ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:1,020円~社員登用有り。  width=
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

買取のお問い合わせはこちら
電話で買取申込
03-3295-1461へ
メールで梱包キット依頼
無料で梱包キットお送りします
メールで集荷依頼
お荷物の集荷をいたします
メールで問合せ
do1@diskunion.co.jp へ
メルマガ登録
店舗受取サービス
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
12 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ロック中古情報

book union
bookunion_sq_c.jpg






★リシャール・ピナスの82年作が2019リマスター/デジパック仕様でリイシュー!!

●RICHARD PINHAS / L'ETHIQUE 輸入CD 2,268円(税込) (BUREAU B / BB293CD / 4015698023381)
現在もソロ/各種プロジェクトで精力的に活動を続ける仏出身のg/electronics奏者、英PULSEから発表された'82年作が独BUREAU Bから2019リマスター/デジパック仕様で'18年再発!!
今作発表後10年ほどアルバムリリースせず、音楽活動を一時停止することになった活動初期のラスト作品。
フランス名Progressive RockバンドMAGMA関連の人脈であるClément Bailly(dr),Bernard Paganotti(b)、2人のシンセ奏者Patrick Gauthier, Jean-Philippe Goudeを招き制作。ダンサブルなトラック'L'Ethique (Part 1)'に始まり、KING CRIMSONの影響とみられる音作りの'Belfast'や'Dedicated To K.C.'などを合間に配置しつつアルバム通してタイトル組曲が入れ込む構成。今作の発表により一先ず音楽で表現したいことはやりきったという想いと共にPinhasが一旦音楽活動から離れることとなる転機の一枚。
多様な展開を持ちつつ、活動後期とは明らかに違う初期の空気を含んでいる作品です。




★マニア人気の高いクラウト・ロック異端児GUNTER SCHICKERTの 19年作!

●GUNTER SCHICKERT / NACHTFALTER 輸入CD 2,268円(税込) (BUREAU B / BB306CD / 4015698024159)
凄烈エコー・ギターと生々しいドラムによる胸を打つミニマル・サウンド!!
マニア人気の高いクラウト・ロック異端児 '19年作登場!
※価格は予定価格です。海外レートにより変更なる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
芸術家としての活動と平行して断続的にユニークな作品を発表している独自のExperimental/Minmalサウンドでカルト的人気を誇る独出身の前衛音楽家、'19年作が登場!!
'18年の夏に録音された得意の強烈なエコー・ギターが冴える7曲が収録された作品。ベルリン出身の彼が子供の時分から聞いていたというバスや路面電車のエンジン音に発想を得たという生々しいドラム・アタックとエコーで煌びやかなギター・サウンドはロックの音でありつつミニマルの感覚に陥る作品。
アルバム・タイトルNACHTFALTER は'蛾'の意味で、アルバム・ジャケットも蛾の写真、これはSchickertが本作を録音中に部屋に入ってきて、気づいたときには床に倒れて死んでいた蛾の写真をSchickertが撮ったもの。Schickert曰く本作はこの'蛾'へのトリビュート作。
JA, PANIKとしての活動やDieter Moebiusの作品への参加で知られるAndreas Spechtl(dr)が参加。




★70’sエクスペリメンタル・フレンチ・カルト・ディスコ貴重盤! ヤン・トレガーの2タイトルがボーナス追加でリイシュー!

●ヤン・トレガー / キャッチー 国内CD 2,376円(税込) (ウルトラヴァイヴ / BBEACDJ474 / 4526180463788)
●YAN TREGGER / CATCHY(CD) 輸入CD 2,160円(税込) (BBE / BBE474ACD / 0730003147425)
70’sエクスペリメンタル・フレンチ・カルト・ディスコ貴重盤リイシュー !
シカゴでレコード・ショップ「ミスター・ピーボーイ」を運営するマーク・グルセインによる『The Real Sound of Mark Grusane』でも今作収録曲「Rif On」のエディットがピックアップされるなど、コレクターのトップ・ウォンテッドとなっていた激レア・ライブラリー作品 !

