OTCD-6776 / 4526180491064)
●TEMPLES / HOT MOTION 輸入CD 2,160円(税込) (ATO RECORDS / ATO0502CD / 5400863013172)
UKミッドランズ出身のサイケデリック・ロックバンド、TemplesがATO移籍第一弾となる3rdアルバム『Hot Motion』をリリース!

■国内盤ボーナストラック1曲収録、解説/歌詞/対訳付

『Hot Motion』は『Sun Structures』(2014年)、『Volcano』(2017年)に続く3枚目のアルバムとなる。レコーディングはイギリスの中部にあるJames Bagshawの自宅でスタートした。「レコーディングは寝室からスタートし、リヴィング・ルームを経て、専用のスペースに移った。機材を全て同じ部屋にセット・アップし、よりバンドとしてプレイ出来るようにしたんだ。これがアルバムのサウンドに大きな影響を与えたんだ」とTom Walmsleyは語る。『Hot Motion』は今のシングルの時代にまとまりのある”アルバム”として仕上がった。アイディアに溢れ、動的なエネルギーもバーストし、即効的なインパクトと永続的な強度のバランスも取れた内容となっている。Templesは暗い日常の為に聴覚のタペストリーを作り上げた。それは情報過多の日常的な混乱から離れた心地よい温かい聖域のようなもので、『Hot Motion』は何度も繰り返して聴くために作られた複雑なアルバムなのだ。




★2005年にツアー・メンバー・オーディションに合格しナイン・インチ・ネイルズのメンバーとなり、またソロとしても活躍するマルチインストゥルメンタリストのアレッサンドロ・コティーニがソロ・アルバムをリリース!

●アレッサンドロ・コルティーニ / ヴォリューム・マッシモ 国内CD 2,484円(税込) (MUTE、TRAFFIC / TRCP-247 / 4571260589247)
2005年にツアー・メンバー・オーディションに合格しナイン・インチ・ネイルズのメンバーとなり、またソロとしても活躍するマルチインストゥルメンタリストのアレッサンドロ・コティーニがソロ・アルバム『ヴォリューム・マッシモ 』(VolumeMassimo)をMUTE からリリース!

■解説:鈴木喜之、ボーナス・トラック1曲収録

高評価を得た2017 年のソロ・アルバム『Avanti』、自身の家族のプライベート・フィルムをもとに作成された映像を使って大きな喝采を浴びた2016 年のベルリン・アトナルでのライヴの後に発表されたこのアルバムの声素材を、今回のアルバムの一曲目「Amore Amaro」にうまく忍び込ませ、前作の残像を覗かせながら曲が進むにつれ、今作の世界観が広がってゆく。
そしてここから本作『ヴォリューム・マッシモ』の世界が本格的にスタートし、電子音に溢れたシンセサイザーの巧みなアンサンブルが、時と記憶を微妙に捻じ曲げながら聴く者を瞑想の旅へと誘っていく。甘美な雰囲気を漂わせコルティーニのポップセンスが所々に匂い立ちながらも、その裏で聴く者をメランコリックで巨大な迷路へと誘い込んでしまう。「Batticuore」(M4) は絶妙に作られた目眩く回転木馬のような作品で、コルティーニの特筆すべきギター・ワークが煌めくポップ作品の中に織り込まれており、「La Storia」(M6) はシンセの主旋律とノイズを散りばめる事で、そこと同じ高みを別のルートから目指しており、そこからアルバムは悲しみに満ち溢れた「Sabbia」(M7) へと続いてゆく。贅沢にもジャケット・ビジュアルはエミリー・エリザベスとラキ・フェルナンデスの手によって作られており、そのカヴァーで見られるように本作は優しさと自信に溢れた素晴らしい作品となっている。










ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 

TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[13634]  [13667]  [13687]  [13690]  [13688]  [13683]  [13686]  [13684]  [13681]  [13680]  [13679
高価買取リスト
2020春版買取リスト続々完成!                                   
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC