diskunionお茶の水駅前店
★アルバイトスタッフ募集中!! 時給:960円~社員登用有り。  width=
店舗情報
DO1 〒101-0062        千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル2F              営業時間11:00-21:00   (日祝11:00-20:00)     TEL:03-3295-1461       e-mail : do1@diskunion.co.jp    

  ↑↑クリックすると拡大できます

JR御茶ノ水駅・聖橋口から徒歩1分。年中無休、CD/レコード/音楽書籍/映像ソフトなどの販売・買取を行う当社都内最大の売場面積を誇る店舗です。買取はオールジャンルOK、1点から受付中! 最新リリース新譜から貴重な廃盤中古品、お買い得な掘り出し物まで、常時在庫100,000点以上を取り揃えてお待ちしております! 通信販売も可能です。


     
English Info
twitter
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_
ocha_ekimae

メルマガ登録
ブログ内検索
book union
bookunion_sq_c.jpg






Facebook
face.JPG










BIBLIOPHILIC
bibi.JPG






ヤフオク出品中!

ロック中古情報

【特集】好評に付き延長!!
ELEFANT RECORDS 特集
レーベル・ステッカー
プレゼント!!  width=
お客様ご意見箱
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
16 17
19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
こちらのBLOGは携帯でもご覧頂けます。こちらのバーコードでアクセスして下さい。
diskunion 中古オンラインSHOP 


RECORD STORE DAY 2018限定!D.A.FのROBERT GOERL、全NWファン必聴の80年代未発表パリ音源がCDリイシュー!

●ROBERT GOERL  / THE PARIS TAPES【RECORD STORE DAY 04.21.2018】 輸入CD CD(4)1,944円(税込) (GROENLAND / GRON184)
ご存知EBM/ノイエ・ドイチェ・ヴェレ先駆デュオD.A.F. (DEUTSCH AMERIKANISCHE FREUNDSCHAFT)の片割れROBERT GOERL。86年のDAFの再度の解散を受け音楽への興味をほとんど失っていた彼は、演技を学ぼうとNYへの逃避行を決意。しかし観光ビザしか持っていなかった為に移民法違反ですぐに強制送還となり、そのまま本国ドイツへと到着しますが、その空港で長年放置していた兵役義務違反に問われ一時拘束。そこから数日後、GOERLはスーツケースと新型シンセサイザーENSONIQ ESQ-1を腕に抱え、ミュンヘンから夜行列車でさらにパリへと逃げ込みます。徴兵逃れの期間をどうにかやり過ごそうと一年間留まるためだけに選んだ郊外の安アパートで、誰に会うことも無く、そもそもフランス語も話せずに孤独に向き合った、一台のシンセサイザーとの長い長い時間。

そんなパリ時代のスーツケースにそのまま残されていたテープが、時を経て兄弟の家の納屋からスーツケースごと発見。本作はその失意の日々と夜々が未完成のままにドキュメントされた ロボティックでロマンティックなある男の極個人的な記録です。重ねられ続けたレイヤー、ひたすらの低音モジュレーション。作り、作りこみ、全消去し、再度取り組んで、それでも完成しなかった全9トラック。その行為それ自体を精神的な治療と捉えるほどに追い込まれた人間が、テクノロジーを介して音と向き合い続けると何が出来上がり出来上がらないのかが静かに強烈に浮き上がってきます。

その後GOERLは本音源をデモとしての新たな制作を決意、ミュンヘンからロンドンへ飛びDANIEL MILLERと計画を練りますが、一旦帰郷したその帰り道に自動車事故で生死を彷徨い、再度全てを失うことになります。そして今度はタイへ移り出家を試みるも頓挫、帰ってきたころにはベルリンのラブパレードに魅せられ、今度はテクノDJへと転身を果たしますがそれはまた別の話。

180枚限定盤。




RECORD STORE DAY 2018限定!JAMIE WEDNESDAYを母体に発展したCARTER THE UNSTOPPABLE SEX MACHINE の90年1STがCDリイシュー!

●CARTER THE UNSTOPPABLE SEX MACHINE /  CARTER THE UNSTOPPABLE SEX MACHINE 【RECORD STORE DAY 04.21.2018】 輸入CD 1,944円(税込) (JUNGLE (UK) / ABBCD101J)
インディー・バンドJAMIE WEDNESDAYを母体に発展、87年にシンガーJIM 'JIM BOB' MORRISONとギタリストのLES 'FRUITBAT' CARTERによって結成された南ロンドンのインディー・パンク2人組、CARTER THE UNSTOPPABLE SEX MACHINEことCARTER U.S.M.。

サンプリングにシーケンス・ベースとドラム・マシンを駆使したバッキング・テープにロックンロール・ギターとオフ・ビートの言葉遊び的リリックを載せて作り上げた独特のパワー・ポップを武器に80-90年代を彩った彼らの記念すべきデビュー・アルバム。地元の悪徳資産家を歌った先行チャート・ヒット"SHERIFF FATMAN"をはじめ、当時はまだ治安の悪い地域とされていたテムズ川南岸を舞台にしたブラック・ユーモアとシニカルな皮肉や駄洒落、語呂合わせに言葉遊びが詰まった名品です。インディー・チャートで#1を獲得。




RECORD STORE DAY 2018限定!ELI PAPERBOY REEDとNYのブラス隊、HIGH & MIGHTY BRASS BANDが共演!

●ELI "PAPERBOY" REED & THE TRUE LOVES /  ELI PAPERBOY REED MEETS HIGH & MIGHTY BRASS BAND 輸入CD 1,836円(税込) (YEP ROC / YEP2574CD)
往年のサザン・ソウルを彷彿とさせるブルー・アイド・シンガー、 ELI PAPERBOY REEDとNYのブラス隊、HIGH & MIGHTY BRASS BANDが共演!

■こちらCD仕様になります。




RECORD STORE DAY 2018限定!25年のキャリアを誇るテネシー州ナッシュビルのカントリー・シンガー・ソングライターJOHN CARTER CASH!2018年新作がCDリリース!

●JOHN CARTER CASH / WE MUST BELIEVE IN MAGIC [CD] 【RECORD STORE DAY 04.21.2018】 輸入CD 2,160円(税込) (REVIVER RECORDS / RL2329)
25年のキャリアを誇るテネシー州ナッシュビルのカントリー・シンガー・ソングライターJOHN CARTER CASH。過去10年に渡って録音された17曲を収録。録音にはブルーグラス、ロック、カントリーのナッシュヴィルのセッション・プレイヤーが参加し、BILL MILLER、SHAWN CAMP、WESLEY ORBISONらとの共作も含まれています。

770枚限定盤。




RECORD STORE DAY 2018限定!SUN RAは2タイトルリリース!

●SUN RA (SUN RA ARKESTRA)  ASTRO BLACK 輸入CD 2,160円(税込) (MODERN HARMONIC / MHCD080)
サン・ラが1973年に名門Impulse!からリリースした基本にして名盤「Astro Black」がオリジナル盤よりさらにギャラクティックな新アートワークでリリース!!
電子音とフリー・フォームな演奏が乱れるA1"Astro Black"の名演を筆頭に、全曲サン・ラ節が効いた名盤です!
盤面はコズミックなパープル・ヴァイナルという雰囲気もバッチリなリリース!!

●SUN RA (SUN RA ARKESTRA) / CYMBALS/SYMBOLS SESSIONS: NEW YORK CITY 1973  輸入CD 3,456円(税込) (MODERN HARMONIC / MHCD083)
※2CD
1973年に録音されたCymbalsがRECORD STORE DAY 2018でアナログ・リイシュー決定!
"Cymbals"の音源と"Symbols"と題された未発表セッションを収録した豪華内容!




RECORD STORE DAY 2018限定!ライトニン・スリム・タイプのN.O.~ルイジアナ・ブルース・マンLITTLE FREDDIE KINGの新作が登場!

●LITTLE FREDDIE KING  / FRIED RICE 輸入CD 2,268円(税込) (ORLEANS / LFKCD)
FREDDIE KINGのご子息ではございません。ライトニン・スリム・タイプのN.O.~ルイジアナ・ブルース・マンLITTLE FREDDIE KINGの新作が登場!




RECORD STORE DAY 2018限定!THE MOVEのギタリストの2018年ソロ・デビュー作がカセット・リリース!

●TREVOR BURTON / LONG PLAY [CASSETTE] / 【RECORD STORE DAY 04.21.2018】 輸入CASSETTE TAPE 1,296円(税込) (GRAY SKY RECORDS / GS020CASS)
THE MOVEのオリジナル・メンバーとして知られるTREVOR BURTONの1STソロ・デビュー作が登場。TREVOR自身のペンによる2曲に加え、VIC CHESNUTTやJOHN VANDERSLICE、NEUTRAL MILK HOTELのJEFF MANGUM、MOUNTAIN GOATSのJOHN DARNIELLE等々による9曲のモダン・クラシック・カヴァーで構成される全11曲。全編アコースティックで綴られ、それまでのBURTONのエレクトリック・ブルース/ヘヴィ・ロック・スタイルからは離れたロウでネイキッドでナチュラルな一枚に仕上がっています。

450本限定盤。




★ブルース・ロック/ルーツ・ロック・ファン必聴の2018年新作がCDリリース!


●ALAN GERBER  SOMEWHERE IN BETWEEN 輸入CD 2,160円(税込) (ALAN GERBER / AGCD2018)
IRON BUTTERFLYのDANNY WEIS、BUFFALO SPRINGFIELD他のDOUG HASTINGS、ELECTRIC FLAGのMICHAEL FONFARAらとともにELEKTRA RECORDS立ち上げ時のスーパー・ブルース・ロック・グループRHINOCEROSに所属、ピアノ、アコギ、エレキ、スライド、フィドル、ボタン・アコーディオンにヴォーカルとマルチ・インストルメンタリストとして活動し、BOB DYLANからBB KING、VAN MORRISON、JANIS JOPLIN、JOHN LEE HOOKERにSONNY TERRY & BROWNIE MCGHEEらとの仕事はもちろんのこと、ソロとしても「ブラックホークの選んだ99枚のレコード」にも選ばれた71年LAスワンプ名盤『ALBUM』をLEON RUSSELLのSHELTER RECORDSに残したシンガー・ソングライターALAN GERBER。

ファンキー・シャウター"FOUR RIDERS"、ファストなブルース・キラー"CATFISH IN THE HOLE"、踊るような"VILLAGE OF THE DAMNED"、シルキー・スロウ・チューン"SILK STOCKINGS"、南国情緒溢れる"HAPPY NOW"などなどなど、自身の出自であるスワンプ/ブルー・アイド・ソウルを軸に、DR. JOHNやTAJ MAHAL、TOM WAITSにLEONARD COHENなどからの影響を OTIS SPANN風のシカゴ・スタイルの跳ねるブルース・ピアノにRY COODER/DUANE ALLEMANライクなボトル・ネック・ストラト・ギターとパワフルで華やかな女声コーラス、そしてもちろん数々のキャリアを経て野太く仕上がったALAN自身の至高の男気ヴォーカルで仕上げたヴィンテージでテイストフルな完成度の高い一枚です。




★ベテラン・ブルース/ソウル・ミュージシャン ROY ROBERTSの2016年作が入荷!

●ROY ROBERTS // BACK IN LOVE 輸入CD-R  2,700円(税込) (ROCK HOUSE / ROY ROBERTS)

CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。

商品レビュー

ベテラン・ブルース/ソウル・ミュージシャン ROY ROBERTSの2016年作が入荷! 恐らく現在のところ最新作と思われます。

ベテランならではの渋みを携えたディープなブルースナンバーから、チタリン好きも納得のソウルナンバーまで充実した一枚です。




★RITA COOLIDGEの2018年新作がCDリリース!

●RITA COOLIDGE / SAFE IN THE ARMS OF TIME 輸入CD  1,944円(税込) (BLUE ELAN RECORDS / BLER1074.2)
DELANEY & BONNIE & FRIENDS、JOE COCKERのMAD DOGS & ENGLISHMENへの参加を経てソロ・デビュー、かつてLEON RUSSELLをして「デルタ・レディ」と謳われ、当時の夫KRIS KRISTOFFERSONとの蜜月などを交えながら、スワンプ・ロックからAORまでヴァラエティ豊かにシーンを彩ってきたRITA COOLIDGE。

待望の18枚目となるソロ・アルバム。未だクレジットされていないものの「DEREK & THE DOMINOESのロック・クラシック中のクラシック"LAYLA"のピアノ・コーダを書いたそのソング・ライティング・センスが戻ってきた」と評価される本作は、3曲で現代アメリカを代表するブルース・マンKEB' MO'やシンガー・ソングライターJILL COLUCCIと共作。本人も「私の初期のレコードと同じようなアルバムを作りたいっていうアイデアだったの。私自身のルーツに回帰したまさしくルーツ・レコードを作ろうってね」と語る自信作です。ギタリストDAVE GRISSOM、ベーシストBOB GLAUB、キーボーディストJOHN 'J.T.' THOMAS、ドラマーBRIAN MACLEODと現代カントリー・ロック/ブルース/ハード/ロックンロールのトップ・ミュージシャンを揃え、録音はLITAの記念すべきデビュー作と同じLAのSUNSET SOUNDスタジオという気合の入れ様。RITA自身がファンを公言するKEB' MO'とのデュエット"WALKING ON WATER"、70年代からの盟友GRAHAM NASHと名ドラマーRUSS KUNKELを迎え、アルバム着想以前からRITAを想定して書かれたという"DOING FINE WITHOUT YOU"などなどテネシー州ナッシュヴィルからLAの空気もたぶんに含んだ全12曲。




★ジャーマン・インダストリアル・レジェンド、ノン・トクシーク・ロストの晩年作!!

●NON TOXIQUE LOST  / ENZ ROUGE【ジャーマン・インダストリアル・レジェンド】 輸入CD CD(4)2,160円(税込) (KLANGGALERIE / GG260)
P16D4と共に初期SELEKTIONを支え、1980年代のベルリン・インダストリアル・シーンにおいて最重要バンドの一つながら正当に評価されてこなかったバンド。昨年惜しくも亡くなった中心人物STEFFEN SCHÜTZEの晩年に残した作品を纏めたアルバム。ゴシック且つジャンクなエレクトロ・パンク"1 SEK"、ノイジーなトライバル・エレクトロ"WAHR SIND DIE ERINNERUNGEN"などを収録。



★JUTHRO TULLの英Chrysalisから発表された'78年作の新規Remix/Remaster盤がCD+DVD拡大盤に続き単体CDとして'18年再発!

●JETHRO TULL / HEAVY HORSES: STEVEN WILSON MIX - 2018 NEW STEREO MIX 輸入CD 1,836円(税込) (CHRYSALIS / 9029575790)
英国の香りと伝統を内包した職人的名バンド、英Chrysalisから発表された'78年作の新規Remix/Remaster盤がCD+DVD拡大盤に続き単体CDとして'18年再発!
Albumタイトルでもある表題曲に象徴される、前作のFolk/Trad路線を踏まえつつ持ち味のBlues Rockをベースとして骨太でダイナミズム/力強さを戻した1作。地味な中にもこのバンドの持つ旨みが満載された、前作と並ぶ70年代後期の代表作の1つです!!
マスターは前記拡大盤Disc1と同じSteven Wilsonによる'18年New Stereo mix/Remaster音源を使用。ボーナス・トラックとしてに'77年作『SONGS FROM THE WOOD』及び本作の各'03年盤CDにボーナス収録された'78年Album未収Single曲'Beltane'/Oauttake' 'Living in These Hard Times'と前記拡大盤が初登場であった未発表曲'Living In These Hard Times(Version Two)' 'Everything In Our Lives' 'Jack A Lynn(Early version)' 'Quatrain(Studio version)' 'Horse-Hoeing Husbandry' 'Botanic Man' 'Living In These Hard Times(Version One)' 'Botanic Man Theme'を収録。('03年盤CDに収録された'Broadford Bazaar'は未収)
【ボーナス9曲収録/2018New Stereo Mix/2018Remaster】




★A PERFECT CIRCLEが約14年という長い沈黙を破り再始動した彼らの通算4作目のスタジオ・アルバム『EAT THE ELEPANT』リリース!

●A PERFECT CIRCLE / EAT THE ELEPHANT 輸入CD 1,620円(税込) (ADA / 5053837425)
TOOLのメイナード・キーナンとギタリスト/作曲家のビリー・ハワーデルを中心に結成されたA PERFECT CIRCLE。約14年という長い沈黙を破り再始動した彼らの通算4作目のスタジオ・アルバム『EAT THE ELEPANT』リリース! 元SMASHING PUMPKINSのジェイムス・イハが2004年に加入後の現ラインアップによる初めてのアルバム!

社会的不平等、混乱、自己中心的考え、様々な問題や懸念が渦巻く現代社会――その中で今、彼らは何を語り、問いかけるのか。その答えはこの中にある。
12曲が収録された本作をバンドと共にプロデュースしたのは、スレイヤーやオアシスなどとの仕事で知られるデイヴ・サーディ。ミックスも彼が手掛けている。
アルバムの資料によると、ア・パーフェクト・サークルが長い沈黙に入っていた間、何と!中心メンバーの1人であるビリー・ハワーデルは所謂”コールドスリープ”に入っていたそう。アリゾナのウィッケンバーグにあるデイリークイーンで行われたビリーの“目覚めの儀式”に立ち会ったメイナードによれば、彼が眠っていた間に「プリンス、デヴィッド・ボウイ、そしてエイミー・ワインハウスが亡くなり、でも一方で「クリードやスリー・ドアーズ・ダウンといったバンドがまだ元気でやっていることを知ったら、彼が回復しないじゃないかって思った」という。「彼はTV番組“The Surreal Life”や”The Apprentice""も大好きだったんだけど、今何が起こっているのか(The Apprenticeに出演していたドナルド・トランプは、今やアメリカの大統領となっている)、とてもじゃないけど彼に伝える勇気はないね」
アルバム資料曰く約14年もの間、世間から切り離されていたらしいビリーだが、そんな彼でも本作『EAT THE ELEPHANT』は、ア・パーフェクト・サークルにとっての最高傑作になると語っている。「音楽専門誌や新聞の大物ロック評論家たちが、このアルバムを気に入ってくれるといいと思っている。SPINやBLENDERといった雑誌に取り上げてもらえることもグレイトだが、現実を見ようぜ――ティーンにとって、有力紙のおっさんたちのコメントほど影響力のあるものはないんだよ。それが実現すれば、CDがタワーやSam Goodyといった店で飛ぶように売れるんだ!」さらにビリーは、MySpaceでのプロモーションも重要だと語っている。彼の音楽メディアに対する認識はどうやら、14年前で止まっているままのようだが、メイナードはまだ、2018年の現在ではこれらの音楽媒体やCDショップは既になくなっているか、もしくは弱体化しているという事実をビリーに伝えることが出来ていないという。「段階を踏んで少しずつやらないと、彼がパンクしてしまうからね」
14年間というブランクを経て帰ってきたア・パーフェクト・サークル。しかし彼らは、決して現代的感覚を忘れている訳ではない。アルバム・タイトルの『EAT THE ELEPHANT』からも想像できるように(ちなみに共和党のシンボルは象である)、アルバム中には、論争の火種になりかねないような政治的見解が反映された曲もあるとメイナードも認めている。アルバムからは、ピアノの響きが美しい「Disillusions」、聴くものを静かなカタルシスへと誘う「Talk Talk」、そしてリード・トラックとなる、静かな導入部分から力強く畳み掛けてくる「The Doomed」の3曲が公開中。これまでの作品に比べ、繊細でメランコリックというか、ムーディなサウンドの本作だが、これには、メイナードが最近ローリング・ストーンとのインタビューで語った「耳を傾けるべきなのは、自分の内側の声だけだ」という心境が表れているのかも知れない。



★THE FLAMING LIPSの1986年デビュー・アルバム発売前に発表していた貴重な初期音源をコンパイルした作品がここに登場!

●FLAMING LIPS  / SCRATCHING THE DOOR: THE FIRST RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS 輸入CD 1,512円(税込) (WARNER BROS / 349786030)
多幸感に満ちたカタルシスを呼び起こすパフォーマンスとジャンルを飛び越えた実験的かつ前衛的なアプローチで常に革新的なサウンドを生み出し続ける、現代のカルト・アイコン、THE FLAMING LIPS。1986年のデビュー・アルバム発売前に発表していた貴重な初期音源をコンパイルした作品がここに登場!

1983年、ウェイン・コインを中心に米オクラホマで結成、1986年にアルバム『HERE IT IS』でデビューを果たして以降、ロックからオルタナティヴ、サイケデリックからスペース・ポップまで、ジャンルを超越した世界観を音で表現し続ける、現代のカルト・アイコン、ザ・フレーミング・リップス。1990年までにRestless Recordsから4枚の作品を発表し、その後1992年にWarner Bros. Recordsと契約、99年の『THE SOFT BULLETIN』で世界的に大きな評価を受け、02年の『YOSHIMI BATTLES THE PINK ROBOTS』ではリップス史上最高の売上を記録、グラミー賞を受賞するなど、ファンのみならずメディアやミュージック・ビジネスからも熱い支持を集める、唯一無二の存在感を持つバンドだ。
アルバムを発表する毎に常に革新性に満ちたサウンドを追求し、ロックからオルタナティヴ、サイケデリックからスペース・ポップまで、実験的かつ前衛的なアプローチでジャンルを超越した世界観を構築し続ける彼ら。そのサウンドはもちろんのこと、多幸感に満ちた一大エンターテインメントとも言うべき素晴らしいライヴ・パフォーマンスとも相まって、世界中にリップス中毒者を増殖し続けている、まさに「奇才」とも言うべき存在だ。
今回、このオクラホマが生んだ奇人が歩んできた道のりを祝すべく、大胆なリイシュー・プロジェクトが発足する事となった!
その第一弾として発表されるのが、この『SCRATCHING THE DOOR: THE FIRST RECORDINGS OF THE FLAMING LIPS』だ。そのアルバム・タイトルが指し示す通り、この作品には、デビュー・アルバム発表前に彼らがリリースしていた、デモ・カセットや自ら立ち上げたレーベルから発表したデビューEPなどに収録されていた貴重な彼らの初期楽曲が、最新リマスターを施されて収録されている。オリジナル・マスターからのリマスター作業を担当したのは、バンドとは長い付き合いとなるプロデューサー、David Fridmannと、バンドの中心的存在でもあるウェイン・コイン、そしてマイケル・アイヴァンスの3人。
1983年に産声を上げた彼らは、まずデモ楽曲をカセット・テープに収録する。2本のデモ・カセットを発表した彼らは、その後1984年に自ら立ち上げたレーベルから自主制作という形でデビューEP『THE FLAMING LIPS』を発表する。今回発売となるこの作品には、デビュー・アルバム発表前に彼らがリリースした貴重な楽曲が最新リマスター音源が施されて収録されている。特筆すべきは、ウェイン・コインの弟でもあるマーク・コインがヴォーカルを担当するバンドのオリジナル・ラインナップによる音源が収録されている点だ。
他にも、THE WHOの「Anyway, Anyhow, Anywhere」やLED ZEPPELINの「Communication Breakdown」のカヴァー、1960年代のTVシリーズ「バットマン」のテーマ・ソングのカヴァーなど、非常に興味深い楽曲が多数収録されている(ちなみに「バットマン」のテーマは、Rykodiscが2002年にリリースしたコンピレーション『FINALLY THE PUNK ROCKERS ARE TAKING ACID』にも収録されている)。
5月には、リイシュー・プロジェクト第二弾として、彼らがWarner Bros. Records契約前にRestless Recordsよりリリースしていたアルバムや未発表曲などをまとめたボックス・セットの発売も既に決定している!




★実力派ブルース・ベス・ハート。2017年3月にNYで行われた彼女のスペシャルなライヴの模様をCDとDVDに収録したライヴ作品が到着!

●BETH HART / FRONT AND CENTER (LIVE FROM NEW YORK) (CD+DVD)  輸入CD+DVD 2,268円(税込) (ADA / 1987301683)
究極の女性ブルース・ロック・シンガーが、魂を絞り出すかのような力強くエモーショナルな歌声を世界に鳴り響かせる...。ジョー・ボナマッサやジェフ・ベックとの共演でも知られる本格派シンガー・ソングライター、ベス・ハート。2017年3月にNYで行われた彼女のスペシャルなライヴの模様をCDとDVDに収録したライヴ作品が到着!

■CD+DVD

90年代前半からブルース・シンガーとしてのキャリアを積み、1993年に『IMMORTAL』でデビュー、99年発表の作品『SCREAMING FOR MY SUPPER』からの楽曲「LA Song (Out Of This Town)」が大きなヒットとなり、その後もコンスタントに作品を発表する、ロサンゼルス出身の本格派ブルース/ロック・シンガー・ソングライター、ベス・ハート。ジャニス・ジョプリンとも比較される程の、その力強い歌声と魂を絞り出すかのようなエモーショナルな表現力は高く評価され、2014年にはグラミー賞「Best Contemporary Bluse Female Artist」部門にノミネートを果たし、ジェフ・ベックやジョー・ボナマッサとも共演するなど、確固たる存在感を放つ究極のロック・シンガーだ。
今年もジョー・ボナマッサとの共演によるカヴァー・アルバム『BLACK COFFEE』を発売したばかりの彼女から、最新ライヴ・アルバムが届けられた。今回登場するのは、2017年3月7日、米人気音楽番組「FRONT AND CENTER」収録のために開催された、NYのIridium Jazz Clubにて行われた特別なライヴ・パフォーマンスをCDとDVDに収録した作品であり、彼女にとってライヴ・アルバムとしては実に13年振りとなる作品だ。
2016年10月にアルバム『FIRE ON THE FLOOR』を発表した後のライヴということもあり、「Jazz Man」「Let's Get Together」「Fat Man」といった同作からの楽曲を多くフィーチャーしている他、美しい弾き語りヴァージョンで披露される「Leave The Light On」など彼女の圧倒的歌声をじっくりと堪能できるパフォーマンスが全15曲収録されている。
DVDには、「FRONT AND CENTER」で実際に放映された全10曲に加え、ボーナス映像としてフル・バンドによるパフォーマンス3曲、アコースティック・セットによるパフォーマンス3曲、そしてベス・ハートのインタビュー映像が追加収録されている(音声はPCMステレオと5.1chミックスを収録)。




★UKサンダーランド出身のイアン・ブラックのソロ・プロジェクト、 SLUGが2018年最新作をリリース!!

●SLUG / HIGGLEDYPIGGLEDY 輸入CD 1,728円(税込) (MEMPHIS INDUSTRIES / MI0494CD)
UKサンダーランド出身のイアン・ブラックのソロ・プロジェクト、 SLUG。そのファンクをベースにしたアート・ポップが大きな話題となった前作から3年、2ndアルバム『HIGGLEDYPIGGLEDY』をリリース!

2015年にデビュー・アルバム『Ripe』をリリース。『Ripe』はField Musicの二人、David BrewisとPeter Brewisによってプロデュース/レコーディングされた作品で、『Enter The Dragon』『Suspiria』といったサウンドトラックや20世紀の抽象的でミニマルな音楽だけでなく、Led Zeppelin、Prince、Funkadelicといったロックやファンクからもインスピレーションを受けたアルバムだ。結果、「グルーヴを持ったアート・ポップをベースにしたファンクを作り上げた」(UNCUT)、「Led Zeppelinのリフと、ファンク、そして『Odelay』期のBeckの結合」(The Times)、とメディアから高い評価を獲得した。当『HiggledyPiggledy』は3年ぶりとなる自身2枚目のアルバムで、2018年4月にMemphisIndustriesよりリリースされる。Field Musicの二人とのコラボレーションの結果生まれた前作とは違い、『HiggledyPiggledy』はIan Black自身により作曲され、プロデュースも演奏もおこなわれた作品だ。The Residents、John Carpenter、Don Cherryのサウンド・トラック(特に『Holy Mountain』)、佐藤允彦(特に『Belladonna) 』)、そしてダダのアート・ムーヴメントの影響下に作られたこのアルバムは、リズムやパーカッションにフォーカスし、前作よりもよりミニマルな内容となった。アルバムからのファースト・シングルは「No Heavy Petting」で、その他、「Lackadaisical Love」「Dolly Dimple」「Arbitrary Lessons In Custom」といった楽曲がアルバムのハイライトとなる。





★ノラのガールズユニット、Puss N` Bootsのメンバーでもあるサーシャ・ドブソンの2013年作品がリリース!!!

●SASHA DOBSON / SASHA DOBSON  輸入CD 2,376円(税込) (CREEK VALLEY RECORDS / CV906)
※ペーパースリーヴ
父はジャズ・ピアニストのスミス・ダブソンであり、母は歌手、兄はドラマー&ヴィブラフォン奏者という音楽一家に生まれ、ノラのガールズユニット、Puss N` Bootsのメンバーでもあるサーシャ・ドブソンの2013年作品がリリース!!!





★キュートでエッジーな歌姫、KIMBRA。SKRILLEXがプロデュースで参加したヒット・ナンバー「TOP OF THE WORLD]をフィーチャーした3rdアルバム『PRIMAL HEART』をリリース!

●KIMBRA / PRIMAL HEART  輸入CD  1,620円(税込) (WARNER / 9362490964)
ポップかつ尖った音楽センスとハイファッションなスタイリングで注目を集める、キュートでエッジーな歌姫、KIMBRA。SKRILLEXがプロデュースで参加したヒット・ナンバー「TOP OF THE WORLD]をフィーチャーした3rdアルバム『PRIMAL HEART』をリリース!

グラミー賞も受賞した世界的な大ヒット曲、ゴティエ「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ  feat. キンブラ)」にフィーチャーされ一躍注目を浴びた彼女が、約3年振りとなる3rdアルバムを引っ提げシーンの最前線へ戻ってきた! 
現在公開中の最新シングル「Top Of The World」の共同プロデューサーとして名を連ねるのは、あのスクリレックス!ベースの効いたビートとグルーヴが全編に流れるこのダイナミックでアンセムは、キンブラのまた新たな一面を明らかにした作品とも言えそうだ。黒いドレスに身を包んだ彼女が踊りまくっているミュージック・ビデオも公開されるやいなや、YouTubeの急上昇ランキングの18位に入り、3週間で51万回以上の再生数を記録するなど注目を集めている。またサッカー・ビデオ・ゲーム「FIFA18」でもフィーチャーされているという。ちなみに彼女がスキルレックスと出会ったのはある年のコーチェラでのことだったそう。そこで意気投合した二人は、やがてミゲルやサンダーキャットなど友人たちと彼の家で遊ぶようになり、気づけばみんなでジャムっていたらしい。そうして二人は、お互いにMeshuggahの大ファンであることを知り、音楽的な共通点を見つけたのだと、キンブラは語る。 
また、「Top Of The World」に先駆けてリリースされた、ソウルフルなシンセ・ポップ・ナンバー「Everybody Knows」も、Spotifyで100万回状のストリーミング数を記録するヒットとなっている。キンブラ曰く、これは「ある種の真実に目覚めることについての曲」だという。「真正面から何かと向き合い、それをあるがままに受け止めるのは大変なこと。でも、それを成し遂げた時、真の自由を手にできるのよ」 
待望の新作『PRIMAL HEART』は、ツアーで目まぐるしく飛び回り、住む場所も点々とし、”家”と呼べる場所に落ち着く暇もなかった彼女が、ツアーを終え、14日間のロード・トリップをしながらロサンゼルスからニューヨークへ引っ越した所から始まった。その度の間に彼女は様々なものを吸収し、次に何をしたいのか、またアーティストとして、そして一人の女声としてどうなっていくのかを探していたという。そこで彼女は、ラナ・デル・レイやSt.ヴィンセントなどを手掛けたプロデューサー、ジョン・コングルトンと組み、共にアルバムをプロデュースすることにした。そうやって完成した本作は、キンブラのシンガーとしての自信がより大きく感じられる作品となった。その飛躍は、即興的な音楽をパフォーマンスしたり、”ソングライティングやヴォーカルの表現における過激なまでの大胆さ”によってもたらされたものである。しかもアルバムの制作と同時進行で、彼女はニューヨークのスタジオを一から創り上げ、自分の内なる“オタク”を受け入れたのだった。 
そうして完成したアルバムについて、彼女はこう語る。
「未だかつてないほど、生々しく、ハングリーなアルバムにしたかった。でもそれを成し遂げるためには、自分自身の脆い面に向き合い、掘り下げる必要があるのも分かっていた。ヴェールの向こうにあるもの全てを目にすることはできないけど、今までよりも見えるものが増えたと思う」
音の余計なレイヤーをそぎ落とし、裸の感情と心をむき出しにしたキンブラの最新作『PRIMAL HEART』。聴くものは皆きっと、彼女の危うさをはらんだ声を通じて、リアルなフィーリングをどの曲からも感じ取ることが出来るだろう。





★4ADのジェネラル・マネージャー兼DAUGHTERのバンド・マネージャーが自信を持って世に放つニューカマー・トリオ、WILSENのデビュー・アルバム!

ウィルセン / アイ・ゴー・ミッシング・イン・マイ・スリープ  国内CD) 2,138円(税込) (DIFFUSE ECHO / DE-152)
■解説:黒田隆憲 (SHOEGAZER DISC GUIDE)

本作はフル・レングスとしてのデビュー・アルバムで、プロデュースはADELE、MARK RONSON、ALBERT HAMMOND JR.らとの仕事で知られるBEN BAPTIEを起用。
ドラマティックに流れる優美なメロディ、儚いウィスパー・ヴォイス、ピアノやストリングスによるエレガントな演出、ポスト・ロック~エクスペリメンタルの手法を用いた美しいコントラスト……まさに<ドリーム・フォーク>とでも呼びたくなる傑作!
これまでにDAUGHTERやMATTHEW E. WHITEらと共演し、今後はLONDON GRAMMARとのツアーも控える<ブレイク必至の要注目バンド>です!
彼らは、中心人物である女性カナダ人のTamsin Wilsonが、ボストンのバークリー音楽大学で知り合ったDrew ArndtとJohnny Simonらと結成。大学卒業後に活動の拠点をブルックリンへと移し、2013年以降に自主レーベルから2枚のEP作品を発表。
ヴォーカルのTamsinはHONNEの人気曲「Coastal Love」へ参加したり、SBTRKTの楽曲に彼女のヴォーカル・ラインが使用されたりと“MUSICIAN'S MUSICIAN”な立ち位置を確立しつつあります。





★リイシューレーベル、LIGHT IN THE ATTICのキャップが登場!

●LIGHT IN THE ATTIC / EBBETS SONICS LOGO FLIP BALLCAP 輸入GOODS 7,884円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / )
リー・ヘイゼルウッド、リジー・メルシエ・デクルー、シャッグスなどなど次々と名盤を蘇らせるリイシューレーベル、LIGHT IN THE ATTICからSO COOL!!なキャップが入荷しました。ディティールもこだわって作られているので、きっと長く使いこめます!

REPRODUCTION OF A VINTAGE BALLCAP
KELLY GREEN WOOL CROWN AND 3" SOFT VISOR
BROWN LEATHER ADJUSTER STRAP WITH ANTIQUED NICKEL CLASP, SATIN TAPING, AND COTTON SWEATBAND
ALL EBBETS FIELD FLANNELS AUTHENTIC BALLCAPS ARE MADE IN THE USA

REP OUR BELOVED SONICS-THEMED LOGO FLIP ON THIS VINTAGE INSPIRED BALLCAP FROM THE ALWAYS AUTHENTIC, ALWAYS USA-MADE EBBETS FIELD FLANNELS. SECURED BY A BROWN LEATHER ADJUSTER STRAP WITH ANTIQUED NICKEL CLASP, SATIN TAPING, AND COTTON SWEATBAND. THIS HAT SPORTS OUR INITIALS LOVINGLY EMBROIDERED ON THE BACK. WE’RE DUNKING ON THIS MERCH GAME!








ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3295-1461 / e-mail : do1@diskunion.co.jp
[11976]  [11947]  [11972]  [11971]  [11970]  [11968]  [11965]  [11967]  [11966]  [11953]  [11957
高価買取リスト
                 
買取のご案内
 
まずはお電話を! 
 
フリーダイヤル: 
0120-146-560  
 
※携帯電話からは 
03-3295-1461 
 
1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録 
ce4ade5c.jpeg 
2.【買取申込書】をプリントアウト
4605621e.jpeg 
3.必要事項を記入
56f62729.jpeg 
4.お売りいただく商品を同梱
c79cb3ef.jpeg 
5.発送 
8a8476d2.jpeg  ・必ずご自宅からご発送ください。 
・必ず当社手配の宅配買取集荷サービスをご利用ください。 
※店頭でのお支払いご希望の場合はコンビニなどからの発送もOKです 
 
6.店舗に届いたら1点1点査定 
9be8470e.jpeg 
7.お支払いは現金か振込みで
d8b3d9fe.jpeg 
 
皆様のお持込お待ちしております♪ 
 
TOPIC