UKのディスコ・マエストロ、フランキー・ヴァレンタインのキュレーションにより、70 年代から ( 傘下に 、 など ) などに多数のライブラリー作品を残してきたヤン・トレガーのウォンテッドLPが2タイトル同時リイシュー !

こちらは78年オリジナル・リリースの『Catchy』。まさに、ブート盤も出回ったアーパデイズ(Arpadys)、セローン (Cerrone) らと肩を並べ、再評価されたフレンチ・ディスコ金字塔 ! といったところ ! ピアノ・リフに悶絶するタイトル・トラック「Catchy」、ピアノのメロディのテーマが相当にグルーヴィな「Sunny Wing」、コミカルでスペイシーなシンセ、リズミカルなカッティング、咽び泣くギター・ソロで攻め立てるコズミック・ファンク「Lyric Soul」他、さらに ! シネマティックなホーン・セクションで煽るボーナス・トラック「At The Feet」も追加収録 ! お早めに !


●ヤン・トレガー / ダックス・アンド・ドレイクス 国内CD 2,376円(税込) (ウルトラヴァイヴ / BBEACDJ477 / 4526180463795)
●YAN TREGGER / DUCKS & DRAKES(CD) 輸入CD 2,160円(税込) (BBE / BBE477ACD / 0730003147722)
70’sエクスペリメンタル・フレンチ・カルト・ディスコ貴重盤リイシュー !
遡ること10年前、アレクシス・ルタン (Alexis Le-Tan)がセレクト、ヨーロピアン・レア・コズミックを紹介した『Space Oddities』(2008年)にて今作収録曲「Girls Will Be Girls」がピックアップされ、評価が決定的なモノとなった激レア・ライブラリー/インスト・ディスコ作品 !

UKのディスコ・マエストロ、フランキー・ヴァレンタインのキュレーションにより、70 年代から ( 傘下に 、など ) などに多数のライブラリー作品を残してきたヤン・トレガーのウォンテッドLPが2タイトル同時リイシュー !

こちらは79年オリジナル・リリースの『DUCKS & DRAKES』。まさに、ブート盤も出回ったアーパデイズ (Arpadys)、セローン (Cerrone) らと肩を並べ、再評価されたフレンチ・ディスコ金字塔 ! といったところ ! 驚くなかれ、全楽器をヤン・トレガー一人で演奏し録音 (しかもこの時代に !)!!『Space Oddities』に取り上げられた「Girls Will Be Girls」は、パーカッションも被さるリズム・ワークの上でエレピとギターが競うように盛り上げる、時代を感じさせないキラー・チューン ! ボーナス・トラック「Huf」も追加収録 ! お早めに !




★特典付き♪原点回帰による最強のドリーム・シアター帰還!2CDリミテッド・エディションと通常盤の2種で登場!

●ドリーム・シアター / ディスタンス・オーヴァー・タイム(リミテッド・エディション)  国内BLU-SPEC CD2 3,285円(税込) (ソニー・ミュージック・エンターテイメント / SICP31234/5 / 4547366391923)
●ドリーム・シアター / ディスタンス・オーヴァー・タイム 【オリジナル特典:革製キーホルダー】 国内CD 2,592円(税込) (ソニー・ミュージック・エンターテイメント / SICP6014 / 4547366391916)

ソニー・ミュージック移籍第1弾!原点回帰による最強のドリーム・シアター帰還!

プログレッシヴ・メタルの最高峰としてここ日本でも高い人気を誇るドリーム・シアターの14thオリジナル・アルバム。1989年のデビュー以来、プログレッシヴ・メタル界をリードしてきたロック界屈指の凄腕バンドが、この度ソニーミュージックに移籍、その第1弾となる。HR/HMと一言では語れないほど豊かな音楽性を誇る彼らは、圧倒的に視野の広いミュージシャンシップと哀愁に満ちた美しいメロディーが大きな魅力だ。2016年の前作『ジ・アストニッシング』ではオーケストラを従えての2時間を超える壮大なロック・オペラだったことも記憶に新しい。レーベルを移籍し心機一転となる本作において彼らが目指したのはただひとつ。「自分たちのルーツに戻って、もっと有機的なアルバムを作ることだった。ヘヴィでプログレッシヴ的な側面を取り戻して、プレイを心から楽しめる音楽を作るためにコラボレイトしたんだ。今まで作ってきた中で最高のサウンドを持つドリーム・シアターの作品を作るのを目標にしてね」(ジョン・ペトルーシ)。メンバーの結束力を強化しながら原点に戻れるバンドは強い。最強のドリーム・シアターが帰ってきた!

【リミテッド・エディション仕様】
・日本独自仕様
・完全生産限定盤
・2CD
・Blu-spec CD2
・デジパック
・[CD1]本編9曲+ボーナストラック1曲 [CD2]本編9曲のインストVer.

※メーカー・インフォメーションより

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
リミテッド・エディションまたは通常盤をお買上げの方に先着で『ロゴ入り革製キーホルダー』差し上げます。






★特典缶バッジ付き♪スラッシュ・メタルの重鎮 オーヴァーキル、通算19枚目のフル・アルバム!

●オーヴァーキル / ザ・ウィングス・オブ・ウォー  国内CD 2,700円(税込) (ワードレコーズ / GQCS-90689 / 4562387208708)
米国東海岸を代表するスラッシュ・メタルの重鎮 オーヴァーキル、通算19枚目のフル・アルバム『ザ・ウィングス・オブ・ウォー』を完成ーー。バンド史上最もヘヴィでアグレッシヴ、かつドラマティックと評された前作『ザ・グラインディング・ウィール』を凌駕するほどの仕上がりのこの新作、2019年度のヘヴィ・メタル・シーンにおける台風の目となること確実!

OVERKILLはアメリカ東海岸ニュージャージーの出身。D.D.ヴァーニ(ベース)とラット・スケイツ(ドラムス)を中心に1980年に結成された。彼らはヘヴィ・メタルと同時にパンク・ロックからも影響を受けており、D.D.はRAMONESのベーシストのディー・ディー・ラモーンから、ラット・スケイツはTHE DAMNEDのラット・スキャビーズからそれぞれ拝借したステージ・ネームだ。元々2人はパンク・バンド、THE LUBRICUNTSで行動を共にしており、そのバンドが解散すると新たにVIRGIN KILLERを結成、地元の友人であるボビー“ブリッツ”エルズワース(ヴォーカル/ブリッツというニックネームはDEAD BOYSのジョニー・ブリッツから拝借)と共に活動を始め、やがてはオーヴァーキルと名乗るようになった。当時ギタリストのポジションはかなり流動的で、何人も入れ替わったギタリスト達の中にはANTHRAXで後に知られることになるダン・スピッツも含まれていた。ボビー・ガスタフソンが加入してラインナップがひとまず固定したのは1982年のことだった。

当初はIRON MAIDEN、JUDAS PRIEST、MOTORHEAD、RIOT、DEAD BOYS、RAMONES等のカヴァー曲を演奏していたが、やがてオリジナル曲を書き始め、1984年にはMetal Storm Recordsと契約して4曲入りのEP『OVERKILL』を録音した。しかし、『OVERKILL』のリリースは当初の予定よりも7ヵ月も遅れ、彼らの名前が知られるようになったのはMegaforce Recordsから1985年にリリースされた1stアルバム『FEEL THE FIRE』においてだった。最初に制作した『OVERKILL』は、結局『FEEL THE FIRE』の後に発売されている。

IRON MAIDENやJUDAS PRIEST等ブリティッシュ・ヘヴィ・メタルの様式と、RAMONESやDEAD BOYS等から受け継いだパンク・ロックの荒々しさを融合させた彼らの音楽性はアンダーグラウンドですぐさま話題となり、METALLICA、SLAYER、ANTHRAXらに続く存在として注目を浴びるようになった。1987年には表現力と演奏力が格段に増した2ndアルバム『TAKING OVER』を発表、スピード、パワー、グルーヴ、メロディといった面での順当な進化を印象づけた。同年、EP『FUCK YOU』を最後にバンド結成メンバーのラット・スケイツが友好的に離脱、後任として元PAUL DI’ANNO’S BATTLEZONEのデンマーク人ドラマー、ボビー“シド”ファルクを迎えている。

新たな編成となったOVERKILLは、3rdアルバム『UNDER THE INFLUENCE』(1988年)、4thアルバム『THE YEARS OF DECAY』(1989年)と短いスパンのうちに優れたアルバムをリリース、それらのアルバムでは音楽性の更なる高まりを見せたが、1990年にボビー・ガスタフソンが離脱。彼の後任としてメリット・ギャントとロブ・カナヴィーノという2人のギタリストを迎え、以後5人編成で活動していくことになった。 5thアルバム『HORRORSCOPE』(1991年)、6thアルバム『I HEAR BLACK』(1993年/ドラマーがティム・マレアーに交代)、7thアルバム『W.F.O.』(1994年)、8thアルバム『THE KILLING KIND』(1996年/ギター・コンビがジョー・コミュー&セバスチャン・マリノに交代)、9thアルバム『FROM THE UNDERGROUND & BELOW』(1997年)、10thアルバム『NECROSHINE』(1999年)、11thアルバム『BLOODLETTING』(2000年/ギタリストがデイヴ・リンスク1人の4人編成で制作)、12thアルバム『KILLBOX 13』(2003年/デレク・テイラーがセカンド・ギタリストとして加入、再び5人編成となった)、13thアルバム『RELIXIV』(2005年)、14thアルバム『IMMORTALIS』(2007年/ドラマーがロン・リップニッキに交代)、15thアルバム『IRON BOUND』(2010年/本作より世界最大のメタル・レーベルの1つであるNuclear Blast所属となる)、16thアルバム『THE ELECTRIC AGE』(2012年)、17thアルバム『WHITE DEVIL ARMORY』(2014年)といった具合にコンスタントに作品をリリース(オリジナル・アルバム以外にもカヴァー・アルバムやライヴ・アルバム、ライヴDVD、ボックスセット等も発表している)、90年代から2000年代にかけてのヘヴィ・メタル不遇の時代も、不撓不屈の精神で活動を続けていたことは非常に意義深い。2018年にはドイツのオーバーハウゼンにて開催された『FELL THE FIRE』の30周年と『HORRORSCOPE』の25周年を同時に祝うアニヴァーサリー・ライヴの模様を収めたライヴDVD/CD『LIVE IN OVERHAUSEN』をリリース、1日のうちに2枚のアルバムを完全再現するという音楽シーン全体において前代未聞の試みが絶賛されたことが記憶に新しい。

また、ツアー活動もそのキャリアを通じて精力的に続行、1990年に初来日公演を行なっている。二度目に彼らが日本に来たのはそれから11年後、2001年のことで、それ以降は2004年、2010年、2015年、2017年に来日している。2004年以降はTHRASH DOMINATIONへの出演がメインだったが、2017 年には彼らはLOUD PARKに初登場、大観衆を前にして貫禄のパフォーマンスを披露した。

このたびリリースされる新作『ザ・ウィングス・オブ・ウォー』は、前作『ザ・グラインディング・ウィール』以来2年振りとなる通算19枚目のオリジナル・アルバム。前作では、元SABBAT〜HELLのギタリストであり、今現在JUDAS PRIESTのツアー・ギタリストとしても活躍しているアンディ・スニープがミキシングとマスタリングを担っていたが(アンディはJUDAS PRIEST、ACCEPT、MEGADETH、TESTAMENT等を手掛けてきた現代メタル・シーンを代表するプロデューサー)、今回はSOULFLY、QUEENSRYCHE、HATEBREED、SANCTUARY、REVOCATION、CROWBAR等といった様々なタイプのヘヴィ・メタルやハードコアのバンド達を手掛けてきたクリス“ゼウス”ハリスがそこのところを担っている。そして目玉というべきは2017年にバンドに加入したドラマー、ジェイソン・ビットナー(SHADOWS FALL)が初めてオーヴァーキルのレコーディングに参加したことだろう。彼の強力なドラミングにより オーヴァーキル サウンドはまた一段階シフトアップしているのは確かである。

彼らは80年代から活動を続けてきた老舗バンドだが、老舗やベテランといった位置づけに安穏とすることをよしとしない、現代メタル・シーンにおいて最もストロングかつパワフルと呼べるヘヴィ・メタル・サウンドがこの『ザ・ウィングス・オブ・ウォー』において大炸裂している。

[メンバー]
ボビー“ブリッツ”エルズワース(ヴォーカル)
D.D. ヴァーニ(ベース)
デイヴ・リンスク(ギター)
デレク・テイラー(ギター)
ジェイソン・ビットナー(ドラムス)

【ディスクユニオン・オリジナル特典:缶バッジ】
お買い上げの方に先着で缶バッジ差し上げます。





★特典付き♪ ラプソディー・オブ・ファイアのメンバー・チェンジ後、一発目となるニュー・アルバム!

●ラプソディー・オブ・ファイア (ラプソディー) / ジ・エイス・マウンテン~第8の山岳 【ディスクユニオン・オリジナル特典:缶バッジ】【特典:ステッカー】 国内CD 2,808円(税込) (キングレコード / KICP1970 / 4988003538200)
イタリア出身のエピック/シンフォニック・メタルのパイオニア、ラプソディー・オブ・ファイアのメンバー・チェンジ後、初のスタジオ・レコーディング作品となる久々のニュー・アルバム!!本作はファビオ・リオーネ(Vo)の後任として加入したジャコモ・ヴォーリ(Vo)と、アレックス・ホルツワース(Ds) の代わりに加入したマヌ・ロッター(Ds)をフィーチュアして制作したオリジナル・アルバムであり、バンドの原点回帰とも言えるスピーディーでドラマティックなメタルを書き上げている。ジャコモ・ヴォーリ(Vo〉は厳選なオーディションで選ばれたパワフルかつ表現力豊かなヴォーカリストで、前任 のファビオ・リオーネ(Vo)に勝るとも劣らない声域と表現力を駆使した歌声でオーディエンスを圧倒している!!日本盤のボーナス・トラックには日本人フィーメイル・ヴォーカリスト、SAEKOが作詞を手掛けた歌詞を日本語でジャコモが歌った「Rain Of Fury」の日本語ヴァージョンを収録!!

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

・缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ:40mm×40mm/正方形)【特典】
・ステッカー (ジャケット・デザイン)

※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。




★ショーン・レノンと、プライマスのフロントマン、レス・クレイプールによるユニット「クレイプール・レノン・デリリウム」が2NDアルバムをリリース!

●クレイプール・レノン・デリリウム / サウス・オブ・リアリティ 国内CD 2,592円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICX-121 / 4547366396621)
JOHN LENNONとYOKO ONOの息子、SEAN LENNONとオルタナ・ロック・バンド、PRIMUSのフロントマンであるLES CLAYPOOLが2015年にツアーしたことで意気投合し結成されたプロジェクト、THE CLAYPOOL LENNON DELIRIUMが2ndアルバム『SOUTH OF REALITY』 をリリース!

■日本盤ボーナストラック4曲収録(2017年リリースEP『LIME AND LIMPID GREEN』ピンク・フロイド、ザ・フー、キング・クリムゾン、フラワー・トラベリン・バンドのカヴァー)

2016年『ザ・モノリス・オブ・フォボス』以来3年振りのセカンド・アルバム。サイケデリックでプログレッシヴなサウンドとポップなメロディ煌めく壮大な万華鏡サウンド炸裂。全曲二人による書き下ろし&プロデュース。 
正真正銘のビートルズの遺伝子であるショーン・レノンとレス・クレイプールの作るサウンドとメロディが素晴らしい。今作ではより一層、中期から後期のビートルズやシド・バレット時代のピンク・フロイド、BeatlesのDNAを受け継ぐ様々なアーティストを彷彿させてくれる。ショーンの歪んだギターとレス・クレイプールの自由自在に動き回るゴリゴリなベース・ラインがとにかくたまらない。2019年のプログレッシヴ・ロックといえるだろう。 

1stシングルの「Blood And Rockets」はメランコリックで憂いのあるメロディとベースラインが特徴的なビートルズのホワイト・アルバムあたりを彷彿させるサウンド。ショーン・レノンが「レスと僕は魔術師のジュースを作ったのさ!」と語る、一度はまったら抜けられない、ザ・クレイプール・レノン・デリリアムが贈る2019年プログレッシヴ・ロック! 

日本盤CDには2017年リリースのEP『LIME AND LIMPID GREEN』がボーナストラックとして収録!日本初CD化です!ピンク・フロイド、ザ・フー、キング・クリムゾン、フラワー・トラベリン・バンドのカヴァー!




★インドネシアのマスロック・トリオ、マーフィー・レディオの20181STにボーナストラックを2曲追加した日本盤CD!

●マーフィ・レディオ / マーフィレディオ 国内CD 1,944円(税込) (FRIEND OF MINE RECORDS / FOMR-73 / 4582237842661)
インドネシア・イーストボルネオを活動拠点としている3人組のマスロック・トリオ、MURPHY RADIOが2018年にリリースした1stアルバムにボーナストラックを2曲追加した日本盤CDをリリース!

インドネシア・イーストボルネオを活動拠点としているWendra(ギター)、Aldi Yamin(ベース)、Amrullah Muhammad(ドラム)の3人組のMath Rockトリオ。
プログレッシブスタイルとエモーショナルなサウンドを上手く取り入れながらも、聴きやすいキャッチーなメロディーを特徴とする。今後、アジアのマスロックの注目となるバンドとして確実に認知される逸材。

2013年からバンドをスタートさせ、当初はボーカルメンバーを入れたオルタナティブロックとして活動をしていた。2016年に現在の3人組となり、インストゥルメンタルをメインとしたマスロックとして方向性を変えて活動を再開する。2017年にシングル「Sports Between Trenches」をデジタルリリースし、同時にプロモーションビデオを制作、その後インドネシア国内をツアーして、各地の音楽リスナーから反響と注目を集めて、彼らの存在が国内で大きく取り上げられるようになった。現在、東南アジアを始め、インドネシアでは彼らのような新たなバンドのスタンダードとなっている。

そして、2018年の8月に待望のファーストアルバム「S/T」をシンガポールの新生レーベル“ATMOS Initiatif”からリリース。国内や東南アジアを中心にフェスティバルにも多数出演した。そして2018年9月には、カナダのケベックで9月に行われたパンク・ハードコアなどの大型野外フェス“Envol et Macadam”に主催者からオファーを受けて東南アジア以外でも着実に、その存在を知られるようになった。そして、2019年2月にFriend of Mine Recordsから、ファーストアルバム「S/T」に日本盤をボーナストラック入りでリリースする。




★毎年好評のシューゲイザー~ドリーム・ポップ・アーティストの未発表音源コンピ! 第7弾!!

●オムニバス / スタティック・ウェイヴズ 7 国内CD 1,836円(税込) (ALTERNATIVE WAVERS / AW-36 / 4988044885233)
ネオ・シューゲイザーの新譜やオリジナル・シューゲイザーの再発などを数多くリリースするUS優良レーベル、"SAINT MARIE RECORDS"がシューゲイザー~ドリーム・ポップ・アーティストの未発表音源を中心に厳選し、毎年発表する好評アンニュアル・コンピレーション・アルバムの第7弾!全13曲中8曲が未発表曲です!!

■解説:黒田隆憲(SHOEGAZER DISC GUIDE監修)

元Lovesliescrushingの轟音マスター、スコット・コルツによるAstrobrite、Slowdive~Cocteau Twins直系のSeasurferやStatic Daydream、オルタナ・シューゲイズが心地よいCrash City Saints、優美なThe Blessed Islesなどの未発表曲に加え、UKネオ・シューゲの雄であるAmusement Parks On Fireが2018年に発表したシングル曲、元SeasurferのDorianとSaint Marieのレーベル・オーナー=Wyatt Parkinsがメンバーに名を連ねる正統派シューゲイザーのLoveblind、他にもSwooneやThe Capsules、Whimsicalなど、期待のネオ・シューゲイザー勢が多数参加しています。




★仏産シンセ・ドリーム・ポップ注目株、ル・シュペール・オマールのデビュー・アルバム輸入盤! 

●LE SUPERHOMARD / MEADOW LANE PARK 輸入CD 2,052円(税込) (ELEFANT / ER1238 / 8428846212388)
フランスのステレオラブ meets ハイ・ラマズ!仏産シンセ・ドリーム・ポップ注目株、ル・シュペール・オマールのデビュー・アルバム! 

2015年に日本レーべルのRALLYEより国内盤『Maple Key』を発表し話題となったフランス出身のル・シュペール・オマール、待望となるデビュー・アルバムが満を持して登場! 

彼らはタヒチ80とも親交のあるChristophe Vaillantをリーダーとし、のびやかな歌声を披露する女性ヴォーカルJulie Big、結成当初から参加し本作でもChristopheと共同プロデュース、さらに録音とミックスも手掛けるBenoit Pithonなどが参加。 

STEREOLABやBROADCASTを想起させるドリーミーかつソフト・サイケなシンセ・サウンドが特徴で、しなやかなストリングスからもセンスが感じられ、チャンバー・ポップ好きにもアピールできる完成度。 

そこにHIGH LLAMASのような、BURT BACHARACHや60年代のライブラリー・ミュージックを現代風にアレンジした心地よい楽曲、そしてフランス出身を感じさせる洒脱な空気感が加味され、見事なラウンジー・ポップを作り上げています! 




★ローファイ・エレクトロ・ヒップホップ・パンクなUKデュオ、スリーフォード・モッズの最新アルバム!

●SLEAFORD MODS / ETON ALIVE 輸入CD 1,512円(税込) (EXTREME EATING / EE001CD / 5060446123072)
ローファイ・エレクトロ・ヒップホップ・パンクなUKデュオ、ジェイソン・ウィリアムソンとアンドリュー・フェーンによるSLEAFORD MODSがアルバム『ETON ALIVE』をリリース!

あいかわらず労働者階級を代弁するキレッキレなポエトリーリーディング、ミニマルでポスト・パンキーなトラックは健在!




★英ノイズ・サイケデリック・ロックバンドTELESCOPESの通算10枚目となる2019年最新作!
「telescopes exploding head syndrome」の画像検索結果
●TERESCOPES / EXPLODING HEAD SYNDROME 輸入CD 1,998円(税込) (TAPETE RECORDS / LTMCD2480 / 4015698016253)
英ノイズ・サイケデリック・ロックバンドTELESCOPESの通算10枚目となる2019年最新作!
VELVET UNDERGROUNDや13TH FLOOR ELEVATORSの影響を受け、1989年『TASTE』でデビュー。ノイズ、スペースロック、ドリームポップ、サイケデリック・ロックなど取り入れたバンドの2017年以来2年ぶりとなる最新作!





ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp

[12963]  [12942]  [12962]  [12961]  [12960]  [12957]  [12959]  [12955]  [12958]  [12956]  [12954
高価買取リスト
↑11/2(土)リスト7ページ追加しました!!                                          
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC