diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:990円~社員登用有り。  width=
店舗情報
DO1 〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp    

  ↑↑クリックすると拡大できます

JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。


     
English Info
twitter
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






Facebook
face.JPG










BIBLIOPHILIC
bibi.JPG






ヤフオク出品中!

ロック中古情報

【特集】好評に付き延長!!
ELEFANT RECORDS 特集
レーベル・ステッカー
プレゼント!!  width=
お客様ご意見箱
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
3
10
17
27 28 29 30
31
バーコード
こちらのBLOGは携帯でもご覧頂けます。こちらのバーコードでアクセスして下さい。
diskunion 中古オンラインSHOP 


●GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP - THE ORIGINAL MEMPHIS RECORDINGS (2LP/180G) / PRIMAL SCREAM プライマル・スクリーム
輸入LP 3,618円(税込) (SONY / B07FDKWPDW)


全ての音楽を呑みこみ進化を遂げてきたUKロック・バンド、PRIMAL SCREAMが1994年に発売した通算4作目のアルバムにして大ヒット作『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』が、最近発見されたオリジナル・ミックスを収録した新たなアルバム『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP - THE ORIGINAL MEMPHIS RECORDINGS』としてリリース!メンフィスの名門スタジオ=“アーデント・スタジオ”でのレコーディング音源9曲を収録!180グラム重量盤!

■180グラム重量盤、ダウンロードコード付き

プライマル・スクリームのメンバー、アンドリュー・イネスの自宅地下室で1993 年メンフィスの名門スタジオ=“アーデント・スタジオ”でのレコーディング音源が最近発見され、“失われたメンフィス録音のオリジナル音源”として『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ  オリジナル・メンフィス・レコーディングス』と名付けられ発売される。バンドのメンバー、ボビー・ギレスピーとアンドリュー・イネスによって監修された作品となり、「ジェイルバード」「ロックス」、「コール・オン・ミー」など、その後の華々しい楽曲の誕生に繋がる1993年のメンフィスのアーデント・スタジオでプライマル・スクリーム、プロデューサーのトム・ダウドとマッスル・ショールズ・リズム・セクション、メンフィス・ホーンズと行われたレコーディング・セッション計9 曲を収録。すべて未発表音源となる。
ボビー・ギレスピーは新作に関して「1993年、俺たちはメンフィスに行って、トム・ダウドとマッスル・ショールズ・リズム・セクションとアルバムを作った。そのアルバムは日の目を見ることがなかった…今まではね」と語っている。
プライマル・スクリームは名盤『スクリーマデリカ』に続くアルバム制作の為1993年メンフィスの地を目指し、アーデント・スタジオにてプロデューサーのトム・ダウド、デヴィッド・フッド(ベース)、ロジャー・ホーキンス(ドラムス)ら、マッスル・ショールズ・リズム・セクションとレコーディング・セッション行なった。しかし、バンドと当時のレーベル、クリエイション・レコーズのボス、アラン・マッギーはその音源の出来に落胆し、新たにプロデューサー=ジョージ・ドラキュリアスを起用、再びセッションを行なう。アーデント・スタジオでの音源パートは差し替えられ、現在知られている『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』が完成し、1994年に発売された。
ボビー・ギレスピーはさらに「とてもいい意図をもって臨んだのに、何故かその後道を見失ってしまったような気がしたんだ」、「クリエイティヴィティがこういう風に道を誤っていくんだって教訓は間違いなくあるね。僕たちは常に前進し続けて振り返ることのないバンドではあるけれど、折角メンフィスに行ったのに当初意図していたことをせずに終わってしまったことを、僕は何年も悔やんできた。こんなに長い時間が経った後でこれらの曲を聴いたおかげで、すべてが大丈夫だってまた思うことができたよ。報われた気がするね」と語っている。
今年後半には『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』のドキュメンタリーがBBC 4で放映予定となっている。







●SHADES (2LP/180G) / DOYLE BRAMHALL II
輸入LP 3,348円(税込) (MASCOT / 1987301757)


エリック・クラプトンやロジャー・ウォーターズなど多くのアーティストを支える名バイ・プレイヤー、ドイル・ブラムホールII。ソロ・アーティストとして、ソングライターとして、そしてプロデューサーとして最高に充実している彼の最新スタジオ・アルバム『SHADES』完成! アナログは180グラム重量盤2枚組! 
■ ここ日本ではエリック・クラプトンのツアーで欠かせない存在としても広く知られている、テキサスはオースティン出身のギタリスト、ドイル・ブラムホールII。ロジャー・ウォーターズやTボーン・バーネット、エルトン・ジョン、グレッグ・オールマン、アラン・トゥーサン、シェリル・クロウなどなど、様々なアーティストのライヴやアルバムを支える名バイ・プレイヤーとして広く支持を人気を集める彼が、約2年振りにソロ・アルバムを発表した。 
■ 2016年の『RICH MAN』以来となるニュー・スタジオ・アルバム『SHADES』。彼にとって通算5作目となる本ソロ・アルバムはドイル本人曰く“自分のなりたかったアーティスト/プロデューサーになるための殻を破った”アルバムであるという。ブルックリンとロサンゼルスでレコーディングの大半を行ったこのアルバムには、ブルースから、ガレージ・ロック、サイケデリック・ロックにソウルフルなバラードまで、幅広ジャンルを股に掛ける彼の懐の深いミュージシャンシップが遺憾なく発揮されている。つまり、ギタリスト/ヴォーカリストだけでなく、プロデューサー、アレンシャー、ソングライターとしても充実したキャリアを築き上げている実力派ミュージシャン、ドイル・ブラムホールIIの円熟味溢れる匠の技を堪能できる作品なのだ。 
■ 名バイ・プレイヤーとして知られる彼だけに、本作には豪華ゲストが多数参加!いずれも共演経験があるアーティストだという点も実に彼らしい。アルバムからのリード・トラックとして公開されている「Everything You Need」。ブルージーでソウルフルなこのナンバーで、彼と共演しているのはエリック・クラプトン!二人のギター・プレイがグッとくる1曲である。この他、アルバムにはこの他、前作でもコラボレーションしたノラ・ジョーンズをフィーチャーした「Searching for Love」、そしてドイルと同じオースティン出身のバンドGreyhoundsとたった3時間足らずでレコーディングした「Live Forever」も収録されている。 
■ さらにアルバムを締めくくるのは、ボブ・ディランのカヴァー「Going, Going, Gone」。ここでフィーチャーされているのは、あのテデスキ・トラックス・バンド!昨年、グレッグ・オールマンのトリビュート・コンサートで彼らと共演したドイルは、アルバムをパワフルに締めくくるには、彼らのとの楽曲がぴったりだと感じたという。「楽曲の全て、そして自分とデレクとスーザンとのギター・パートはどれも自然に出来上がった。(10人編成のバンドと自分を加えた)11人全員でスタジオに入ってレコーディングしたんだ」この曲のレコーディングについてドイルはそう語っている。 
■ 「アルバムを『SHADES』というタイトルにしたのは、このアルバムの為に撮られた写真を見てから」そうドイルは説明し、さらにこう続ける。「光や色で影が出来るが、音や感情にもまた影がある。このアルバムは、スナップ写真のように、ある人の人生の一部分を表したものだと思う」名バイ・プレイヤーとしてではなく、1人のソロ・アーティストとしてのドイル・ブラムホールII。ミュージシャンとして、ソングライターとして、そしてプロデューサーとして最高に充実している彼の今全てがここにある! 







●JOE STRUMMER 001 (VINYL BOXSET) / JOE STRUMMER ジョーストラマー
輸入LP 7,668円(税込) (CASBAH / IGNLP53X)


ジョー・ストラマーの新マスタリング、未発表音源を収録したコンピレーション・アルバム 『Joe Strummer 001』のアナログ盤(3LP+12インチ・シングル) 

パンク界のパイオニア、シンガー、ソングライター、レコーディング・アーティスト、活動家、ある世代の音楽的・政治的インスピレーションでもある、最もカリスマ的で情熱的なフロントマン=ジョー・ストラマーのザ・クラッシュ時代の作品以外のキャリアを網羅した初のコンピレーション作品『JOE STRUMMER 001』の発売が決定。 
本作品には、The 101ersやザ・メスカレロス時代の録音、ソロ・アルバム全作、サウンドトラックなどから、ファンの間での人気曲とともに、未発表楽曲や、新たにマスタリングを施された楽曲が収録される。本作独占で収録されるのが、アルバム1枚分の未発表音源(CD2)。 
「Czechoslovak Song / Where Is England(チェコスロヴァク・ソング/ホェア・イズ・イングランド)」とタイトルのついた「This Is England(ディス・イズ・イングランド)」の1/2インチ・テープに録音された初期のデモ、1975年にエルギン・アヴェニュー101番地で録音された「Letsagetabitarockin'(レッツァゲッタビッタロッキン)」のソロ・デモ、ミック・ジョーンズをフィーチャーした「シド&ナンシー」のアウトテイクや未発表曲「Rose Of Erin(ローズ・オブ・エリン)」、自伝的で伝説上の存在だった「The Cool Impossible(ザ・クール・インポッシブル)」、そして2002年録音、ジョーが最後にレコーディングした曲のひとつで、『JOE STRUMMER 001』に収録された中では最後に発見された「London Is Burning(ロンドン・イズ・バーニング)」など12曲が収録される。 
2002年12月にジョーが不慮の死を遂げてから判明したのは、ジョーが自身の作品を多数アーカイヴしていたということだった。自宅裏庭の納屋は書いた曲やテープでいっぱいになっていた。現在ジョー・ストラマー・アーカイヴには2万以上のアイテムが存在する。この素材のアーカイヴ作業と『JOE STRUMMER 001』の制作は、ジョーの未亡人ルースとロバート・ゴードン・マクハーグ3世が監修を行った。 
修復とマスタリングは全曲グラミー賞受賞歴のあるピーター・J・ムーアがカナダはトロントのE・ルームにて行った。カセットや録音テープを調べているうちに明らかになったのは、ジョーがかなりの倹約家であり、楽曲を隠すことに懸命だったということだった。彼は、カセットでは曲と曲の間を20分空けていた。1インチの8トラック・テープでは、隠れた楽曲が互いに重なり合って録音されていた。例えばトラック1~4は1つの曲に占領されている一方、トラック5~8は別の2曲で占められているが、再生されるとテープの傷によって2曲に聞こえると思われていたのが、ピーター・J・ムーアの手にテープが渡ると、彼はそれを2つの曲に分離することができた。





●DEMAIN / SERGE FABRIANO セルジュ・ファブリアーノ
輸入LP 4,104円(税込) (BEAUMONDE RECORDS / BM1803)


完全限定盤! 復刻の進む 「初期電子音楽 meets フレンチ・カリビアン」 の最高峰! セルジュ・ファブリアーノの激レア盤がついについにリイシュー!

フレンチ・カリビアンものの激レア&DJフレンドリーなアイテムを復刻するフランスのリイシュー系新興レーベル BEAUMONDE RECORDS から早くも新作。 カリブ海はグアドループの音楽家 セルジュ・ファビリアーノ による唯一のリーダー作 『DIGITAL CARESSE - DEMAIN』 が、この度ついにリイシューです! パリの大学にて電子音楽を専攻したというセルジュが、シンセ音を基調としたクアドループ産カリビアン・ジャズを作り上げたというのが、1986年の本作。当時はなかなか受け入れられなかったであろう前衛的ともいえる内容だが、バレアリック、シンセウェーヴ再興著しい 2018年 にはドンピシャ。チープでいなたいリズムボックスの音色 / パターンと相反する、シンセやマリンバ、リコーダーなどの上モノが奏でる時にスカスカ、時にナイーヴに重なり合う音のレイヤーは極上の一言です!

HEAVENLY SWEETNESS レーベル諸作を例に出すまでもなく、フレンチ・カリビアンのトレンドは完全に80'S以降になった感がありますが、本作はさらにその先まで進んだ感があります。昨今の南米系フォルクーレやバレアリック、シンセウェーヴ、ニューエイジ再評価の流れとして聴いてもよし、ブルース・ハークなどの電子音楽の未来を切り開いた偉大な音楽家にならぶべき作品として聴くもよしの発掘です! キース・へリングにインスパイアされたという、かわいくこじゃれたジャケットも素晴らしい。





●GLASS FLOWERS(LP) / ELYSIAN SPRING エリシアン・スプリング
輸入LP 4,104円(税込) (LE TRES JAZZ CLUB / LTJC005LP)


オリジナルは10万円超え!! 
ジャイルス・ピーターソンが取り上げた"BLUE SANDS"で知られる激レア盤がアナログリイシュー!
ピアニストのライナー・バートラムスを中心に結成されたエリシアン・スプリングが1969年に制作した自主制作盤、もちろんオリジナルは激レアでオークションでは10万円前後で取り引きされているという逸品です。
このアルバムの見所はなんといってもジャイルス・ピーターソンに取り上げられたM1"BLUE SANDS"!アシッド・フォークにも通じるところのある、ダルく、サイケなアンビエント・ギター・ジャズ。こんなサウンド、他のアルバムではなかなかお目にかかれるものではないでしょう。




[12547]  [12540]  [12539]  [12538]  [12541]  [12537]  [12500]  [12523]  [12536]  [12532]  [12535
高価買取リスト
             
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
ce4ade5c.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC