diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:960円~社員登用有り。  width=
店舗情報
DO1 〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp    

  ↑↑クリックすると拡大できます

JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。年中無休、CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。


     
English Info
twitter
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






Facebook
face.JPG










BIBLIOPHILIC
bibi.JPG






ヤフオク出品中!

ロック中古情報

【特集】好評に付き延長!!
ELEFANT RECORDS 特集
レーベル・ステッカー
プレゼント!!  width=
お客様ご意見箱
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
16 17
19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
こちらのBLOGは携帯でもご覧頂けます。こちらのバーコードでアクセスして下さい。
diskunion 中古オンラインSHOP 



★キンクスのレイ・デイヴィスによるアメリカ音楽の再解釈「アメリカーナ」の続編が登場!

●RAY DAVIES / OUR COUNTRY: AMERICANA ACT II 輸入CD 2,052円(税込) (SONY / 19075820052)
レイ・デイヴィス『AMERICANA』の続編となる新作!  言わずと知れたKINKSのメイン・マンであり、英国が誇る英国的シンガー・ソングライター最高峰として鈍く輝き続けるRAY DAVIES。2013年に出版された同タイトルの回想録「AMERICANA」をきっかけとした2017年作『AMERICANA』で、アメリカを巡る自らの旅を振り返った彼が再びアメリカとアメリカ音楽に向き合った続編第2作。全曲の作詞・作曲はもちろん、アレンジとプロデュースもレイが担当。レコーディングもKONKスタジオで、バックの演奏は今作もTHE JAYHAWKSを中心にRAYの片腕ギタリストBILL SHANLEY等が参加。オープニングを飾る"OUR COUNTRY"は前作『AMERICANA』のアルバム・タイトル曲のテーマ/メロディを発展させた楽曲、またかつてアメリカに刺激を受けて書き上げたKINKSの71年作『MUSWELLHILBILLIES』楽曲"OKLAHOMA U.S.A."や、07年ソロ『WORKING MAN'S CAFE』楽曲"THE REAL WORLD"、06年ソロ『OTHER PEOPLES LIVES』楽曲"THE GETAWAY"等の再解釈も収録しています。




★シカゴの初期大傑作アルバム『CHICAGO II(シカゴと23の誓い)』を再現する最新ライヴ作品がCD+DVD仕様で登場!

●CHICAGO / CHICAGO II: LIVE ON SOUNDSTAGE 輸入CD+DVD 3,780円(税込) (RHINO / 349785817)
シカゴの初期大傑作アルバム『CHICAGO II(シカゴと23の誓い)』を再現する最新ライヴ作品がCD+DVD仕様で登場!  米人気TV番組「SOUNDSTAGE」シリーズのために昨年2017年にバンド結成の地でありバンド名にも使用されているシカゴにある歴史的なスタジオ、WTTW-TVスタジオにて行われたスタジオ・ライヴを収録した、彼らの最新ライヴ音源。しかもそこで披露されたのは70年大傑作アルバム『II』の再現ライヴ。70年代にライヴで披露していた以降生で聴く事が出来なかった楽曲も含む、このクラシック・アルバムに収録されている楽曲を全曲披露するという、ファンにとってはたまらない内容となっている。音源のみを収録したCDと実際に放映されたライヴ映像をDVDに収録したCD+DVDという2形態でのリリース。観客を前に繰り広げられるエネルギーに満ちた熱いパフォーマンスは必聴&必見!




★天才マンドリン奏者デヴィッド・グリスマン率いるブルーグラスバンドの79年FMラジオ放送用ライヴ音源が2CD化!

●DAVID GRISMAN QUINTET / LIVE AT THE GREAT AMERICAN MUSIC HALL 1979 輸入2CD-R 3,132円(税込) (ACOUSTIC DISC / ACTD50010.2)
CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。
デヴィッド・グリスマンの79年ライヴ音源が2CD化!  79年3月5日と6日、サンフランシスコのGREAT AMERICAN MUSIC HALL公演を収録。JERRY GARCIAとのコラボでも知られるサンフランシスコが生んだ天才マンドリン奏者DAVID GRISMANが75年に結成したブルーグラス/ジャズ・バンドDAVID GRISMAN QUINTET。ギター/マンドリンのTONY RICE、フィドル/チェロ/マンドリンのDAROL ANGER、マンドリン/マンドラ/フィドルのMIKE MARSHALL、ベースのTODD PHILLIPSという最強の布陣で奏でられる珠玉のアコースティック名演のステージです。




★伝説のラジオ番組『ゴー!ゴー!ナイアガラ』でオンエアされた楽曲を、春、夏、秋、冬のフォー・シーズンに分けて構成した、新感覚のオールディーズ・コンピレーション! 第1弾、夏編!

●オムニバス / ゴー!ゴー!レディオ・デイズ ~サマー  国内CD 3,240円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6592-94)
CDコンピレーション、「ナイアガラ奥の細道」の続編。伝説のラジオ番組『ゴー!ゴー!ナイアガラ』でオンエアされた楽曲を、春、夏、秋、冬のフォー・シーズンに分けて構成した、新感覚のオールディーズ・コンピレーションが登場! その第1弾となる“夏編”には、サーフィン/ホット・ロッド、エレキ・インスト、ガール・ポップ、ソフト・ロックなど、暑い季節にピッタリの爽やかなサマー・ポップ・チューンが満載だ(『ナイアガラの奥の細道』とのダブリは1曲もありません)。※初回盤(500セット)のみ、豪華ボックス仕様、それ以降は通常仕様ジャケットになります。

<初回盤限定スペシャルパッケージ>
■初回盤500セットのみ特注デザインのボックス仕様。(初回盤完売後はオールデイズの汎用ボックスになります)
■封入特典:本編とはまったく異なる楽曲で構成されたボーナスCDの応募券封入。
ゴー!ゴー!レディオ・デイズ・シリーズの春夏秋冬4タイトル分集めて送付頂くとボーナスCDをお送りいたします。*その他、応募に関する詳細は、下記4タイトルの初回盤に封入されている応募要項をご覧ください。

<シリーズ発売予定>
『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ~サマー』(2018年6月発売)
『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ~オータム』(2018年9月発売)
『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ~ウィンター』(2018年12月発売)
『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ~スプリング』(2019年3月発売)




★現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップスのレストレス・レーベル時代の音源を集めた6枚組ボックス・セットが登場!

●FLAMING LIPS / SEEING THE UNSEEABLE: THE COMPLETE STUDIO RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS 1986-1990 輸入6CD 4,644円(税込) (WARNER BROS / 349786023)
シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡――。
多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。彼らがワーナーブラザーズへ移籍前にリリースしていた貴重なレストレス・レーベル時代の音源を集めた6枚組ボックス・セットが登場!
■ デビュー以来20年以上にも亘り、一貫して多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。オルタネイティブから、サイケデリック、スペース・ポップ、はたまた実験的かつ前衛的なアプローチで、彼らは世界中のリップス中毒者から熱い支持を受け続けている。
■ その素晴らしきザ・フレーミングリップスの原点と軌跡を辿る、一大リイシュー・プロジェクトが今年から始動!今年4月にその第一弾として、1986年のデビュー・アルバム発売前に発表していた貴重な初期音源をコンパイルした『SCRATCHING THE DOOR: THE FIRST RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS』をリリースしたのに続き、彼らがワーナーブラザーズ以前にカリフォルニアのレーベル、レストレス・レコーズ(Restless Records)からリリースしたスタジオ音源を集めた6枚組CDボックスが登場した。収録されている音源は、長年バンドの作品をプロデュースしているデヴィッド・フリッドマンが、メンバーのウェイン・コインとマイケル・アイヴァンスの手を借りながら、オリジナル音源からのリマスターを施している。
■ 今回リリースとなる『SEEING THE UNSEEABLE』は、ザ・フレーミング・リップスが1984年から1990年にかけてレストレス・レコーズからリリースした4枚のスタジオ・アルバム、『HEAR IT IS』(1986年)、『OH MY GAWD!!!...THE FLAMING LIPS』(1987年)、『TELEPATHIC SURGERY』(1989年)、そして『IN A PRIEST DRIVEN AMBULANCE (WITH SILVER SUNSHINE STARES)』(1990年)をフィーチャー。これらのアルバムの中には、「Godzilla Flick」、「Unconsciously Screaming」、「One Million Billionth Of A Millisecond On A Sunday Morning」、そしてスタンダード・ナンバーのリップス風カヴァー「(What A) Wonderful World」など、ファンならチェックしたい珠玉のトラックも収録されている。
■ またCD5にはレア・トラックを収録!シングルのB面曲やソノ・シートで発表された楽曲、さらにコンピレーションに提供したものなど、15曲を収録している。その中には、Sub Popからのシングルに収録されていた「Strychine/Peace, Love And Understanding」、そして1989年にリリースされたニール・ヤング・トリビュートに収録されていた、「After The Cold Rush」などが収められている。最後に収録されているCD6は、レストレス・レコーズからの最後のアルバム『IN A PRIEST DRIVEN AMBULANCE~』からのデモ・トラックを収録したもの。以前RYKODISCからリリースされたコンピレーション『THE DAY THEY SHOT A HOLE IN THE JESUS EGG』に収録されたレア音源が、今回再び1つに集められている。
■ 多幸感に満ちたリップス・ワールドが大きく花開く寸前の貴重な音源。シュールでアートな摩訶不思議ワールドの類い稀なる奇跡の軌跡がこの6枚に凝縮されているのだ! <メーカーインフォより>




★ゴリラズ新作『ザ・ナウ・ナウ』の輸入盤も入荷!

●GORILLAZ / THE NOW NOW 輸入CD 1,728円(税込) (PARLOPHONE / 9029564343)
UKロック・バンド、BLURのデーモン・アルバーンとコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットが仕掛け人となり、世界で最も成功を収めたヴァーチャル・バンド、GORILLAZ。待望のニュー・アルバム、『THE NOW NOW』を全世界同時リリース!

今作はジェイムス・フォードやレミ・カバカと共に、ロンドンのスタジオ13で今年2018年2月にレコーディングがなされ、全11曲を収録。
昨年2017年にリリースされた前作『ヒューマンズ』では、メイヴィス・ステイプルズ、プシャ・T、D.R.A.M.等から、グレアム・コクソンやかつてのライバル、ノエル・ギャラガーに至るまで、豪華ゲスト・アーティストとのコラボレーションを多数披露し、その大作ぶりが話題となったが、今作『ザ・ナウ・ナウ』では原点に立ち返り、彼らのクリエイティヴの核心に迫ったアルバムとなっている。

■バイオグラフィー
心優しき青髪の2D(Vocal)、大阪出身の日本人ギタリスト、ヌードル(Guitar)、そしてNY出身のクールアメリカン、ラッセル・ホブス(Drums)は不動のメンバーとして参加。しかし今作はバンド始動時からのメンバー、マードックが一時的にバンドを離脱。2018年2月のBRIT Awards 2018にて、公開されたマードックからのビデオ・メッセージからは、彼が刑務所に収監された様子がみてとれるが、ピンチ・ヒッターの新メンバー(?)として、エースが加入することが明らかになった。担当はベース。新たに公開となったアーティスト・フォトから彼の風貌がお分かり頂けるだろうが、彼は知る人ぞ知る≪ギャングリーン・ギャング(THE GANG GREEN GANG) ≫のメンバーでもある。




★ハワイアンAORデュオ、TOMA & NATTOで活動したリチャード・ナットの2013年作がCDRリイシュー!

●RICHARD NATTO / LOVE IS EVERYTHING 輸入CD-R 1,944円(税込) (RD MUSIC / RN183991)
CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。
70年代後半のハワイアンAOR通や現地ミュージシャンの間でKALAPANAやCECILIO & KAPONOと並ぶ評価を勝ち得ていた幻の名デュオTOMA/NATTOの片割れとして知られるシンガー・ソングライターRICHARD NATTOの2013年作がCDRリイシュー!  当時リリースのものとはジャケットを差し替えて再登場。タイトル通りにラヴ・ソング集となった本作は、全編NATTOひとりによる多重歌唱と演奏で贈る珠玉のコレクション。ソフトかつエモーショナルなヴォーカルはときにファルセットも響かせながら、美しいアコギとピアノを主体としたレトロなローカル・ポップ・サウンドに アクセントとして多用するシンセによる擬似ストリングスも美味。ローファイ・ベッドルームな質感の中を柔らかくロマンティックに包み込まれていく名演の一枚です。





★純度1000%のアメリカン・ロック・バンド、ザ・ワイルド・フェザーズによる18年最新作!

●WILD FEATHERS / GREETINGS FROM THE NEON FRONTIER 輸入CD 1,620円(税込) (WARNER BROS / 9362490613)
聖地ナッシュヴィルから世界に羽ばく純度1000%のアメリカン・ロック・バンド、ザ・ワイルド・フェザーズ。 3人のリード・シンガー、3人のソングライター、1つのハーモニーで辿る、カントリー・ロックへの心の旅路。大陸を駆けるロード・ムーヴィのような新作『WELCOME TO THE NEON FRONTIER』で彼らはアメリカン・ミュージックの新たな地平を目指す!
■ アメリカン・ミュージックの聖地ナッシュヴィルを拠点に活動する4人組ロック・バンド、ザ・ワイルド・フェザーズ。3人のリード・シンガー、3人のソングライター、1つのハーモニーが奏でるアメリカン・ロックの新作が到着した。
■ 2016年の前作『LONELY IS A LIFETIME』から約2年振りにリリースされる新作スタジオ・アルバム『WELCOME TO THE NEON FRONTIER』。通算3作目となる本アルバムのプロデューサーを手掛けるのは、前2作同様ジェイ・ジョイス(Cage The Elephant / Little Big Town他)。彼らの最大の特徴とも呼べるハーモニーと弾きまくるギター、そしてタイトなソングライティングはそのままに、自分たちのルーツとも呼べるカントリーやアメリカーナを掘り下げた作品になっているという。
■ デビュー以前から、そして前作をリリースしてからもずっとツアーに次ぐツアーを行ってきたザ・ワイルド・フェザーズ。「ここまでに旅した距離の全て、そして演奏したショウの全てがこのアルバムに結実していると思う」バンドのシンガー/ギタリストの1人であるリッキー・ヤングはそう語り、更に続ける:「自分たちが今まで作ってきた中で、最も率直で深い作品になったと思うよ」
■ 先行シングルとしてリリースされたのは、初夏の日差しと風が似合う、爽やかなロック・ナンバー「Big Sky」。往年のウエストコースト・サウンドを思わせるようなこの曲は、Rolling Stoneからも”日常から離れ、広い空間を探し求める喜びを歌った讃歌”だと表現している。また続けて公開されたアルバムの1曲目、「Quittin' Time」も、3人のヴォーカルが代わる代わるパートをとり、ハーモニー・パートへと繋がっていく、ザ・ワイルド・フェザーズ流カントリー・ロックに仕上がっている。
■ 2010年に結成以来、ボブ・ディランやウィリー・ネルソンといった大御所たちのツアーのオープニングを務め、ライヴ・バンドとしても着実に人気と実力を付けているザ・ワイルド・フェザーズ。今年の7月4日は、85歳を迎えたウィリー・ネルソンの”4th of July Picnic”に、スタージル・シンプソンらとともに出演することが発表されているほか、今夏全米各地をツアーしてまわることとなっている。
■ バッファロー・スプリングフィールド、イーグルス、グラム・パーソンズなどアメリカン・ロックの真髄をしっかりとDNAに受け継ぎながら、ライヴ・バンドとして培った実力と、そのコーラスとハーモニーで聴くものの心を掴んできた、ザ・ワイルド・フェザーズ。アメリカン・ロックの本流の次世代を担うであろう彼らは、新作『WELCOME TO THE NEON FRONTIER』でカントリー・ロックを掘り下げ、そのアメリカン・ロックの純度をより濃いものへと昇華させているのだ。<メーカーインフォより>




★ダニー・ミノーグが華麗なる復活を遂げた大ヒット・アルバム『NEON NIGHTS』。その発売から15年を記念して、CDのデラックス・ヴァージョンが待望の復活!

●DANNII MINOGUE / NEON NIGHTS 輸入2CD 2,376円(税込) (ATO / 6055521215)
ダニー・ミノーグが華麗なる復活を遂げた大ヒット・アルバム『NEON NIGHTS』。その発売から15年を記念して、CDのデラックス・ヴァージョンが待望の復活!当時クラブ・シーンで注目されている新進気鋭のプロデューサー達を迎えて制作された、時代の最先端クラブ・サウンドに挑戦した意欲作の2枚組デラックス・ヴァージョンが待望の復活!
■ ダニー・ミノーグが華麗なる復活を遂げた大ヒット・アルバム『NEON NIGHTS』。その発売から15年を記念して、CDの2枚組デラックス・ヴァージョンが待望の復活!作品初となるアナログも同時発売!!
■ ポップス界の女神、カイリー・ミノーグの妹としても広く知られるダニー・ミノーグ。愛らしいルックスで人気を博した彼女は、子役からトップ・アイドルへと成長していく。1990年から本格的に音楽活動をスタートさせ、活動の拠点をUKへと移した彼女だったが、その後、ショウビズの世界から一時遠ざかっていた。2000年に女優として活動を再開した彼女が、音楽シーンへの華々しい復帰を果たしたのが、2003年にリリースした通算5作目となるスタジオ・アルバム『NEON NIGHTS』。
■ 1stシングル「Who Do You Love Now?」(初登場3位)、2ndシングル「Put A Needle On it」(初登場7位)、3rdシングル「I Begin To Wonder」(初登場2位)、4thシングル「Don't Wanna Lose This Groove」(初登場5位)と、アルバムからリリースされたシングルは全て全英シングル・チャートのTOP10入りを果たし、アルバム自体も、全英8位を記録した。
■ JEWELS&STONE(S CLUB 7他)、GIL CANG(GALLIANO他)、IAN MASTERSON(ATOMC KITTEN他)、JCA(ドイツのハウス系プロデューサー)やRIVA(トランス・シーンで大人気のプロデューサー)など、当時クラブ・シーンで注目されていた新進気鋭のプロデューサー達を迎え、時代の最先端クラブ・サウンドに挑戦した『NEON NIGHTS』。今回復刻となるアルバムのデラックス・ヴァージョンには、オリジナル・アルバムに加え、彼女をフィーチャーしたRivaのシングル「Who Do You Love Now?」や、Dead Or Aliveとのコラボ・ナンバー「Begin to Spin Me Round」の他、TigaやJason Nevins、Almightなどによるクラブ系を中心とした様々なリミックス・ヴァージョンをボーナス・トラックとして収録している。
■ また本デラックス・ヴァージョンの復刻に合わせ、『NEON NIGHTS』は今回初めてアナログ・レコードでも発売となるが、それについてダニー・ミノーグ自身以下のように語っている:「ソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせて、1990年に初めてのアルバムをリリースした時、音楽は7インチや12インチのアナログ・レコードでリリースされていた。でもアルバムをリリースしていくうちに、テクノロジーが進化し、カセット・シングルやカセット・アルバム、CDにミニCDが出てきて、今またアナログに戻ってきた!”NEON NIGHTS"はアナログ・レコードでリリースされることはなかった。90年代で、音楽業界はデジタル時代真っ只中だったし、誰もがその(アナログによる)音楽体験に見向きもしていなかったから。幸いにもジェネレーションY(ミレニアル世代)はレコード・プレイヤーが持つノスタルジーにハマってくれたおかげで、ようやく、ここにある楽曲に針を落として聴くことが出来るようになったの。(ご近所さんから苦情が来るぐらい音量を上げてね!)」
■ 発売から15年経った今も色褪せることない、クラブ・サウンドの名盤が再び蘇る!
アルバム・トレイラー映像:https://youtu.be/zR4OWHywQwo
<メーカーインフォより>




★透明感溢れる癒しのアコースティック・ロック・バンド、ディス・ワイルド・ライフの最新作!

●THIS WILD LIFE / PETALUMA 輸入CD 1,728円(税込) (EPITAPH / 1409275862)
心に燦々と降り注ぐ、陽だまりのように優しくて暖かいアコースティック・サウンド。
エピタフ・レーベル所属のアコースティック・デュオ、THIS WILD LIFE。一見屈強な男たちが奏でる、透明感溢れる癒しのアコースティック・ロックが、色とりどりの音となって聴くものに降り注ぐ。待望の新作『PETALUMA』完成!
■ 2010年の結成以来、爽やかなアコースティック・サウンドでファンを増やしている、THIS WILD LIFE (ディス・ワイルド・ライフ)。ケヴィン・ジョーダンとアンソニー・デル・グロッソからなる彼らは、カリフォルニア、ロングビーチ出身。エピタフ・レーベル所属のタトゥーとヒゲという、一見屈強なルックスにも関わらずAlexisonfireのダラス・グリーンのソロ・プロジェクト、シティ・アンド・カラー(CITY AND COLOR)にも通じる、繊細で静かに心を揺さぶるエモーショナルなサウンドを奏でている。
■ 元々ドラマー同士として知り合い、最初はパンク・バンドを結成していたという二人だが、アコースティック・ナンバーの方がファンにより受け入れられていると感じ始めた彼らは、アコースティック・デュオである現在のTHIS WILD LIFEを結成した。エピタフと契約した彼らは、2014年にデビュー・アルバム『CLOUDS』、そして2016年にはセカンド・アルバム『LOW TIDES』をリリースしているが、その間にライヴは、ステージダイヴよりも観客の大合唱が響き渡るものとなり、楽曲のアレンジもより広く、より緻密になっていった。そうして彼らは、自分たちの大好きなこと、好きでないことを突き詰めていった。
■ その彼らにとっての最新作であるサード・アルバム『PETALUMA』。アルバムのソングライティングを始めるとき、彼らはこのアルバムを明るく、もっとアップテンポに、そして自分たち自身が毎日ずっと聴き続けたくなるようなものにしようとお互いに決めたという。音楽面でも、楽器のアレンジを自分たちが実際演奏しているもの、また出来るものに限ることにした。敢えてこうした”縛り”をもうけた二人だったが、それによって彼らのソングライティングの可能性は少しも狭められることなく、むしろ道筋がはっきりしたおかげで、より深く広がりのあるものが出来たという。
■ 先行シングルとして公開されている「Hold You Here」、そして「Westside」を聴けば、彼らの温かな視点や、透明感溢れるハーモニー、そして心にそっと寄り添ってくれるような優しいメロディーを感じることが出来るだろう。アルバム・ジャケットに描かれたひまわりのステンドグラスのように、彼らの柔らかなアコースティック・サウンドは、ステンドグラスを通した陽の光のように、色とりどりの音となって聴くものに降り注ぐのだ。
■ 最後に――バンドがオススメする本作『PETALUMA』の聴き方をここで紹介しよう。「窓を開けて大音量で聴いて欲しい、例えば日曜日の朝、部屋の掃除をしている時とかに、もしくはヘッドフォンをつけて、心地よい逃避としてね」<メーカーインフォより>




ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。


TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[12189]  [12188]  [12185]  [12183]  [12181]  [12177]  [12179]  [12178]  [12176]  [12172]  [12169
高価買取リスト
                 
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
ce4ade5c.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC