ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました。店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております。

diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:990円~社員登用有り。  width=
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。      
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






BIBLIOPHILIC
BIBLIOPHILIC.JPG






ロック中古情報

お客様ご意見箱
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
21 22 23 24
27 28 29 30
バーコード
こちらのBLOGは携帯でもご覧頂けます。こちらのバーコードでアクセスして下さい。
JOHN LENNON & YOKO ONOの50周年記念で69年作がCDリイシュー!

●JOHN LENNON & YOKO ONO  / WEDDING ALBUM (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (SECRETLY CANADIAN / SC291 / 0656605029122)
50周年記念で69年作がCDリイシュー!

YOKO ONO復刻プロジェクト第3弾となる本作は、JOHNとYOKOの結婚50周年を祝う『WEDDING ALBUM』。

69年発表、JOHN LENNON & YOKO ONO名義の前衛音楽第3弾でもある今作は、69年3月20日に英国領ジブラルタルで結婚した2人の結婚とその当時の模様を収めたプライヴェート・ドキュメンタリー作品。"JOHN & YOKO"は2人がただひたすらに互いの名前を呼び合い、"AMSTERDAM"は69年3月23日から3月31日までオランダのアムステルダムのホテルで行われた「BED-IN」イベントの模様の記者会見と即興での演奏を収録。

フォトグラフ、「結婚証明書」のレプリカ、JOHNとYOKOそれぞれのドローイング、ウエディング・ケーキのスライス写真等が付属。





★クイーンが1978年~1979年に行ったの日本公演と来日直前に行ったパリ公演の音源が遂にCD化!!

●クイーン / LIVE IN PARIS & TOKYO '79 国内CD 3,240円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10117/118 / 4997184101189)
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的なヒットにより、改めてクイーンというロック・バンドの偉大さが再確認されている。そんなクイーンが1978年~1979年に行ったの日本公演と来日直前に行ったパリ公演の音源が遂にCD化!!

DISC1のパリ公演は地元のテレビ局QTVのスペシャル番組として収録されたもので当日はアンコールを含めて全30曲演奏され、メンバー自身の選曲により14曲が放送される。今回、オリジナル・マスターにリマスターが施されて遂に陽の目をみることとなる。そして、DISC2はこのツアーの最後を飾ると同時に彼等にとって三度目の来日公演となる中で東京・日本武道館でのコンサートはNHKのスペシャル番組として収録されたもので当日はアンコールを含めて23曲演奏され、メンバー自身の選曲による10曲が放送される。この時点でバンドはワールド・ワイドの成功を収めているだけに貫禄のライヴ・パフォーマンスを披露する。親日家であったクイーンが5THアルバム『華麗なるレース』に収録している「手をとりあって」をも収録している。どちらも放送終了後にマスターはお蔵入りとなる。また、どちらも当時のクイーンのライヴ・パフォーマンスのアーカイヴとしては貴重なものである。

輸入盤国内仕様<帯、英語ブックレットの対訳付き>





★ヴァン・モリソンの97年26THがデラックス・エディション3CDリイシュー!

●VAN MORRISON / THE HEALING GAME (DELUXE EDITION 3CD) 輸入CD 3,456円(税込) (LEGACY / 88985428402 / 0889854284022)
90年代のVAN MORRISONを代表する名盤。メインストリームでの成功を得たロマンティックなバラッド製作から離れ、今一度その初期に触発されたジャズやリズム&ブルースへと回帰した作品となっており、バンドには名サキソフォニストPEE WEE ELLISやオルガニストGEORGIE FAME、ベーシストALEC DANKWORTHら豪華布陣を据えています。タイトル・トラック"THE HEALING GAME"は、本作のヴァージョンとは別にJOHN LEE HOOKERの同年作『DON'T LOOK BACK』にMORRISONがプロデュース/ヴォーカル/ギター参加した共演ヴァージョンも録音。"PIPER AT THE GATES OF DAWN"にはCHIEFTAINSのPADDY MOLONEYがゲスト参加。

「私は、今では失われてしまった口承の伝統というものがあると考えている。"THE HEALING GAME"は、人々が街角で歌っていた時代についての曲なのさ」

未発表音源を多数収録した3枚組デラックス・エディション。

1997年3月に発表されたオリジナル・トラック10曲に加え、5曲のシングルやコンピレーション楽曲をボーナス追加したDISC 1、

"THE HEALING GAME"のジャズ・ヴァージョンや"SOMETIMES WE CRY"のフルレングス・ヴァージョン、ジャズ・スタンダード"A KISS TO BUILD A DREAM ON"カヴァーなど同時代のレア音源や未発表セッションに、CARL PERKINSやLONNIE DONEGAN、JOHN LEE HOOKERらとのコラボレーション音源を収録したDISC 2、

アルバム楽曲やRAY CHARLESにSLY STONEカヴァーなどを披露する1997年7月17日のモントルーでの貴重ステージを収めたDISC 3と、うち24曲は未発表パフォーマンスというファン垂涎の3枚組に仕上がっています。





★ジミヘンの伝説のセッションのマスター・テープが発掘!



●JIMI HENDRIX FEATURING JOHN MCLAUGHLIN / SUPER SESSION IN NY 1969 国内CD 3,240円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10128/129 / 4997184101226)
ロック・シーンに革命を起こしたスーパー・ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの伝説のセッションのオリジナル・マスター・テープを発見!セッションの全貌を知ることが出来るアルバムが遂にリリース!!

ジミ・ヘンドリックスと親交があったマイルス・デイビスの紹介により、当時マイルス・バンドのギタリストであった新進ジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリンはジミ・ヘンドリックスとニューヨークの名門スタジオ<レコード・プラント>で1969年3月25日深夜に6時間に渡るセッションを繰り広げる。その後、このセッションの模様はアルバム化が検討されるがお蔵入りとなり現在に至る。二人のギタリストの鬼気迫るギター・バトルの模様は単なるジャム・セッションの範疇を超え、エモーショナルな音楽を創造する。また、同年5月にジミ・ヘンドリックスが白人ブルース・ギタリストの雄、ジョニー・ウインターと繰り広げたセッションの模様を収録したボーナス・トラックも追加収録されている。

輸入盤国内仕様<帯、英語ブックレットの対訳付き> 

DISC2 T.4-9:RECORD PLANT, NYC MAY 7TH 1969 WITH JOHNNY WINTER (BONUS TRACKS)




★ヤー・ヤー・ヤーズとデンジャー・マウスによるデュオのアルバム第1弾!

●KAREN O & DANGER MOUSE / LUX PRIMA 輸入CD 1,728円(税込) (BMG / 5053844627 / 4050538446272)
ヤー・ヤー・ヤーズのカレン0とデンジャー・マウスが新たにデュオを結成!話題のニュー・プロジェクトからの待望の第1弾アルバムは、9分にも亘る壮大な長編作をフィーチャーした『LUX PRIMA』。無限大のスケール感を持つコラボレーションが今、その幕を上げる! 
■ ヤー・ヤー・ヤーズのフロントウーマン、カレン0とデンジャー・マウスが新たにデュオを結成!昨年から大きな話題を呼んでいるこのニュー・プロジェクトから待望の第1弾アルバムが登場した!昨年末、第1弾となるシングル「LUX PRIMA」を発表した二人だが、そのコラボレーションによるフル・アルバムがいよいよその全貌を現す! 
■ 「『Lux Prima』はアルバムの為に最初に作った曲だったの」カレンOはシングルについてそう語り、さらに続ける。「この20年間音楽を作り続けて、今度新たにデンジャー・マウスとこのアルバムを作ろうとしたとき、分かっていたことが2つあったの。1つは、私たちのコラボレーションが純粋なものになるだろうってこと。二つ目は、長くやればやるほど、はっきりしないものが増えていくということ。不明瞭な所から作り始めたら、今までよりもずっと広く、遠いところへ辿り着けるようになった。私たち二人とも、今まで辿り着けなかったところに行けるのを、すごくエキサイティングだと思ったの」 
■ 一方のデンジャー・マウスはこう語っている。「『Lux Prima』で俺たちが探し求めていたのは、サウンドよりも場所だった。俺たち二人にとって、初めての共通した目的地だったら、時間をかけて目指そうと思ったんだ。曲もまた、ある種の旅みたいなものだけど、全てのパーツが互いを必要としていると感じたんだ。自分たちにとってのある意味、青写真みたいなものになった。アルバムの曲は、敢えて別々に作った。その過程でたくさん自分に問いかけながらね。答えはあまり見つからなかったけど、質問についてより深く理解することができたよ」 
■ 浮遊感のあるメランコリックなタイトル・トラック「LUX PRIMA」は9分もある壮大な長編作。曲の展開はプログレッシヴ的でもあり、アンビエント的でもある。カレンOとデンジャー・マウスによるコラボレーションの無限大なスケールを感じさせる。続けてリリースされた「Woman」は、躍動感のあるポップ・ナンバー。「『Woman』は、スタジオにいた時、突然閃いた曲。一緒にやり始めた頃、私はあまり頭の良くない言葉をぶつぶつ並べていて、デンジャー・マウスと私は”ああ!さっきのはすごかった。ところで私、さっきまで何を繰り返してたっけ?”という感じだったの。選挙の後で、落ち着かない雰囲気が漂っていた。大丈夫、上手くいくっていう自信を持てないおびえた子供のように感じていた人がたくさんいた。共感してもらえる曲を作りたいと思っているけど、特にこれは、自分の中にいる子供に向けて書いているような気がしたの、周りのいじめっ子たちに、ふざけんなって言うためにね。大人の女になったは私は、どんなことがあってもこの内なる女の子を守るわ」 
■ ヤー・ヤー・ヤーズのフロントウーマン、カレン0と売れっ子プロデューサーのデンジャー・マウス。無限大のスケール感を持つコラボレーションが今、その幕を上げる! 
<メーカーインフォより> 




★オーストラリアの最注目SSW、STELLA DONNELLYがデビュー・アルバム『BEWARE OF THE DOGS』をリリース!

●STELLA DONNELLY / BEWARE OF THE DOGS 輸入CD 1,782円(税込) (SECRETLY CANADIAN / SC372 / 0656605037226)
FUJI ROCK FESTIVAL '19で初来日公演も決定!オーストラリアの最注目SSW、STELLA DONNELLYがデビュー・アルバム『BEWARE OF THE DOGS』をリリース!

2018年にアナログ盤化されたデビューEP『THRUSH METAL』(超良ジャケ!)もロングセラーとなっているSTELLA DONNELLYの待望のデビュー・アルバム!より磨きのかかったソングライティングと表現力を増した歌声、飾り気のないシンプルなアレンジがメロディーの良さを引き立たせています!




★新世代ブルーグラスのスター! 2019年新作1STアルバムがCDリリース!


●MOLLY TUTTLE / WHEN YOU'RE READY (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (COMPASS / COMP4727.2 / 0766397472720)
新世代ブルーグラスのスター! 2019年新作1STアルバムがCDリリース!

1993年生まれ。サンフランシスコのベイエリアで育ち8歳でギターを習得、11歳でマルチ・インストルメンタリストの父JACK TUTTLEとともにステージに立ち、15歳でファミリー・バンドTHE TUTTLES WITH AJ LEEに加入。2017年には弱冠24歳にして女性初のIBMA (国際ブルーグラス音楽協会/INTERNATIONAL BLUEGRASS MUSIC ASSOCIATION)の「ギター・プレイヤー・オブ・ジ・イヤー」を受賞した若き才能MOLLY TUTTLE。

フラットピッキングにクロウハンマー、クロスピッキング等々を駆使するすでにギターの名手の、2017年デビュー・ソロ・ミニ・アルバムに続く自身名義初のフル・レングス・アルバムが登場。ルックスそのままのキュートなヴォーカルとジャケットに現れた美しさに、もちろん素晴らしいギター・プレイを存分に味わえる 全てオリジナルによる全11曲を収録しています。マンドリニストSIERRA HULL、アメリカーナ・シンガー・ソングライターJASON ISBELLらがゲスト参加。AVETT BROTHERS、LUMINEERSやDIXIE CHICKS等を手がけるカントリー/オルタナ名手RYAN HEWITTのプロデュース。




★90年代からUSインディシーンで活躍してきたSSW/ホイッスラーAndrew BirdのLoma Vista2作目のアルバムが登場!

●ANDREW BIRD / MY FINEST WORK YET 輸入CD 2,160円(税込) (CONCORD / 7208206 / 0888072082069)
90年代からアメリカのインディ・ロック・シーンで活躍してきたシンガーソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト/ホイッスラーAndrew BirdのLoma Vista2作目のアルバムが登場。 
LAのベアフット・スタジオでライヴ録音、ポール・バトラー、アンドリュー・バードがプロデュース。ピアノ・サウンドも強く、多くの曲のメロディは60年代のゴスペル/ジャズ/ソウル・フィールなテイスト。なんとも郷愁を誘う口笛イントロのシングル「Sisyphus」がヨーロッパ、アメリカでヒット中! MVも公開中! https://www.youtube.com/watch?v=zug1B8DSkWw 
<メーカーインフォより> 




★ジェニー・ルイス約3年振りとなる超待望の新作アルバム!

●JENNY LEWIS / ON THE LINE 輸入CD 1,620円(税込) (WARNER BROS / 9362490145 / 0093624901457)
レインボー・スーツを脱ぎ捨てた彼女は、妖艶なドレスで何を歌う? 
もはやライロ・カイリーのフロントウーマンという肩書は不要。ジェニー・ルイス約3年振りとなる超待望の新作アルバムは、ベックにライアン・アダムス、リンゴ・スター、ベンモント・テンチ、ドン・ウォズにジム・ケルトナーなど、錚々たる面々をバックに従えて完成させた、ドリーミーでアンニュイ、そしてほろ苦くノスタルジックな『ON THE LINE』! 
■ もはやライロ・カイリーのフロントウーマンという肩書は不要。ソロ・アーティストとして着実にキャリアを積み重ねているシンガー・ソングライター、ジェニー・ルイスの新作アルバムが到着した。前作『THE VOYAGER』から約3年となる通算4作目の最新作『ON THE LINE』で彼女は、レインボー・カラーのスーツを脱ぎ捨て、妖艶なドレスに身を包むのである。 
■ アルバムに収録されている11曲は全て、ジェニー・ルイスの手によるもの。ハリウッドにある歴史的なスタジオ、ボブ・ディランからニール・ヤング、グリーン・デイやジョン・メイヤーなども使用したキャピトル・スタジオのスタジオBでレコーディングされた本作では、ベックにライアン・アダムス、リンゴ・スター、さらにはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのベンモント・テンチ、ドン・ウォズ、そしてジム・ケルトナーなど、錚々たる面々が彼女のバックを務めている。ちなみに、ジェニー・ルイスは、ベックのカラーズ・ツアーのオープニングを務めており、昨年秋のレッド・ロックス・アンフィシアターの公演では一緒にニール・ヤングのハーヴェスト・ムーンも共演している。 
■ 先行シングルとしてリリースされたのは、「Red Bull And Hennessy」。どことなく80年代のフリートウッド・マックを彷彿させるドリーミーなロック・ナンバーである。先日パンチ・ブラザースのクリス・シーリーが司会を務める音楽番組「LIVE FROM HERE」で、彼女はこの曲をディラン・デイやマイク・エリゾンド、クリス・エルドリッジなど豪華なメンバーを含むバック・バンドと共に披露し、番組を大いに盛り上げたばかりである。 
■ 昨年からチラチラと新作アルバムの情報を小出しにしているジェニー・ルイスだが、残念ながら現時点で明らかになっている情報は決して多くはない。ただ前作『VOYAGER』のプロデュースを手掛け、今作にも参加しているライアン・アダムスが、Zane Loweとのインタビューの中で、アルバムに収録されている楽曲の初期ヴァージョンを聞いた時の感想を次のように語っている。 
「信じられない出来だよ。もう一つ上のレベルに行っているって感じだね。ジェニー・ルイスのファンだったら、彼女が(ボブ・ディランの)『ブロンド・オン・ブロンド』みたいな作品を作ったらどうなるか想像してみたらいい。すごく細やかなんだ。一つ上のレベルなんだよ、まったくもってクレイジーだね」 
■ アルバムの発売に合わせた全米ツアーも発表しているジェニー・ルイス。6月にはデス・キャブ・フォー・キューティーとの日程も含まれている。前作時ではFUJI ROCK FESTIVALにも出演を果たしたジェニー・ルイスだけに、日本公演の実現も望まれるところだ。 
■ ジェニー・ルイスが奏でるドリーミーでアンニュイなノスタルジック・サウンド。Pitchforkをはじめ、多くのメディアから”2019年期待のアルバム”として待ち望まれている1枚が遂にその全貌を現す! 
<メーカーインフォより> 




★2019年要注目のインディー・ロック・バンド、WALLOWSのデビュー・アルバム!

●WALLOWS / NOTHING HAPPENS 輸入CD 1,620円(税込) (ATLANTIC / 7567865401 / 0075678654015)
2019年要注目のインディー・ロック・バンド、WALLOWS(ワロウズ)。 
青春のどうしようもない混乱や、混沌とした、それでいて扱いにくい、もてあましそうになるほどのエモーションをキャッチーなメロディーとギターに閉じ込めた待望のデビュー・アルバム『NOTHING HAPPENS』登場! 
■ 2019年要注目のインディー・ロック・バンド、WALLOWS(ワロウズ)。サウス・カリフォルニア出身の彼らは、昨年チェックすべきアーティストの一組として話題を集めてきたが、待ちに待ったフル・アルバムを3月にリリースすることを発表した。 
■ Braeden Lemasters(ギター/ヴォーカル)、Cole Preston(ドラムス)、そしてDylan Minnette(ギター/ヴォーカル)からなるトリオ編成のWALLOWS。サン・フェルナンドの音楽プログラム”JOIN THE BAND"をきっかけにバンドを結成した彼らは、10代のほとんどをライヴとソングライティングの実力と業を磨くことに費やしていたという。Cole曰く彼らは「サンセット・ストリップで育ったようなもので」、何と10代でWhiskey-A-Go Goのステージにも立っていたという。 
■ そして2017年。まだバンド名もはっきり決めてないままに(当然レーベルもマネージメントにも所属していなかった)4曲のシングルをリリースした彼らだったが、やがてWALLOWSと名乗るようになるが、その年リリースしたキャッチ―なナンバー「Pleaser」が、SpotifyのGlobal Viralチャートの2位に躍り出て、注目を集めるようになる。それを切っ掛けに彼らはATLANTICとの契約を手にし、2018年4月デビューEP『SPRING』をリリース。米Billboardのアナログ・アルバム・チャートで15位を獲得したほか、TIMEやStereogumといった米メディアから高い評価を受けた。またEPからのシングル「Picture Of Girls」は、アメリカのオルタナティヴ・スペシャリティ・チャートでも好調な動きを見せ、2018年の年間チャートの4位を獲得したほか、米音楽情報ブログ、IDOLATORでも2018年ベスト・シングル100の1枚に選ばれている。またそのヒットもあってか、彼らは全米人気TV番組「The Late Late Show with James Corden」にパフォーマンス・ゲストとして出演を果たす。同時にライヴ・バンドとしても、ロラパルーザやオースティン・シティ・リミッツなどに出演、経験と実力を積んでいくのであった。 
■ まさに満を持してのリリースとなるニュー・アルバム『NOTHING HAPPENS』。ロサンゼルスのサージャント・スタジオで、プロデューサーにSt.Vincentなどを手掛けたJohn Congletonを迎えてレコーディングされた本作は、スパイク・ジョーンズの映画からビートルズの最も狂騒的な要素、ベッドルーム・ポップにローファイなHIPHOP、そして70年代のポスト・パンクまで、彼らが受けてきたありとあらゆる影響があちこちに覗く、次に何が出てくるか全く予想がつかない、しかしどこか懐かしく、心の深い所で共感できるような1枚である。どこか混沌とした、とっちらかった印象を受けるのは、このアルバムが、今20代前半となったメンバーが自らを振り返り、“青春のどうしようもない混乱や、混沌とした、それでいて扱いにくい、もてあましそうになるほどのエモーション”を捉えているからである。そう、『NOTHING HAPPENS』には、成長することへのメランコリーと、前へ進むことへの慎重な決意が危ういバランスをとっている1枚なのだ。 
■ アルバムからの先行シングルとしてリリースされている「Are You Bored Yet」は、シンガー・ソングライターのClairoをフィーチャーした1曲。どうしようかと揺れ動く、ティーンの恋愛あるあるな迷いを捉えたこの曲では、女性シンガーソングライターのClairoがゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーされている。またレトロなカラオケ・バーを舞台にしたDrew Kirsch監督のミュージック・ビデオには、俳優のNoah CentineoやVampire Weekendのツアー・メンバーでもあるBrian Jonesがカメオ出演している。この他にもJoy Divisionのベース・ラインを中心としたミニマリズムにインスピレーションを受けたという「Remember When」や、ギターのリフとピアノが叩き付けるようなリズムとともに混沌とした高揚感を作り上げていく「Treacherous Doctor」、そして浮遊感のある、スローで壮大なラスト・ナンバー「Do Not Wait」まで、ほろ苦く、甘酸っぱい、そしてやるせなくも、どうしようもなく浮かれ騒いでいた青春の光と影を描いた楽曲たちが本作には収録されている。 
■ 「俺たちが14歳の頃から言ってことの一つに、自分たちにとって重要なバンドのアルバムに自分たちがぶっ飛ばされたように、俺たちも聴いた人をそんな気持ちにさせるアルバムを作りたいってことがある」そう語るのはCole。「大きくなる間、自分たちのデビュー・アルバムについて何度も話していたんだけど、このアルバムは一緒にやってきた自分たちの最高に率直な宣言だと思う」Dylanはそう付け加え、さらに続ける。「聴いた人が、自分たちのそんな想いを感じたり、曲に自分なりの意味を見つけ出してくれたらすごくいいなと思う。さらに、自分でも何か作りたいと思うようになってくれればね」 
■ 自分たちが音楽から受けたインスピレーションを聴いた人にも伝えたい――そう願うWALLOWSのほろ苦く、甘酸っぱい"青春インディー・ロック・アルバム”『NOTHING HAPPENS』の完成である。 
<メーカーインフォより> 




★アメリカはニュージャーシー州モントクレアのインディ・ロック・バンド、PINEGROVEが2NDアルバムをリリース!

●PINEGROVE / SKYLIGHT 輸入CD 2,052円(税込) (PINEGROVE / PG1111 / 0843563111031)
2016年「CARDINAL」でデビューし、世界中のインディ・ロック・ファンを魅了したPINEGOROVE。アメリカン・フォークやカントリーからの影響を感じさせつつも、エモ寄りなボーカルや幅広いメロディセンスで耳に馴染むインディ・ロックとなっている。




★カート・コバーンにも影響を与えたグランジロックのカリスマ、ミート・パペッツが15枚目のアルバムをリリース!

●MEAT PUPPETS / DUSTY NOTES 輸入CD 2,592円(税込) (MEGAFORCE / ME7496.2 / 0020286227496)
USオルタナ、グランジロックの最狂カリスマ!カート・コバーンにも多大な影響を与えた、USアンダーグラウンド・シーンを代表するバンド、ミート・パペッツの15枚目となる最新アルバムが完成!
80年代からグランジロックの先駆者として活躍し、今もなお精力的にアルバムを出し続けているミート・パペッツ。時代に流されずホンモノのかっこよさを研ぎ澄ませた音!




★女流電子音楽家、ローリー・シュピーゲルの2ND!

●LAURIE SPIEGEL / UNSEEN WORLDS (CD) 輸入CD 1,728円(税込) (UNSEEN WORLDS / UW022CD / 0766008587775)
スザンヌ・チアーニ、ドリス・ノートンらに並ぶ女流電子音楽家、ローリー・シュピーゲルの2NDフル・アルバムがCD再発!!
アップル・コンピュータのソフトウェア開発にも携わり、MORGAN FISHERの伝説コンピシリーズ「MINIATURES」にもピックアップされた初期コンピューター・ミュージック女流作家代表格LAURIE SPIEGEL。デビュー・アルバム『THE EXPANDING UNIVERSE』から10年後の1991年にリリースされた2NDフル・アルバム。

シュピーゲル自身がMACINTOSH 512Kを駆使して生み出したコンピューター・プログラム「MUSIC MOUSE - INTELLIGENT INSTRUMENT」による作品。1991年のリリース時にレーベルが消滅し、入手困難となっていたレア・アルバムが本作よりレーベル名を取った米レーベルUNSEEN WORLDSより満を持しての再発となります。瞑想的でディープな音像が聴く者の心を震わせる、ミニマル音響ドローン実験作品の重要盤!




★ユニークな電子サウンドが魅力です!CODEKの4曲入りが12"で登場!

●CODEK / TAM TAM REMIXES 輸入12" 1,836円(税込) (DARK ENTRIES / DE245 / 0794811514916)
コズミックでエスニック、トライバルでファンキー、そしてバレアリックな無敵感! 鉄板タッグDANIELE BALDELLIとMARCO DIONIGIによるアフロ・コズミック・クラシック『TAM TAM』のREMIX12インチ!!

単なる80'Sニューウェイヴ発掘レーベルに収まらず近年のアシッドなエレクトロ~テクノそしてイタロ・ディスコなどなど、他のレーベルとは一線を画リリースを展開するから、あのDANIELE BALDELLIや、BEPPE LODAを筆頭に多くのコズミックDJを虜にしたアフロ・コズミック・クラシック『TAM TAM』のREMIX12インチが登場! 

鉄板タッグDANIELE BALDELLIとMARCO DIONIGI、そしてJUSTIN STRAUSS、BRYAN METTEによるWHATEVER/WHATEVER が手がけた4トラックを収録。コズミックでエスニック、トライバルでファンキーなAサイド、そしてバレアリックなアプローチが光るWHATEVER/WHATEVERサイドのB面と全編に漂う無敵感にぶっ飛ばされます! ニューウェイヴ~ティスコ~エレクトロ~イタロ・ディスコ、テクノ、全てのダンス・ミュージック・フリークは絶対マストのREMIXに仕上がっています。大推薦!!





★ホーク・ウィンドの黄金期を支えたサックス奏者、NIK TURNERの'19年作!

●NIK TURNER / THE FINAL FRONTIER 輸入CD 2,160円(税込) (PURPLE PYRAMID / CLOCD1195 / 0889466119521)
現在もTHE SPACE RITUALや各種プロジェクトで活発に活動を続けるHAWKWINDの黄金期を支えた名サックス奏者、'19年作がデジパック仕様で登場!
自身のエフェクト全開なサックスを軸に相も変らぬ狂乱な世界観を展開していく、過去作同様の宇宙をコンセプトとしたサイケデリック/スペース・ロック作品。スイス産プログレッシヴ・ロック・バンドBRAINTICKETの現メンバーのNicky Garratt(g)、Jason Willer(dr)、Kephera Moon、Bryce Shelton、そしてDieter Moebiusとの共演作などをリリースしているJürgen Engler、HAWKWIND時代からの盟友Simon Houseを迎え制作。
電子音/エフェクトを多く取り入れながらも音作りはこれまでとあまり変えずに、スロー/ミドルでスペイシーなテンポでリスナーをトバしてくれるサイケデリック感覚を備える。近年過去作同様にBRAINTICKETメンバーが参加し、宇宙感覚/異国情緒が一杯に溢れているアルバムに仕上がっています。




★オリジナル盤は超希少!bbara howardの唯一作にしてメガレア盤がCDリイシュー!

●BARBARA HOWARD / ON THE RISE(CD) 輸入CD 2,052円(税込) (REMINED / RMND12002CD / 0674862654062)
COLEMINEレーベル系列のREMINED RECORDSから激レア盤のリイシュー・インフォメーションが届きました!

オリジナルは500枚のみという極少プレスのメガレア盤。オハイオ・ベースのシンガーBARBARA HOWARDが残した唯一のアルバム『ON THE RISE』が世界初リイシュー!アレサのカヴァー「Oh Me Oh My」など、じっくり切々と歌い上げた好曲が多数収録!




★プリンスの『パープル・レイン』、『グラフィティ・ブリッジ』期のライブが登場!


●プリンス / ライブ・イン・ニューヨーク 1985 (3CD) 国内CD 4,320円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10119 / 4997184101196)
今年で3周忌を迎えるプリンスは今なおミュージック・シーンに於いて熱烈なリスペクトされているカリスマ・ミュージシャンの一人である。そんなプリンスのメガ・ヒット・アルバム『パープル・レイン』リリース後、1984~1985年に行ったの中、1985年3月30日ニューヨーク州シラキューズで行ったコンサートの模様を収録したライヴ・アルバムが登場!

この日はプリンスにとって初の映像作品とヨーロッパのテレビ局の番組用として収録される。前者は1985年秋にリリース、後者も1985年6月に放送されるがオーディオ・マスターはプロダクツ化されなかった。今回テレビ放送用のオリジナル・マスターにリマスターが施され陽の目を見ることとなる。コンサートはアンコールを含めて全20曲演奏されるがテレビ番組用として17曲が放送され、オーヴァーダビング等が行われていないだけにプリンスのライヴ・パフォーマーとしての真の実力を知らしめるものである。ボーナス・ディスクとして1981年にリリースした4thアルバム『戦慄の貴公子』リリース直後に1月30日にニュージャージー州パサイクで行ったコンサートの模様を完全収録した貴重なアーカイヴが追加付属されており、初期のプリンスのライヴ・パフォーマンスを知ることが出来る。

■輸入盤国内仕様 (帯、英語ブックレットの対訳付き)(メーカーインフォメーションより)


●プリンス / アライブ・ザ・ライブ (2CD) 国内CD 3,132円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10122 / 4997184101349)
今年で3周忌を迎えるプリンスは今なおミュージック・シーンに於いて熱烈なリスペクトされているカリスマ・ミュージシャンの一人である。そんなプリンスがメガ・ヒット・アルバム『パープル・レイン』の続編としてリリースした『グラフィティ・ブリッジ』リリース後に行った大規模なワールド・ツアーの中で7月22日スペインのマドリードで行ったコンサートの模様を完全収録したライヴ・アルバムが登場!

このツアーでプリンスはライヴ・アルバム用の素材として各地のコンサートをライヴ収録しており、マドリード公演も同様に収録されるが地元のラジオ局で放送以外には使用されることはなかった。今回、オリジナル・オーディオ・マスターにリマスターが施され遂に陽の目を見ることとなり、ファンにとっては貴重なアーカイヴである。ボーナス・トラックとして1991年1月18日の<ロック・イン・リオ>出演時のパフォーマンスを7曲収録している。

■輸入盤国内仕様 (帯、英語ブックレットの対訳付き)(メーカーインフォメーションより)







ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。


TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[13060]  [13059]  [13024]  [13026]  [13054]  [13053]  [13050]  [13052]  [13047]  [13049]  [13048
高価買取リスト
           &nbsp
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC