ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

中古情報
オンラインショップ中古セールはこちらから!!
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

買取のお問い合わせはこちら
電話で買取申込
03-3295-1461へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
do1@diskunion.co.jp へ
メルマガ登録
店舗受取サービス
ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ロック中古情報

ROCK合同廃盤セール
book union
bookunion_sq_c.jpg






忍者カウンター
■OLD ROCK

●SINEMATIC (2LP) / ROBBIE ROBERTSON ロビー・ロバートソン
輸入LP 4,968円(税込) (UNIVERSAL / B0030707-01)


2019年新作が180グラム重量盤2LPアナログ・リリース!

ご存知THE BANDのギタリストROBBIE ROBERTSON。2011年の『HOW TO BE CLAIRVOYANT』以来8年ぶりとなる通算6枚目のソロ・アルバムが到着です。

彼がスコアを提供した マーティン・スコセッシ監督による今秋公開予定の大作ギャング映画「THE IRISHMAN」や、こちらも近日公開が予定されているという 2016年の自叙伝「TESTIMONY」に基づいたドキュメンタリー・フィルム「ONCE WERE BROTHERS:ROBBIE ROBERTSON AND THE BAND」からインスピレーションを得て制作された作品で、その象徴的なタイトル(=罪+映画的)は 彼のライフワークとして数十年間に亘り続けられてきた映画のためのソングライティングや、彼のドラマティックな人生そのものを指し示したものとのこと。

殺し屋THE IRISHMANから着想を得たオープニング"I HEAR YOU PAINT HOUSES"(ギャングの世界では殺し屋を雇うことを「家を塗る=家ごと血の海で真っ赤にする」と表現する)では歌詞とは裏腹の明るいトーンでVAN MORRISONとの麗しいデュエットを披露し、

「かつては兄弟だった」とTHE BANDへのほろ苦い思いを綴る同名ドキュメンタリーのための書き下ろしトラック"ONCE WERE BROTHERS"や、カナダ先住民族ファーストネーションとユダヤ系ギャングの家系に生まれ様々な障害や未来への期待を感じることなく育ったという子供時代を回顧した"DEAD END KID"、

JOHN LENNONの平和への叫びにインスパイアされたというロック・チューン"LET LOVE REIGN"、20世紀初頭の上海を舞台にアヘン売買や賭博、売春などを牛耳っていた伝説的ギャング杜月笙(とげつしょう)の武勇伝が語られる"SHANGHAI BLUES"、ROBERTSON自身が「シン(SIN=罪)フォニー」と呼ぶ"STREET SERENADE"、オーソン・ウェルズのラジオ犯罪ドラマへのノスタルジックなオマージュとなったエレクトロ風味の"THE SHADOW"、

ギタリスト面目躍如のインストルメンタル"WANDERING SOULS"、友人でありマイクロソフト社の共同創業者で大の音楽ファンだった故PAUL ALLENのために書いた哀愁に満ちた哀悼歌"REMEMBRANCE"などなど、彼の人生とは遠いフィクションも交えながら自身のストーリーも重ね合わせていく全13曲。

GLEN HANSARD、CITIZEN COPE、J.S. ONDARA、JIM KELTNER、DEREK TRUCKS、DOYLE BRAMHALL II、DJ HOWIE Bらがゲスト参加。

20ぺージ・ブック付属。





●ORCHESTRAL FAVORITES (40TH ANNIVERSARY 180G LP) / FRANK ZAPPA (& THE MOTHERS OF INVENTION) フランク・ザッパ
輸入LP 3,672円(税込) (ZAPPA RECORDS / ZR3860-1)


79年作が40周年記念で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

元々WARNER BROTHERSが契約枚数を満たすためにZAPPAの許可を得ないままにDISCREET RECORDSからリリースした曰くつきの一枚が、遂にZAPPA FAMILY TRUSTの許可の下、AHMET ZAPPAとJOE TRAVERSのプロデュースによって正規オーディオファイル・ヴァージョンとして再登場となりました。

新たなバンド・メンバーを試しながらツアーの準備を行っていた75年9月のZAPPA。新たな挑戦として自らの楽曲のオーケストラ演奏を思い立った彼は、74年の予期せぬヒット・シングル"DON'T EAT THE YELLOW SNOW"で得た資金を使い、自腹で37人編成のオーケストラ、MICHAEL ZEAROTT指揮によるTHE ABNUCEALS EMUUKHA ELECTRIC SYMPHONY ORCHESTRAを雇いました。ZAPPAはすべてを監督し、サウンド・エンジニアと照明係を雇い、ハウスの前の環境音を時々混ぜ、時折オーケストラを指揮したとのこと。

さらに『THE GRAND WAZOO』や『WAKA/JAWAKA』でプレイしたMIKE ALTSCHULやEARLE DUMLERの助けを借り構成、そのほかBRUCE FOWLERやDAVE PARLATO、IAN UNDERWOOD、MALCOM MCNAB、TERRY BOZZIOらも参加しながら、ZAPPAとオーケストラは、75年9月の数日のリハーサルと午後のレコーディング・セッションを経て、UCLAカリフォルニア大学ロサンゼルス校のロイヤル・ホールで2夜に亘る2回のショウをこなしています。

オリジナル・アルバムは、そうして録音された観客無しの午後のレコーディング・セッションを元に編集したもので、76年になってZAPPAがさらにギター・パートをオーバー・ダビングするなど注意深く作り上げられたZAPPAらしい非常に挑戦的なインストルメンタル集となっています。『200 MOTELS』収録の"STRICTLY GENTEEL"、『ABSOLUTELY FREE』収録の"DUKE OF PRUNES"に、ZAPPAが休暇に出かける代わりに書きはじめ、完成時に叫んだという有名なブランニュー・コンポジション"PEDRO'S DOWRY"、"SEALED TUNA SANDWICH"のリワークでのち『LONDON SYMPHONY ORCHESTRA』でも取り上げられる"BOGUS POMP"など全5曲を収録。

オリジナル・マスター・テープからのハイファイ・トランスファー、BOB LUDWIGによるマスタリング。FURNACE MFGプレス。新装カヴァー・アート。ゲートフォールド・スリーヴ装。





●SCOTT 4 (HALF-SPEED REMASTER LP) / SCOTT WALKER スコット・ウォーカー
輸入LP 4,536円(税込) (MERCURY / 776774-3)


69年5THが50周年記念ハーフ・スピード・リマスターでアナログ・リイシュー!

60年代にTHE WALKER BROTHERSとしてデビューし、DAVID BOWIE、U2、THE SMITHS、RADIOHEAD、ALEX TURNER (ARCTIC MONKEYS)、BRIAN ENO、DAMON ALBARN (BLUR)にまで影響を与えたUK音楽界で最も重要なシンガー・ソングライターSCOTT WALKER。

本名のNOEL SCOTT ENGEL名義でリリースしたことも影響し、オリジナル・リリース時にはチャート・インを果たせなかった一枚。しかしながら今日では、DAVID BOWIEやJARVIS COCKER、MARC ALMOND等に多大な影響を与えた傑作の一つとして認識される代表作です。初めて全曲オリジナルで構成され、INGMAR BERGMAN映画にインスパイアされた"THE SEVENTH SEAL"、スターリンをモチーフにした"THE OLD MAN'S BACK AGAIN"や美しくタイムレスなクラシック"DUCHESS"に"BOY CHILD"などなど、ENNIO MORRICONEスタイルのアレンジを伴いながらフォークにカントリー、ソウル等が一体となった本作でSCOTTの曲作りは新たな頂点に達します。

ABBEY ROAD STUDIOSでのハーフ・スピード・マスタリング。ゲートフォールド・スリーヴ装。






●TOWN AND COUNTRY (180G LP) / HUMBLE PIE ハンブル・パイ
輸入LP 2,376円(税込) (REPLAY / RPLP5132)


69年2NDが180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

元SMALL FACESのSTEVE MARRIOTT、 元HERDのPETER FRAMPTON、元SPOOKY TOOTHのベーシストGREG RIDLEY、そして当時17歳の天才ドラマーJERRY SHIRLEYによって結成されたスーパー・グループHUMBLE PIE。

翳りを含みつつも荒々しくヘヴィな音で勝負した69年8月の1ST『AS SAFE AS YESTERDAY IS 』から一転、USツアー中の同年11月にリリースされた、同時期録音ながらアコースティックで静かな印象も受ける穏やかな2作目。ベースのGREG RIDLEYとドラムスのJERRY SHIRLEYも楽曲制作に関わりはじめ、淡く牧歌的な方向性のPETER FRAMPTONと米国R&B/スワンプを志向するSTEVE MARRIOTTとの対比も徐々に際立ってきたことでバンドとしてのバランス感覚が確立してきた一枚です。それまでのハード・ロックにカントリーのエッセンスをミックスし、アコースティックなフォーク・ロックにブルース・ルーツをブレンド。英国的な香りも漂いながら、この時代特有のルーツ・リヴァイヴァル・ムーヴメントを象徴する名作に仕上がっています。 BUDDY HOLLYクラシック"HEARTBEAT"カヴァーも聞きどころ。





●HEY HEY, MY MY: 1989 RARE TRACKS AND RADIO SESSIONS (LP) / NEIL YOUNG (& CRAZY HORSE) ニール・ヤング
輸入LP 2,160円(税込) (RADIO LOOP LOOP / RLL013)


89年FMラジオ放送用音源がLP化!

89年12月のヨーロッパ・ツアー音源をコンパイル。

ジャケットには「& CRAZY HORSE」と書かれていますが実際にはソロ名義で行われたツアーからの音源で、CRAZY HORSEからはギター、マンドリンのFRANK SAMPEDROが参加、また約40年に亘ってNEILを支えた盟友スティーラー、BEN KEITHもドブロ、キーボードでサポートしています。

12月12日のロンドンはHAMMERSMITH ODEON公演からは70年作『AFTER THE GOLD RUSH』からの"DON'T LET IT BRING YOU DOWN"や89年新作『FREEDOM』の"CRIME IN THE CITY"に"ELDORADO"、CSNYの70年プロテスト・ソング・アンセム"OHIO"を披露、13日のオランダはロッテルダムのAHOY公演からは78年作『COMES A TIME』の"COMES A TIME"、のち00年の『SILVER & GOLD』に収録される"RAZOR LOVE"を、10日のアムステルダムはHET MUZIEKTHEATER公演からは新作からの"SOMEDAY"を披露。11日のパリはELYSEE MONTMARTRE公演からは68年ソロ1ST『NEIL YOUNG』からの"THE OLD LAUGHING LADY"、72年『HARVEST』の"THE NEEDLE AND THE DAMAGE DONE"、79年ライヴ盤『RUST NEVER SLEEPS』の"POWDERFINGER"を披露と、ソロやトリオ編成で真摯にシンプルに響くアコースティックYOUNGが楽しめる名演のステージです。






●DUSTY IN MEMPHIS (HALF SPEED MASTER LP) / DUSTY SPRINGFIELD ダスティ・スプリングフィールド
輸入LP 4,320円(税込) (MERCURY / 776775-7)


69年作が50周年記念ハーフ・スピード・リマスターでアナログ・リイシュー!

メンフィスのAMERICAN SOUND STUDIOで録音が行われた5枚目は、ATLANTICがDUSTYのアイドルでもあるARETHA FRANKLINの白人版を狙った一枚として知られる作品。

プロデューサーにはJERRY WEXLER、ARIF MARDINにTOM DOWD、レコーディング・チームにはベーシストTOMMY COGBILLとギタリストREGGIE YOUNG率いるインスト・バンドMEMPHIS CATSにバッキング・ヴォーカルのTHE SWEET INSPIRATIONSなどが集い、ソングライターにはGERRY GOFFIN & CAROLE KING、BARRY MANN & CYNTHIA WEIL、MICHEL LEGRAND、RANDY NEWMANにBURT BACHARACH & HAL DAVIDとまさに一流の布陣。

全英トップ10入りを果たした"SON OF A PREACHER MAN"をはじめ、憧れのソウル・ミュージック・ルーツとそれまでも挑戦してきたR&BにDUSTYならではのソフトな一面が混ざり合った一級のポップ・ミュージックに仕上がっています。英国アーティストのメンフィス詣でに先鞭をつけた名作です。

「このアルバムのDUSTY SPRINGFIELDの歌唱は、これまでにレコードとして記録されてきた中で最高のものの一つだ。」 --- ELVIS COSTELLO

ABBEY ROAD STUDIOSでのハーフ・スピード・マスタリング。





●THE KIDS ARE ALRIGHT (2LP) / THE WHO ザ・フー
輸入LP 4,104円(税込) (POLYDOR / 7768744)


60年代レア音源集と化した79年サントラ盤が重量盤2LPアナログ・リイシュー!

79年の同名ドキュメンタリー・フィルム「THE KIDS ARE ALRIGHT」のサウンドトラック盤。67年のTVコメディ・ショウ「THE SMOTHERS BROTHERS COMEDY HOUR」での"MY GENERATION"や"I CAN SEE FOR MILES"、ウッドストックでのパフォーマンスからの"SPARKS"、"PINBALL WIZARD"、"SEE ME, FEEL ME"ほか、「READY STEADY GO!」での"ANYWAY, ANYHOW, ANYWHERE"や、お蔵入りとなったSTONESの「ROCK AND ROLL CIRCUS」からの"A QUICK ONE, WHILE HE'S AWAY"などなど、貴重な60年代TV音源・ライヴ音源等々で構成されるファン必携盤です。

ユニオン・ジャックに包まれたロック史上に輝くアイコニックなフロント・カヴァー・イメージは、フォトグラファーART KANEによるLIFE MAGAZINE用の一枚で、68年4月5日NYCはMORNINGSIDE HEIGHTSのCARL SHURZ MONUMENTで撮られたFILLMORE EAST公演初日の一幕です。

ゲートフォールド・スリーヴ装。






●QUADROPHENIA (180G 2LP) / THE WHO ザ・フー
輸入LP 4,104円(税込) (POLYDOR / 7768750)


73年6THが重量盤2LPアナログ・リイシュー!

「私が最も誇りに思うTHE WHOのアルバム、それが『QUADROPHENIA (四重人格)』だ」
--- PETE TOWNSHEND

79年に「QUADROPHENIA (さらば青春の光)」として映画化されたことでも知られる本作は、ロック・オペラ『TOMMY』と並び称される傑作コンセプト・アルバム。

物語の舞台は60年代半ばのロンドン。メンバーそれぞれの人格を反映させたモッズ少年JIMMYの多重人格と精神的な葛藤を軸に展開され、それぞれの人格のテーマ・ソングも収録しています。

前作『WHO'S NEXT』で初めて導入したシンセサイザーをさらに多用したドラマティックな楽曲、秀逸なストーリー、脂の乗り切ったプレイ。全曲PETE TOWNSHENDの曲で占められた唯一のオリジナル・アルバムでもあります。2枚組の大作でありながら、全英、全米共に最高位2位を記録。

ゲートフォールド・スリーヴ装。





■80's~ROCK

●JAIME (LP/SANDSTONE VINYL) / BRITTANY HOWARD ブリタニー・ハワード
輸入LP 3,564円(税込) (COLUMBIA / 19075976371)


USアラバマ州アセンズ出身の4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、Alabama Shakesのリード・シンガー/ギタリスト=Brittany Howardが初のソロ・アルバム『Jaime』をリリース!現代ジャズ・シーンを牽引するRobert Glasper、凄腕ドラマーNate Smithが参加!

■限定カラー・ヴァイナル、180G重量盤、ダウンロードコード付き

米アラバマ州アセンズ出身の4人組バンド<アラバマ・シェイクス>のリード・シンガー/ギタリスト、ブリタニー・ハワード。2012年に発表されたアラバマ・シェイクスのデビュー・アルバム『ボーイズ&ガールズ』は、アデル等多くの有名人が絶賛! 第55回グラミー賞新人賞にノミネートされた。セカンド・アルバム『サウンド&カラー』(15)は全米1位、カナダ1位、全英6位となり第58回グラミー賞最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞含む全4部門を受賞した。

今回発売される初のソロ・アルバムのアルバム・タイトル『ジェイミー』は、ブリタニーの姉の名前。ブリタニーにピアノを弾く事や詩の書き方を教えてくれた姉ジェイミーは病気により10代でこの世を去った。「タイトルは姉を偲んでのもの。私をひとりの人間として形成してくれた人だから。」とブリタニーは語っている。アルバムからの第1弾シングル「ヒストリー・リピーツ」のジャケット写真は幼少時のブリタニーと姉の写真が使用されている。
「でも、アルバムの内容は姉についてではなく、自分についてのもの。私は自分自身のことや自分が何者であるか、何を信じているかについてかなり率直なの。だからこのアルバムは独りで作る必要があったの。」

新譜には以前から書きためていたものや書下ろし含め全11曲を収録している。「これほど自分をさらけ出すことは手ごわいものがあった。」とブリタニーは認めているが、現在30歳の彼女はこのまま50歳まで同じ曲を歌い続けてリタイアするのか、それとも怖いと思うものに挑戦するのか思いをめぐらしたという。アラバマ・シェイクスでの活躍により、音楽界きっての著名人の仲間入りをし愛すべきアイコンとしてオバマ政権時代のホワイト・ハウスからグラストンベリーのピラミッド・ステージ、ポール・マッカートニーに招かれ一緒に歌ったロラパルーザ等、あらゆる経験を重ねてきたブリタニー。

「私にオフの時間はない。自分は何かを作っている必要があるの。そうでないと何かヘンな感じがして、豊かな人間でいられない気がする。」とコメントしている。
バンド・メンバーにはアラバマ・シェイクスの盟友ベーシスト=ザック・コックレル、現代ジャズ・シーンを牽引するロバート・グラスパーと凄腕ドラマー=ネイト・スミスという最強メンバーが名を連ねる。トラック7「13thセンチュリー・メタル」は、グラスパーとスミスのスタジオでのジャム・セッションから誕生した曲なのだという。またトラック5にはノラ・ジョーンズやマデリン・ペルー、メイシオ・パーカーやジョン・スコフィールド等からの信頼が厚いキーボーディスト、ラリー・ゴールディングスが参加している。ミックスは『サウンド&カラー』でグラミー賞を受賞したショーン・エヴェレットが手掛けている。新作をひっさげてのツアーが8月17日から北米~ヨーロッパで行われる事が発表された。ブリタニーの魂の歌唱に心奪われる!






●SIGNAL (LP) / AUTOMATIC (POST PUNK)
輸入LP 2,484円(税込) (STONES THROW / LPSTH2410)


L.A.発3ピース・ポストパンク・ガールズバンドAUTOMATICのデビューアルバム!!

先んじてリリースされた7インチも話題となっている、 IZZY GLAUDINI (SYNTHS, VOCALS)、LOLA DOMPÉ (DRUMS, VOCALS)、そしてHALLE SAXON (BASS, VOCALS)から成るバンド、AUTOMATICの待望のデビューアルバム。 L.A.のDIYシーンで意気投合した3人は2017年に活動を開始し、わずか1~2年足らずでL.A.クラブ・サーキットで話題となり、STONES THROWと契約した現行ガールズバンドの注目株。

タフなベースラインと、スタイリッシュなアレンジが光る"CALLING IT"、よりプリミティヴに、ミニマルな魅力溢れるニューウェイヴ・ダンス"MIND YOUR OWN BUSINESS"などなど、KILLD BY DEATH的プリミティヴな70'Sパンクからの影響と、ニューウェイヴ / ポストパンクなフィーリング溢れるミニマルなファンクネス、現代的エクスペリメンタルな隠し味を効かせたバンド・サウンドが魅力的!



■SOUL/REGGAE

● GROOVE WITH YOU FEAT.LADY MIDNIGHT / BAIN
国内7" 1,620円(税込) (LOCOSOUL RECORDS / LSR004)


ソウル、ファンク、ジャズからロックまで幅広い音楽が交錯するアメリカ北部を代表する音楽都市ミネアポリスから、
「アトモスフェリックな最上級のオルタナティヴ・ソウルを鳴らす奇跡のユニット」と評される Bain(ベイン)

SADEやMaxwellを彷彿させるサウンドでR&B/Nu-Soulシーンに新風を巻き起こした彼らが今年2019年にリリースした最新アルバム「Around The Sun」のなかでも、ラジオなどでのエアプレイをはじめ、各著名DJたちのSNSなどでも話題となったアルバムのリードシングルを今回の7inchリリースのためだけにEDITしてリリース!!

今回EDITを担当したのは、国内外問わずDJとしてはもちろんのこと、多くのMix作品やRe-Edit、
さらに毎週月曜日生放送のAbema Mixを担当するなど、
世界中のグッドミュージックラバー達から絶大な支持を確固たるものとし、
現場の最前線で活躍するDJ KENTA [ZZ PRO]!!
氏のオフィシャルMIX作品などでも煌るEDITワークスの創造性が
スムースなディスコグルーヴにアコースティックなサウンドを兼ね備える「Groove With You」を
よりダンサブルに、そしてDJにとっては親和性の高いものに仕上げられている。

さらにカップリングには初のフィジカル化「Love Safe」のNicolay Remixを収録!!
こちらはR&B、ダウンテンポをベースとし、クロスオーバーでチルアウトな知る人ぞ知るハイブリッド・ソウル名曲
そんな逸曲をBAINとの親交も深くThe Foreign Exchangeとしてグラミーノミネートの経歴も持つ、オランダのプロデューサー、NicolayがRemix&EDIT!!







●GOVERNMENT MAN (ALT CUT) / CHRISTEL & GOLDMASTER ALL STARS
輸入7" 1,296円(税込) (PARTIAL RECORDS / PRTL7066)


ARI UPを髣髴とさせるCHRISTELのボーカルで人気の「GOVERNMENT MAN」の未発表VERSIONが7インチ化!リバイバルでオリジナル盤が高騰している人気曲ですが、オリジナル盤よりサウンドシステムで映えるキラーなダブワイズ・テイク。間違いないキラー・ルーツです。大推薦!



[13679]  [13678]  [13677]  [13631]  [13674]  [13676]  [13665]  [13673]  [13671]  [13670]  [13668
高価買取リスト
2020春版買取リスト続々完成!                                   
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC