diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:990円~社員登用有り。  width=
店舗情報
DO1 〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp    

  ↑↑クリックすると拡大できます

JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。


     
English Info
twitter
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






Facebook
face.JPG










BIBLIOPHILIC
bibi.JPG






ヤフオク出品中!

ロック中古情報

【特集】好評に付き延長!!
ELEFANT RECORDS 特集
レーベル・ステッカー
プレゼント!!  width=
お客様ご意見箱
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 31
バーコード
こちらのBLOGは携帯でもご覧頂けます。こちらのバーコードでアクセスして下さい。
diskunion 中古オンラインSHOP 

★1983年、ミネソタにあるプリンスのホーム・スタジオで行われたピアノ弾き語りセッションを収録した貴重な未発表音源!

●PRINCE / PIANO & A MICROPHONE 1983(CD) 輸入CD 1,620円(税込) (WARNER BROTHERS / PPAM1113 / 0603497861293)
そこにあるのは、ピアノとマイクロフォン、そしてプリンスだけ…。
彼のクリエイティヴィティを間近に感じさせてくれる贅沢な空間、素顔のプリンスのプライベート・セッションへようこそ。
1983年、ミネソタにある彼のホーム・スタジオで行われたピアノ弾き語りセッションを収録した貴重な未発表音源。

◆プリンスの60回目の誕生日となる2018年6月7日、音楽史の至宝が遺した秘宝の一つが世界に解放される事が明らかとなった。世界的にその名を轟かせる事となった前夜とも言える1983年に、ミネソタにある彼の自宅スタジオで収録されていた、ピアノ弾き語りの未発表トラックを収録した作品、それがこの『ピアノ&ア・マイクフォロン 1983』だ。

◆78年に『FOR YOU』でデビュー、その後4枚のアルバムを発表してきた天才:プリンスは、1982年に発表した5枚目となる作品『1999』で世界的なブレイクを果たした。その後の栄光は知っての通りだが、ブレイクを果たし、プリンスがいよいよ世界を手中に収める直前となる1983年に自宅スタジオで行われたプライベートなセッションを収録したのが、この作品だ。彼の息づかいやビートを刻む足跡までをも含めた非常に生々しいこの音源は、プリンスという才能溢れるアーティストのクリエイティヴィティを間近に感じさせてくれる、とてつもなく貴重な音源なのだ。

◆約35分収録の本作には、1983年、自宅スタジオでカセットにレコーディングされた未発表のプリンスによるピアノ弾き語り音源を収録している。数々の楽曲のアイデアを綴ったメドレーを含むこのアルバムは、CDとアナログ盤、そしてCDとアナログ盤をバンドルしたデラックス・エディションの3形態でのリリースとなる。

◆このプライベートなリハーサル音源は、生々しく、身近なプリンスの創造的なプロセスを垣間見させてくれる非常に贅沢な空間をリスナーに提供してくれる作品だ。1984年に正式音源として発表されることとなった「17 Days」や「Purple Rain」、ジョニ・ミッチェルのカヴァー「A Case Of You」、高い評価を受けた1987年のアルバム『SIGN O' THE TIMES』に収録されることとなった「Strange Relationship」や「International Lover」といった楽曲の原型とも言える貴重なテイクが、実際にプリンスが弾いていた自然なライヴ・メドレーの形で収録されている。他にも、珍しい19世紀の霊歌「Mary Don't You Weep」も収録されているのだが、この曲は今年8月に公開になるスパイク・リー監督の映画『BLACKKKLANSMAN』のエンド・クレジットにも使われる予定となっている。

◆プリンス財団のアドバイザー、トロイ・カーター氏はこの作品に関してこうコメントしている。
「この生々しく、身近に感じられるレコーディングは、プリンスが世界的なスターになる直前の、キャリア初期に行われたものです。形態としては、彼がキャリアを終えた2016年に行っていた、ピアノ&ア・マイクロフォン・ツアーと似たものと言えるでしょう。ファンにプリンスの進化を感じてもらい、彼のキャリアが最終的にピアノ弾き語りに戻っていったということを提示できることを非常に嬉しく思っています」

◆アルバム・ジャケットには、『1999』ツアー時に撮影されたプリンスのバックステージの瞬間をとらえた貴重な写真が使われている。この写真を撮影したのは、プリンスが大きな信頼を寄せ、1979年から1984年まで、クリエイティブ・コラボレイターとして密接に仕事をしていたAllen Beaulieu。彼の写真は他にも、『DIRTY MIND』や『CONTROVERSY』のジャケットや、『1999』期のあの印象的なプロモーション用写真としても使われている。
(メーカー・インフォメーションより)




★GRAHAM PARKERの2018年新作がCDリリース!

●GRAHAM PARKER / CLOUD SYMBOLS (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (100% RECORDS / 100CD84 / 5060204803451)
 2016年のBRINSLEY SCHWARZとのデュオ・ツアー中にアメリカの映画監督/プロデューサーJUDD APATOWから依頼された彼の番組「CRASHING」への楽曲提供話をきっかけに浮上したデモ音源"LOVE COMES"。その再録音のために集められたTHE RUMORのギタリストMARTIN BELMONTを中心に、NICK LOWEの片腕パブ・ロッカーなキーボーディストGERAINT WATKINS、BELMONTが推薦したというFAIRGROUND ATTRACTION他のドラマーROY DODDSと同ベーシストSIMON EDWARDSからなる新たなバック・バンドTHE GOLDTOPSとのセッションは、PARKERの制作欲を満足させ、さらに掻き立てるに十分でした。

バンドはそのままさらに4曲を録音、PARKERは新たにバンドのために作曲を続けていきます。プロデューサーにはMARTIN BELMONTを介して知り合ったという近年のNICK LOWEのプロデューサーことNEIL BROCKBANKを配し セッションは順調にスタートしたものの、この製作中に彼は癌で亡くなってしまい、PARKERにも大きなショックを与えています。

結果としてNEIL BROCKBANKに捧げられることとなった本作。BROCKBANKの得意としていたシンガー・ソングライター的なサウンドを踏襲しながら、PARKER本人が「THE RUMOR時代の"WHITE HONEY"や"LADY DOCTOR"を参照した」と語る 彼一流のスウィングと歌詞での遊び心が重なり合う"GIRL IN NEED"をはじめとしたスウィートなカントリー/ソウルを軸に据えた全11曲、そのほか"MAIDA HILL"や"IS THE SUN OUT ANYWHERE"といったヘヴィでエモーショナルなトラックや、コーラスもグルーヴする軽快なポップ・ソングに仕上がったリード・シングル"EVERY SATURDAY NITE"などなど、まさにGRAHAM PARKERの今を体現した意欲作に仕上がっています。うち6曲でTHE RUMOUR BRASSも参加し、アコースティックな手触りの中に華やかさを加えることに成功。

「"GIRL IN NEED"でキミのヒップがスウィングしないんなら、医者に診てもらったほうがいいよ。」
---GRAHAM PARKER

 
 
 
★女性カントリー・シンガーにしてミシシッピ・デルタ・クイーンことBOBBIE GENTRY、未発表ボーナス大量収録のキャリア・アンソロジーが8CDボックスでリリース!
 
●BOBBIE GENTRY / THE GIRL FROM CHICKASAW COUNTY: THE COMPLETE CAPITOL MASTERS (8CD BOX) 輸入CD 12,960円(税込) (CAPITOL / 5383971 / 0600753839713)
 未発表ボーナス大量収録のキャリア・アンソロジーが8CDボックスでリリース!

"ODE TO BILLIE JOE"の大ヒットで知られる女性カントリー・シンガーにしてミシシッピ・デルタ・クイーンことBOBBIE GENTRY。60年代後半~70年代前半で最も影響力のあった女性シンガーソングライターである彼女のスタジオ・アルバム7作品それぞれに、アウトテイクやデモなど合計75トラックもの未発表ボーナスを追加。さらに初音源化となるBBC TVシリーズからのライヴ・パフォーマンスまでを収録した全8枚組デラックス・ボックス。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。エッセイ集、未発表フォト、"ODE TO BILLIE JOE"の手書きリリック・シート掲載84ページ・ブック、ポストカード8枚が付属したデラックス・ボックス装。

DISC 1 ODE TO BILLIE JOE
DISC 2 THE DELTA SWEETE
DISC 3 LOCAL GENTRY
DISC 4 BOBBIE GENTRY & GLEN CAMPBELL
DISC 5 TOUCH 'EM WITH LOVE
DISC 6 FANCY
DISC 7 PATCHWORK
DISC 8 LIVE AT THE BBC




★結成40周年を記念した、ソフト・セルのキャリアを総括した10枚組豪華ボックス(9CD+1DVD)!

●SOFT CELL / KEYCHAINS & SNOWSTORMS ? THE SOFT CELL STORY (9CD+DVD/BOXSET) 輸入CD 14,688円(税込) (MERCURY / 6741996 / 0602567419969)
結成40周年を記念した、ソフト・セルのキャリアを総括する9CD+1DVDボックス! マーク・アーモンドとデイヴ・ボールのユニットが残した、未発表も含む130曲と4時間を越える映像を収録。

CD1:「Numbers」や「Soul Inside」などの80年代の12インチ・シングルA面曲のリマスター・ヴァージョンが収録。 
CD2:シングルB面曲のリマスター・ヴァージョンが収録。 
CD3:ソフト・セルのファンが好きな曲の、新ヴァージョンやエクステンデッド・ヴァージョンが収録。 
CD4:1980年~1984年の時期のデモや、未発表と入手困難マテリアルを収録。 
CD5:1978年~1981年の「Mutant Moments」EPや初期音源を中心に収録。 
CD6:未発表を含むBBCの蔵出し音源からのハイライトを収録。 
CD7:1982年発表のダブ・アルバム『Non-Stop Euphoric Dubbing』等を収録。 
CD8:1983年のロサンゼルス・ライヴ音源を収録。 
CD9:1983年のロサンゼルス・ライヴ音源ほかを収録。 
DVD:オフィシャル・プロモ映像に、『Non-Stop Exotic Video Show”等を収録。 




★キャラヴァンの2002年ツアー収録4CD+2DVDボックス!
CARAVAN (PROG) / キャラバン / FROM THE LAND OF GREY AND PINK: 500COPIES LIMITED NUMBER EDITION CD+DVD LIMITED EDITION
●CARAVAN / FROM THE LAND OF GREY AND PINK  輸入4CD+2DVD 3,240円(税込) (CODA PUBLISHING / CPLCD292 / 5060420347852)
キャラヴァンの500セットT限定2002年ライヴ4CD+2DVDボックス! 2CDと1DVDに2002年米プログレ・フェス「NEAFEST 2002」出演公演音源を、残りの2CD+1DVDに2002年11月ロンドンで行われたThe Astoria公演音源をそれぞれ収録。CD/DVDはそれぞれ収納用3面Digisleeveに封入の上、手書き通しNO.を記載した専用ハード・ケースに収納。DVDは国産プレイヤーで再生委可能です。



 
★UK最重要バンドのひとつ、SUEDE。 『Bloodsports』、『夜の瞑想(Night Thoughts)』を締めくくる、三部作の完結作品、完成!

●SUEDE / THE BLUE HOUR 輸入CD 1,728円(税込) (WM UK / 9029564270 / 0190295642709)
商品詳細情報
『THE BLUE HOUR』――それは世界が深藍に染まる“彼は誰時(かはだれどき)”。 UK最重要バンドのひとつ、SUEDE。 『Bloodsports』、『夜の瞑想(Night Thoughts)』を締めくくる、三部作の完結作品、完成。 

UK最重要バンドのひとつ、スウェード。彼らの『Bloodsports』、『Night Thoughts (邦題:夜の瞑想)』』からなる三部作を締めくくる、完結作が遂にリリースされる。 
その完結編、彼らにとって通算8枚目となるスタジオ・アルバム『ザ・ブルー・アワー』。プロデュースを手掛けるのは、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやナイン・インチ・ネールズなどで知られるアラン・モウルダー。約2年振りとなる本作は、前作『Night Thoughts (邦題:夜の瞑想)』同様、一つの連続的な作品として作られたが、収録されているのは、一つのテーマで繋がれた14の独立した楽曲である。このニュー・アルバムでスウェードは、聖歌隊やスポークン・ワードを取り入れたり、バンド・メンバーであるニール・コドリングによるストリングス・アレンジメントをフィーチャーした曲があるなど、新たな音世界を切り拓いている。ドラマティックな音世界とともに、スウェードをスウェードたらしめている、ブレット・アンダーソンのヴォーカルと詞世界も今作では、さらに伸びやかさと広がりを見せている。 
ファースト・シングルとなるのは、アルバムの13曲目に収録されている「Invisibles」。曲のなかで鮮烈な印象を残すストリングスのアレンジを手掛けるのは、彼らの『COMING UP』でも仕事をしたことのある、クレイグ・アームストロング。演奏はプラハ市フィルハーモニー管弦楽団が行っている。またミュージック・ビデオではドラマ・シリーズ「The City and The City」、「Blood Drive」に出演している女優、マラマ・コーレットが静かな情動を感じさせる演技を見せている。(https://youtu.be/Gqzvcj0-kF4) 
アルバムのコンテクストについてバンドは以下のように語っている。 
「『ザ・ブルー・アワー』は、日の出前と日の入り後に発生する空が濃い青色に染まる時間帯のことを指している。これらの楽曲はある物語を指しているが、それがなんだかは二度とわからないし、説明すら出来ない。我々のアルバムは、いつだってソングライディングなんだ。バンド、情熱、ノイズ、それが『ザ・ブルー・アワー』だ。」 
スウェードが音楽で綴ってきた三部作の物語の最終章が、今明らかとなる――! 
 
 
 
 
★ポーティスヘッドのジェフ・バーロウが中心となり結成した3ピース・バンド、BEAK>(ビーク>)が6年振りとなる3rdアルバムをリリース! 

●BEAK> / >>> 輸入CD 2,160円(税込) (INVADA / INV201CD / 5051083128544)
ポーティスヘッドのジェフ・バーロウ率いる3ピース・バンド、ビーク>が6年振り3作目となる待望のスタジオ・アルバム『>>> (※通称ビーク3)』をリリースする。 
本作は2017年に制作を行い、その大部分は地元ブリストルにあるインヴェーダー・スタジオにてレコーディングされた。有数の楽器や機材が揃っているこちらのスタジオはポーティスヘッドが20年以上使用してきたジェフ・バーロウ所有のSOAスタジオを改装して運営されている歴史的名盤製造工場。 
2012年の前作『>> (※通称ビーク2)』リリース以降、精力的な世界ツアーを行い、2017年に開催したHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERではジェフ自身もキャリア初とな初来日公演を行い会場中を歓喜の渦へと呑み込んだ彼等。大規模な海外音楽フェスやイベントへの出演経験により、本作では前2作品を凌駕する高いクオリティーと中毒性のある作品が完成した。 
■「Brean Down」の試聴はこちら:https://youtu.be/eItf-TIKlRY 
■バイオグラフィー: ジェフ・バーロウ(ポーティスヘッド)、ウィル・ヤング(ムーン・ギャングス)とロバート・プラントともコラボするビリー・フラーによるエレクトロニック・バンド。2009年にセルフタイトルのデビュー・アルバム『ビーク>』を発表。2011年にはポーティスヘッドがキュレーションを担当したATPフェスティバルに出演。2012年に2作目『>> (※通称ビーク2)』を発表。2016年に「Sex Music」を配信リリース。2017年8月にHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて初来日公演を行った。これはジェフ・バーロウにとって、キャリア初となる日本でのパフォーマンスということもあり多くの注目を集めた。2018年9月、6年振り3作目となるスタジオ・アルバム『>>> (※通称ビーク3)』を発表する。 <メーカーインフォより> 




★ザ・ビッグ・ムーンのギタリストSoph Nathan率いるUKインディーロック・トリオ、アワー・ガールがデビューアルバムをリリース! 

●OUR GIRL / STRANGER TODAY 輸入CD 2,160円(税込) (CANNIBAL HYMNS / HYMNS16CD / 5053760040545)
 UKブライトンを拠点に活動するインディーロック・トリオ、アワー・ガールがデビューアルバムをリリース!UKガールズ・バンド、ザ・ビッグ・ムーンのギタリストSoph Nathan率いるUKインディーロック・トリオ。今はソロとしても活躍する元ザ・コーラルのビル・ライダー・ジョーンズをプロデューサーに迎え、昨年9月にストックポートにて1週間でレコーディング。今年2月にリリースしたシングル「Our Girl」など全11曲を収録! 
ザ・ビッグ・ムーンのオルタナ感にファジーなシューゲイズを足したような爽やかなサウンドは、The Sunday TimesやTHE LINE OF BEST FIT、Clash Magazine等海外の早耳メディアでは取り上げられ早くも話題となっている! 

■バイオグラフィー: 
UKブライトンを拠点に活動するインディーロック・トリオ。UKガールズ・バンド、ザ・ビッグ・ムーンのギタリストSoph Nathanを中心に結成。2015年より活動を始め、よりレコードを中心に4枚のシングルをリリース。この度元The CoralのBill Ryder-Jonesをプロデューサーに迎え、デビューアルバムをリリースする。 
■収録曲「I Really Like It」の映像はこちら:https://youtu.be/IdAXim07KwM 
■収録曲「In My Head」の試聴はこちら: https://youtu.be/4-8ywTEiSW8 
<メーカーインフォより> 




★アーケイド・ファイアのリチャード・リード・パリーが誘う夢と現、彼岸と此岸を隔てる、静かなる川の流れ――そこに揺蕩うのは、神秘的で穏やかな音世界!

●RICHARD REED PARRY / QUIET RIVER OF DUST VOL.1 輸入CD 1,728円(税込) (ANTI / 1409276322 / 8714092763225)
夢と現、彼岸と此岸を隔てる、静かなる川の流れ――そこに揺蕩うのは、神秘的で穏やかな音世界。 
アーケイド・ファイアのリチャード・リード・パリーが誘う、ビーチ・ボーイズを思わせるハーモニーとトランス状態へと誘うような拍動、そして幾重にも重ねられた音のレイヤーが織りなす瞑想的で映像的な音楽体験。2部からなるソロ・プロジェクトの第1部が、秋のお彼岸にあたる秋分の日に発売! 
■ 作品毎にコンセプトとメッセージを掲げ、その音世界を常に進化発展させ続けているカナダの6人組バンド、アーケイド・ファイア。グラストンベリー、レディング、フジロック・フェスティバルと数々の世界的ロックフェスのヘッドライナーを飾り、グラミーも受賞したバンドのメンバーで、マルチ・インストゥルメンタリストのリチャード・リード・パリーが、新たなソロ・プロジェクトを完成させた。 
■ Epitaph傘下のAnti- レコーズからの第1弾作品となるニュー・アルバム『QUET RIVER OF DUST VOL.1』は、2部作の第1部となる。ちなみに秋分の日に発売となる本作の続編となるVOL.2は、2019年の春分の日のリリースを予定しているという。 
■ リチャードにとって本作は、2014年にドイツ・グラモフォン・レーベルからリリースした『MUSIC FOR HEART AND BREATH』以来のソロ・プロジェクトとなる。前作とは趣がやや異なり、『QUIET RIVER OF DUST』は、日本の辞世の句や、ブリテン諸島に伝わるフォーク・ミュージックからインスピレーションを受けた、瞑想的で穏やかなサイケデリック・ナンバーが並ぶアルバムである。 
■ 本作のコンセプトらしきものは、今から遡ること約10年前、アーケイド・ファイアの初来日公演の時に生まれた。来日公演の後日本に残り、数週間滞在した彼は心の慰めを求め、僧院へと赴いた。本人曰くそこで“今まで聴いたことのないほどの大きな静寂”を耳にしたリチャードは、本作の音楽を瞑想の一つとして少しずつ作り続けていった。 それはある意味、彼の他の音楽的プロジェクトからの一時的な休息にもなっていたという。
■ アルバムからは、先行トラックとして「Sai No Kawara(River Of Death)」がリリースされている。文字通り、タイトルが意味するのは“賽の河原”であり、両親がビーチで眠ってしいる間に海に呑まれてしまった男の子を歌ったこの曲は、日本を旅行していたリチャードが、“賽の河原”へ旅行者を誘う看板を目にし、後にそれが子供が死後行くと言われる三途の川のほとりの河原であり、亡き子供養の為にその親らが訪れることを知り、そこからインスピレーションを得て生まれたものだという。また『QUIET RIVER OF DUST』のVOL1とVOL.2はそれぞれ、その三途の川の両岸を意味している。 
■ その「Sai No Kawara(River Of Death)」に続く「On The Ground」のインスピレーションとなったのは、高野山の森でリチャードが耳にした幽霊のような声だった。「映画監督のカレブ・ウッドにこの話をしたんだ――大きな杉の木に囲まれた神秘的な空間に1人佇んでいたところに、パワフルなコーラスが聴こえてきて、それが摩訶不思議なことに、僕が子供の頃聴いて育った、亡くなった父さんのフォーク・バンド、Friends Of Fillder's Greenの音楽とそっくりだった。こんな場所でブリテン諸島のフォーク・ソングみたいな大声が聴こえるはずがなかった。そして歩いても歩いても、その音楽が聴こえる場所に近づくことが出来なかったんだ」 
■ 本作のソングライティングにおいてリチャードは、伝統的なブリテン諸島のフォーク・ミュージックのスタイルを取り入れようとも、またアーケイド・ファイアの時のように、大勢が一緒に歌えるようなポップ・ソングを作ろうとも思わなかったという。そして完成したアルバム『QUIET RIVER OF DUST VOL.1』は、アーケイド・ファイアのデビュー・アルバム『FUNERAL』のように、壮大なコンセプトとメッセージを掲げているが、そのアプローチは幾重にもなる音のレイヤーを重ねた、ミニマルでソフト、そして穏やかなものとなっている。 
■ またアルバムには、リチャードのパートナーでもあるLittle ScreamのLaurel Sprengelmeyerをはじめ、Bell OrchestraのStef Schneider、SadiesのDallas Good、Cibo MattoのYuka Honda、Blonde RedheadのAmedeo Pace,そしてThe NationalのAaron&Bryce Dessnerなど、多彩なゲストも参加している。 
■ 夢と現、彼岸と此岸を隔てる、静かな川の流れ――リチャード・リード・パリーの『QUIET RIVER OF DUST』は、ビーチ・ボーイズを思わせるハーモニーとトランス状態へと誘うような拍動、そして幾重にも重ねられた音のレイヤーが織りなす瞑想的で映像的な音楽体験なのだ。 
<メーカーインフォより> 




★これぞリアル・ブラック・ブルース!ティナ・ターナーを彷彿とさせる強烈な女性ブルーズン・ソウル・シンガー、キャット・リギンズが日本初登場!

●キャット・リギンズ / イン・ザ・ボーイズ・クラブ 国内CD 2,592円(税込) (BSMF RECORDS / BSMF-2624 / 4546266213601)
ファンキーなコンテンポラリーなブルースから、オールドスクールなディープ・ブルース&ゴスペル、さらにハードなブルース・ロックまで、その生まれ持ったソウルフルな歌声で存分に聴かせた強力作。ゲストで、マイアミの狂犬ギタリスト、アルバート・カスティーリアや、ジョシュ・ローワンドが参加。

<プロフィール>
キャット・リギンズこと、カトリーヴァ・リギンズは、1980年フロリダ州マイアミ出身。音楽好きの家庭に生まれ、幼い頃から、ゴスペル、ソウルは勿論、カントリー、ロック、ポップスまで様々な音楽に囲まれて育つ。そんな中、彼女が好きだったのは、ベッシー・スミスやニーナ・シモン、ティナ・ターナー、エタ・ジェームスなどだった。ティーンエイジャ―になり、自然と教会やローカルの集まりで歌うようになる。そして23歳からは、フロリダの観光地サニー・アイルズ・ビーチのラウンジで本格的にプロのシンガーとして歌い始める。その頃は、ジャネール・モネイやZZ・ワードなど今風の若いR&Bシンガーからも影響を受けている。2012年5曲入りEP『Seoul Music』でデビュー。2014年には初のフルアルバム『Lily Rose』 を発表。その後は、自身のバンド、ブルース・リヴァイヴァルを率い、ニューオーリンズやアジアにもツアーを行う。2016年には、よりサウンド面でもブルースに傾倒したセカンド・アルバム『Blues Revival』をリリースし、様々なブルースフェスにも出演している。




★パイントップ・パーキンスが2004年にリリースし、長らく入手困難だったグラミー・ノミネートの名盤が再発売!

●パイントップ・パーキンス / レディース・マン 国内CD 2,376円(税込) (BSMF RECORDS / BSMF-7023 / 4546266213632)
マディ・ウォーターズのバックで長らく活躍したピアニスト、パイントップ・パーキンスが2004年にリリースし、長らく入手困難だったグラミー・ノミネートの名盤が再発売!
タイトル通り、スーザン・テデスキー、マーシャ・ボール、マデリン・ペルー、そして今は亡き、ルース・ブラウン、デボラ・コールマンなど多くの女性アーチストが素晴しい歌声を披露。また、盟友ウィ・スミスとボブ・ストローガーのシカゴリズム隊やエルビン・ビショップらも参戦。オリジナルを中心に、リトル・ウォルター、レッドベリーらの名曲を聴かせる。

<プロフィール>
1913年ミシシッピ州出身。30年代中頃から活動し、デルタ・ブルースはもちろんブギ・ウギ・ピアノなどを得意とする。50年代にはロバート・ナイトホークやアール・フッカーとコンビを組んで活躍。自己名義でも1953年にサン・レコードに録音。60年代初頭からはシカゴを拠点に移し、オーティス・スパンの後釜として1969年からマディ・ウォーターズ・バンドの中核としてそのサウンドを支える。マディの死後、1988年『アフター・アワーズ』を皮切りにコンスタントにソロ作品をリリース。2003年にはブルース・ムーヴィー・プロジェクトで取り上げられ、2008年にはクラプトンやB.B.キングなどが参加した『パイントップ・パーキンス・アンド・フレンズ』をリリースし話題となる。そして2010年に盟友ウィリー“ビッグ・アイズ”スミスとの共演アルバム『ジョインド・アット・ザ・ヒップ』ではグラミー賞も受賞。2011年、97歳で長年の活躍に終止符を打つ。




★ASHFORD & SIMPSONのワーナー時代の1973-1981年に発表された重要楽曲を3CDに収録したお買い得セットがリリース!

●ASHFORD & SIMPSON ア / LOVE WILL FIX IT: THE WARNER BROS. RECORDS ANTHOLOGY 1973-1981 (3CD) 輸入CD 2,592円(税込) (GROOVE LINE / GLRCDXD4 / 5053760039037)
60年代からモータウンのソングライターとして活躍したソウル界切ってのオシドリ夫婦、ASHFORD & SIMPSONのワーナー時代の1973-1981年に発表された重要楽曲を3CDに収録したお買い得セットがリリース!

入門盤としてもバッチリですが、シングルヴァージョンやTOM MOULTONによるミックスバージョン、12インチバージョンなどレア音源も収録されており、ファンも楽しめる好編集盤です。




★押さえておきたいBLUES名盤16作を取り揃えたお得8CDBOX!

●V.A. (AN EASY INTRODUCTION) / AN EASY INTRODUCTION TO THE BLUES TOP 16 ALBUMS (8CD) 輸入CD 3,780円(税込) (NEW CONTINENT RECORDS / NEW648056 / 8436569192764)
下記のオリジナルアルバム16作を完全収録

• B.B. King: King of the Blues (Crown CLP5167)
• B.B. King: My Kind of Blues (Crown CLP5188)
• Etta James: At Last! (Argo LPS-4003)
• Etta James: The Second Time Around (Argo LPS-4011)
• Muddy Waters: At Newport (Chess LP1449)
• Muddy Waters: Sings Big Bill (Chess LP1444)
• John Lee Hooker: I’m John Lee Hooker (Vee-Jay LP1007)
• John Lee Hooker: Travelin’ (Vee-Jay LP1023)
• Bobby Bland: Two Steps from the Blues (Duke DLP-74)
• Howlin’ Wolf: Moanin’ in the Moonlight (Chess LP-1434)
• Jimmy Reed: Rockin’ with Reed (Vee-Jay LP-1008)
• Ray Charles: The Genius Sings the Blues (Atlantic LP8052)
• Screamin’ Jay Hawkins: At Home with Screamin’ Jay Hawkins (Epic LN 3448)
• Johnny “Guitar” Watson: Space Guitar Master (Selections from Hoodoo 263397)
• Professor Longhair: No Buts, No Maybes (Selections from Hoodoo 263379)
• Freddy King: Freddy King Sings (King Records 762)

■ブルースの発祥は19世紀の終わり頃、主にアメリカの“ディープ・サウス”であるアフリカ系アメリカ人のコミュニティに由来するといわれています。本作はB.B.キング、マディ・ウォーターズ、ジョン・リー・フッカー、エタ・ジェームス等、1950年代から1960年代初頭にかけて録音されたブルースの名盤16作を集めた8枚組のCD。20頁のブックレット付。





ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[12432]  [12455]  [12454]  [12453]  [12428]  [12448]  [12430]  [12451]  [12450]  [12449]  [12447
高価買取リスト
                 
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
ce4ade5c.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC