ディスクユニオン都内最大の売場面積を誇る当店「ディスクユニオンお茶の水駅前店」は、7月5日(金)にリニューアル・オープンいたしました!店舗の場所はそのままに、大幅リニューアルしたお茶の水駅前店で皆様のご来店お待ち申し上げております!また当店ではオールジャンルのレコード&CDを高価買取中!買取のことなら当店へお任せください!

diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:1,020円~社員登用有り。  width=
店舗情報
〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp       ↑↑クリックすると拡大できます JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。    
English Info
twitter


★ポップアップスペース専用Twitter開設しました★
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






BIBLIOPHILIC
BIBLIOPHILIC.JPG






ロック中古情報

アーカイブ
店舗受取サービス


◎RECORD STORE DAY 2018にて即完売の限定商品が限定再入荷致しました!!!どうぞお見逃しなく!!!!
★69年1STの元々USオンリーのボーナス追加超限定盤が180グラム重量盤2LPリイシュー!

●IGGY POP / STOOGES (IGGY & THE STOOGES) / THE STOOGES (THE DETROIT EDITION) [180G 2LP]
5,184円(税込) (ELEKTRA / R1566046)

60年代末期にデトロイトで生まれた、もうひとつのロックン・ロール。後のパンクス達に多大な影響を与えたオルタナ界のカリスマIGGY POPが結成した伝説のハード・ロック・グループの69年デビュー作。プロデュースはVELVET UNDERGROUNDのJOHN CALE。激しいステージングとは対照的に意外に抑制されたアルバム作りがなされ、IGGYの静の部分も表現されており、彼らの音楽性の幅広さが出ている完成度の高い作品です。

THIRD MAN RECORDSのBEN BLACKWELLのコンパイルによるリリースで、ナッシュヴィルとデトロイトのTMRレコード・ストア限定で発売されていた超限定盤。69年の記念すべきセルフ・タイトル1STに加え、"1969"のオルタネイト・ヴォーカル・ヴァージョンや"NO FUN"のフル・ヴァージョンなど今回初アナログ化となるトラックを含む デラックスCDボックスに収録されていた全8曲のマテリアルをボーナスLPにコンパイルした2枚組。

ゲートフォールド・スリーヴ装。 8000枚限定盤。



★73年3RDが45周年記念クリア・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

●SANDY DENNY / LIKE AN OLD FASHIONED WALTZ [CLEAR 180G LP]
 (ISLAND / 671715-7)

FAIRPORT CONVENTION、FOTHERINGAY、THE STRAWBSと渡り歩きブリティッシュ・フォーク/トラッドを代表した歌姫SANDY DENNY。

FAIRPORT CONVENTION再復帰前に発表された73年作。前作同様に、RICHARD THOMPSON、TREBOR LUCAS、GERRY CONWAY、PAT DONALDSON、JOHN BUNDRICK等が参加していますが、タイトル・トラックや"FRIENDS"等、全編に渡ってHARRY ROBINSON指揮のオーケストラを大々的に導入。前2作程の人気はありませんが、ジャケットやタイトルから受ける印象そのまま、過ぎ去った過去への憧憬と愛情を感じさせる内容が愛しい名作です。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。





◎2018年5月24日(木) 新品レコード入荷商品!!
★世界的大ブレイクを果たしたデビュー・アルバム『SOMETIMES I SIT & THINK, & SOMETIMES I JUST SIT』(2015年)から3年、オーストラリアの女性オルタナティヴSSW、COURTNEY BARNETTがセカンド・アルバム『TELL ME HOW YOU REALLY FEEL』をリリース!

●COURTNEY BARNETT /  TELL ME HOW YOU REALLY FEEL (LP)
3,024円(税込) (MILK! RECORDS / MA0122LPX)


■初回限定レッド・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

まずは新作から中毒性の高いパンク・ロック・アンセム「Nameless, Faceless」のミュージック・ビデオを公開した。このシングルは、ネット上の終わりなき匿名の人々によるハレーション現象を怒りや皮肉の感情とともに表現し、彼女にとって歌というベストな道具を使って、その現象に応戦した曲だ。
2015年に発売されたデビュー・アルバムは、その年の「アルバム・オヴ・ザ・イヤー」の上位を席巻し、グラミー賞「最優秀新人アーティスト」へのノミネート、ブリット・アウォード「インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞」の受賞、その傑出した歌声やウィットに富んだ感性、時折見せる無邪気でユニークな観察眼は高い評価を獲得し、新世代を代表するアーティストとなった。また昨年は、盟友カート・ヴァイルとコラボしたアルバム『ロッタ・シー・ライス』をリリースし、こちらも高い評価を受けている。そして、前作の大ブレイクを経て新作はどんな作品になっているのだろうか?
新作では、意外ともいえる変化を軽やかに見せている。問いかけ?、それとも命令調なのか独特なアルバム・タイトル、いつもと違った表情を見せるクローズアップで撮られたセルフポートレイトのジャケット写真、そしてこの作品には、今までになかった素直さ、骨太な演奏、優しさに溢れる歌声、そして力強い歌詞が響く。言うなれば、自身の音楽的進化において注目すべき新たなフェーズに入ったのである。
今の彼女からは言葉数を減らしながらも逆に多くのことが伝わってくる。かつて彼女は自身のフィルターを通した視点から世界を眺め歌っていたが、新作は、善人たち、悪人たち、愛する人々など、彼女に関わる色々なものに視点を移して歌っている。それらは親しい人から全く知らない人まで、実に様々な範囲まで及ぶ。
ファースト・シングル「Nameless, Faceless」は、その歌詞一つ一つが印象的だ。「アルファベットが入ったスープを飲み込んで、君よりもっと上手な言葉を吐き出せたらいいのに」。このネット上の醜い現象が現実世界において、誰もあずかり知らないところでひっきりなしに人々の安全を脅かすようなことになっていなければ、ただの喜劇で終わるのだが、現実には頻繁に起こっていることである。カナダの女流作家マーガレット・アトウッドの言葉から借りた一節がコーラスとなってまさにそのことを描き出している。
「僕は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/女性に笑われるのを怖がる男性がいる/私は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/男性に殺されるのを怖がる女性がいる/私は手にしっかりと鍵束を握っている」
今現在においてもクレヴァーで捻りの効いた言葉使いやストーリー性溢れるその着眼点は全くもって変わるところがない。
彼女はよりシリアスで外界へ向けたトーンで現在の社会情勢を切り取っていながらも、彼女の持つメロディアスで中毒性高い旋律は今もって健在である。






●SIMON AND GARFUNKEL / サイモン&ガーファンクル / GREATES / SIMON AND GARFUNKEL サイモン&ガーファンクル 輸入LP LP(レコード)(10)3,240円(税込) (COLUMBIA/LEGACY / 19075817661)

72年ベスト盤がアナログ・リイシュー!

未発表ライヴや新ミックスによるヒット曲を収録した初の公式ベスト・アルバム。当時、明確なアナウンスがなかったものの、解散が確実視される中で発表され話題を呼びました。

このヒット曲を集めた作品は彼等の短いキャリアを単に総括するものではなく、"THE SOUND OF SILENCE"、"I AM A ROCK"等は新たにミックスが施された新ヴァージョン、また"FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER"、"THE 59TH STREET BRIDGE SONG"、"HOMEWARD BOUND"、"KATHY'S SONG"の4曲は69年の秋に行われたキャンパス・コンサートの模様を録音したテイクを収めており、SIMON AND GARFUNKELにとって初のライヴ音源リリースでした。単なるベスト盤ではなくオリジナルと比肩しうる作品としてディスコグラフィーに欠かせない一枚となっています。

ダウンロード・コード付属





●KYLIE MINOGUE /  GOLDEN(LP)
2,916円(税込) (BMG / 5053836071)


ポップの女神のきらめき ゴールデン・アワー。 ユーロポップの麗しき女神、カイリー・ミノーグがポップ・シーンに戻ってきた!初のナッシュヴィル・レコーディングから生まれた、カントリー風味のダンス・ポップ・サウンドが今宵フロアにきらめく――すべての輝く人たちが躍る黄金郷、それが『GOLDEN』! 

■ゲートフォールド・ジャケット、ブラック・ヴァイナル 、ダウンロードコード付き

ユーロポップの麗しき女神、カイリー・ミノーグ。クリスマス・アルバム『KYLIE CHRISTMAS』から約3年、スタジオ・アルバム『KISS ME ONCE』から約4年ぶりとなるニュー・アルバムと共に、彼女がポップ・シーンに戻ってきた!通算14作目のスタジオ・アルバムとなる本作のタイトルは『GOLDEN』。カイリー初となるナッシュヴィル・レコーディングの1作である。  
アルバムの幕開けを飾るのは、アコースティック・ギターが印象的なファースト・シングル「Dancing」。そのものズバリの直球なタイトルだが、カイリー自身、この曲についてこう語っている:「エッジにある歌詞とカントリーっぽい雰囲気が、サンプリングされた声やエレクトロの要素と混じり合い、タイトルそのもののサウンドを作り出している。それに、”ダンシング”というタイトルもすごく気に入っているの。すごく分かりやすいし、一見あからさま過ぎるほどだけど、曲に深さがあるのよ」ちなみにこの曲のデモは、テイラー・スウィフトをカントリー・アイドルからポップ・スーパースターへ導いたネイザン・チャップマンと作ったという。  
お馴染みのダンス・ポップ・サウンドに、カントリー風味を加えた、活気あふれる鮮やかなスタイルは、長年カイリーのA&Rを務めているジェイミー・ネルソンのアイディアから生まれたそう。実際どう形にしたらよいのか分からないまま、暫く寝かされていたそのアイディアが動き始めたのは、カイリーが、エド・シーランとも一緒に仕事をしたことのあるソングライター、エイミー・ワッジの出版社から、コラボレーションの為にナッシュヴィルに来てほしいという提案を貰った時だった。今までナッシュヴィルに行ったことのなかったカイリーは、その時”ビビッ”と来たという。「”ナッシュヴィル?!勿論行くわよ!” アルバムの形が見えてくるような気がした。ナッシュヴィルでそれが見えてこなかったら、どうにもならないと思ったの」カイリーは当時をそう振り返る。  
新作『GOLDEN』に収録されている楽曲のソングライティングに、カイリーは共作者として全曲に関わっている。そして彼女と組んだのは、いずれもナッシュヴィルに住まいを構える2人のソングライターたち。一人は、キース・アーバン、ケニー・チェズニー、キャリー・アンダーウッドといったカントリーの大物たちと仕事をしてきている英国生まれのスティーヴ・マクユアン。そしてもう一人はエド・シーランとの仕事で知られるエイミー・ワッジ(こちらも英国生まれ)。さらに大部分のプロデュースを手掛けたのは、アフリカ系ドイツ人のプロデューサー、スカイ・アダムス。この他、アデルなどを手掛けたエグ・ホワイト(Eg White)、ジェス・フレイザー、ジョン・グリーン、ビフ・スタナード、サミュエル・ディクソン、リンゼイ・ライムスなども制作陣に名を連ねている。さらに、英国のシンガー、ジャック・サヴォレッティとのデュエットも収録されている。  
これまでのカイリーの音楽は、例えば「Can't Get You Out Of My Head」が、ロンドンというより宇宙っぽく聴こえていたように、特定の都市や場所を感じさせる作品は少なかったが、本作では「Shelby'68」のように、ナッシュヴィルのことを思いながらロンドンで作ったような曲もある。また「Shelby '68」同様、”ナッシュヴィルでの経験が無かったら生まれなかっただろう”とカイリーが語る「Radio On」には、特にカントリーの黄金時代を思い起こさせるノスタルジックな響きがあるという。 またアルバム『GOLDEN』を通じて、イメージされるカントリー・シンガーを上げるならば、それはドリー・パートンなのかも知れない。  
信じがたいことに、今年50歳を迎えるカイリー・ミノーグ。アルバムのタイトル『GOLDEN』には、今年生誕50周年(Golden Jubilee)を迎える意味も含まれているのだ。「ずっと使ってみたかった言い回しがあるの。”若くもないし、年とってもいない、輝いてるの”ってね。この業界で何度も何度も年齢を聞かれていたから」そう語るカイリーは、アルバムのタイトル『GOLDEN』についてこうも語っているのだ
「私たちは自分以外の誰にもなれないし、実際の年齢よりも若くなったり、年を取ったりすることもできない、あるがままの自分にしかなれないの。私たちは輝いている。アルバム・タイトルの『GOLDEN』は、こうしたこと全て反映している。みんながそれぞれ自分流に輝いているという考えを気に入っているの。太陽は日中輝いているし、月は夜輝く。人生のその地点にいても、私たちはずっと輝き続けているのよ」    


ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[12073]  [12063]  [12071]  [12070]  [12045]  [12069]  [12064]  [12068]  [12067]  [12049]  [12061
高価買取リスト
                               
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
KAITORI1.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC